『子どものための離婚工作』

夫婦の離婚に一番ネックになるのが、子どものことです。
親が離婚することで子どもの心を大きく傷つけるのではないか、ということが大きな心配ごとになりますし、親権は父親か母親のどちらにすれば子どもにとって幸せなのか、と悩みます。子どもがいる夫婦の離婚は、二人だけの問題ではなくなります。
別れさせ屋にも、子どもがいる夫婦の離婚問題が持ち込まれることがあります。

■親権争い

父親も母親も、子どもと離れるのはとてもつらいので、親権を譲ろうとしない場合も少なくありません。子どもの親権を巡って話し合いで解決できない時は、裁判に持ち込まれます。ほとんどのケースで母親が親権者と認められますが、母親の病気や経済力などを理由に、父親に親権がわたる場合もあります。
裁判所に持ち込まれると離婚するのに時間がかかってしまいますし、父親にしろ母親にしろ、どうしても自分が親権者になりたい場合もあります。
そのような時には別れさせ屋、親権争いを解消した上でスムーズに離婚できるように依頼する方法もあります。

■子どものために離婚を考える

子どものためには両親ともに揃っている方が良いに決まっていますが、父親から母親へのDV、子どもへの虐待、育児放棄など、両親といることで子どもが精神的に傷つく場合は、どちらかが離婚を考えるのはやむを得ません。子どものために離婚した方が良い場合もあります。
社会通念上の家族のあり方を考えれば、子どものいる夫婦の別れさせ工作の依頼を、別れさせ屋が引き受けることはあまりありません。でも、DVや虐待などで子どものために離婚するという正当な理由が納得できれば、別れさせ屋は引き受けてくれます。

■子どもがいる夫婦の別れさせ工作とは
親権を取りたい親からの依頼なので、相手が親権を放棄するように仕向ける工作を行います。それには親であることから一人の男性、あるいは女性に戻って子どものことを忘れるようにすることです。異性を近づけて恋人になり、恋愛に熱中させ親であることを忘れさせ、子どもへの執着心をなくします。そうすると自ずから親権を放棄して離婚に応じます。
このようにして離婚できた場合でも、親権者となった親は、子どもの心の大きな傷を手厚くケアする必要があります。子どもには充分な愛情を注いであげましょう。

『子供のためにも別れさせ屋を利用して自然に家族関係を修復しよう』

将来を誓い合った上で結婚したはずなのに何年も一緒に暮らすうちにマンネリ化し、挙句にパートナーが浮気をしていると気付いていても、離婚を選択しない方も多いです。それはひとえに、お子さんのことを考えてのことです。子供にとっては両親が仲良く一緒に暮らしていた方が好ましいだろうと考え、自身の悲しみやショックはぐっと堪えていらっしゃるのですね。
ただ、浮気を放置していては、パートナーの気持ちがそちらに完全に移ってしまい、浮気から本命の相手となってしまう可能性も否定できません。子供のためを思えばこそ、別れさせ屋を利用して自然に家族関係を修復していきましょう。

■浮気相手と別れさせ、家族やパートナーの大切さを思い出させる

浮気をやめさせ、パートナーの気持ちをもう一度自分や家族に向けるためには、別れさせ屋へ依頼するのがおすすめです。このようなケースにおいて別れさせ屋はとても便利で頼れる味方なのです。
このまま離婚して浮気相手と再婚しようといった具体的な計画はないとしても、わざわざリスクを冒して浮気するくらいですから気持ちがそちらへ向いているのは明らかです。そうなれば自然と家族関係にも影響が出てきますし、子供との関係もぎくしゃくしてしまうかもしれません。
そうなる前に浮気相手と別れさせてしまえば、パートナーももう一度家族の大切さを思い出すはずです。別れさせ工作ではあらゆる方向性からのアプローチでカップルが破局するよう仕向けていきますが、その中でも家族を大事にするべきであることを再確認させつつ、浮気相手とは自然に別れるよう誘導していくことも可能です。

■その後も自然な関係を保てるのも大きなメリット

自分自身の力でパートナーの浮気問題を解決しようとすると、どうしても正面から話し合うことになってしまいます。そうなると、パートナーが過ちを認めて浮気をやめたとしても、それまでとすっかり同じ夫婦・家族関係であることは難しいですよね。
別れさせ屋はごく自然な成り行きであるかのように別れへと誘導していきますので、このように家族関係に何らかの変化が生じることがありません。時には直接指摘するよりも間接的に働きかけた方が良い効果が得られることもあるのですね。

『離れて暮らす子供の心配も別れさせ屋が解決』

進学や就職でお子さんが親元を離れて暮らし始めると、色々な面で上手くやっているかどうか心配になることがあるものです。
そんな子供に対する親の心配にも別れさせ屋は柔軟に対応して解決してくれるようです。どんな対応が可能なのか探ってみることにしましょう。

■お子さんの現況調査

親御さんから依頼を受けた業者は、まずは、お子さんの現況を専門の調査員が調査して依頼者に報告を行ないます。
調査の結果、現状では、お子さんが特に何の心配や問題もなく過ごしている場合は、定期的に現況調査を依頼することで安心を得ることも可能です。
ただ、こうした専門の調査員による調査は、ご自分のお子さんの素行調査を行なうことにもなりますので、これまで築いて来た親子の信頼関係を壊してしまうようで、何となく抵抗がある方もいるかも知れません。もし、そうした点についてお子さんを危険やリスクから守る方法のひとつとして割り切ることが出来なければ、お勧め出来る方法とは言えないかも知れません。

■調査に基づいた対応

お子さんの現況調査を行なった結果、何らかのトラブルに巻き込まれてしまいそうな状況であったり、早急な対応を行なったりした方が良い場合もあります。
その場合は、業者に適切な対応を依頼することも可能です。例えば、将来的にトラブルに巻き込まれてしまう可能性が高い人と付き合いが合ったりする場合は、その人との付き合いを止めるための工作を行なったりすることが出来ます。
最初は好奇心で始めたことでも、取り返しのつかない状況になってしまう危険は至るところに潜んでいます。そうしたケースには一刻も早い対応が必要になって来るのではないでしょうか?
場合によっては、親御さんが自ら行動を取った方が良いケースもあると思いますので、臨機応変に対応されることをお勧めします。

子供が離れて暮らすようになると、あれこれ余計な心配をしない親の方が少ないのではないでしょうか?そんな親の心配を「余計な心配」だったと確認するために、別れさせ屋に子供の現況調査を依頼するのも、費用の面等で折り合いがつくのであればひとつの方法として考えても良さそうです。

子供がいる夫婦に別れさせ屋がすること

子はかすがいという言葉があるように、夫婦関係に不安があるばあいでも子供の存在を理由に離婚に踏み切らない夫婦は多いです。しかし子供がいる夫婦が別れさせ屋に離婚の手伝いを依頼するケースも存在しています。

■子供のために離婚する場合も

子供には父親と母親、両方の存在が必要という意見は間違ってはいないでしょう。しかし状況によっては必ずしもそれが正しいこととは言えないのが事実です。悲しいことに最近では子供の虐待にかんする事件は後を絶ちませんし、DVの問題も度々取り上げられています。
子供への暴力は当然のことながら、自分の母親が父親から暴力を受けているのを見るのは子供にとってかなり精神的な負担にもなります。父親と母親が喧嘩ばかりしていては、子供に悪影響を及ぼします。そんな理由から、子供のために離婚することを望む母親、ないしは父親も少なくありません。
本来であれば子供のために婚姻関係を継続させることが社会的にも正当なので、ただ別れたいというだけでは依頼を引き受けてもらうことは難しいでしょう。しかしこのように、別れた方が子供のためにいいという妥当性を認められれば、別れさせ屋は工作に動いてくれます。

■親権問題を解決し別れさせる

子供がいる夫婦の離婚で切っても切り離せないのが親権問題です。お互いが子供の親権を譲らないがゆえに、離婚がスムーズにいかないということはよく起こります。そんなときに別れさせ屋の工作が活用されます。
多くの場合この工作を依頼するのは、親権をとるべき人間ですので、対象者に親権を放棄させるように強い向けます。子供ができると女性から母親という生き物に、同じく男性から父親になります。ということはそれと逆の働きかけをすればいいのです。異性の工作員を近づけ親密にさせることで、自分が男性ないしは女性であることを自覚させます。そして恋愛に夢中にさせることで子供絵への執着を絶つのです。

しかし別れさせ屋ができる仕事は、親権問題を解決し別れさせることまでです。やはり親の離婚というのは子供に大きな影響を与えます。それをケアするのはあくまでも親である自分自身だということはしっかりと意識しておきましょう。

子供のいる依頼者が別れさせ屋に相談するケースとは?

別れさせ屋を使うとさまざまな人間関係を解消させることができます。費用は数十万円~となっていますので、未成年が利用するケースはまずないでしょう。ただし、子供を持つ親が別れさせ屋に相談するケースはあります。子供のいる依頼者が別れさせ屋に相談するケースを見てみましょう。

■恋人や配偶者の浮気・不倫をやめさせる

授かり婚は結婚のきっかけとしてよく知られています。しかし、未婚女性が恋人の子供を妊娠しても結婚に至らないケースもあります。恋人に結婚する気がないと婚姻には至りませんし、相手に別の女性がいたりすると子供の存在を告げても前向きな返答は得られないかもしれません。
その場合、別れさせ屋を派遣して別の女性とターゲットを別れさせ、男性の責任感に訴えるプランが有用です。
子供のいる夫婦にとっても、配偶者の不倫はショッキングなものです。シングルでの子育てにはリスクが伴います。配偶者の出来心であるなら一度関係を清算してもらった上でもう一度やり直したいという方は多いでしょう。
別れさせ屋に依頼すれば不倫の解消のほか、どうしても離婚したい場合は依頼者が親権・財産分与などで優位に立てるように話を進めるサポートができます。

■子供をよくない相手と別れさせる

大切に育てた子供が突然駆け落ちしてしまう事態もあります。そのようなことが起こらないよう、子供をよくない相手と別れさせたいときも別れさせ屋への依頼が有効です。
別れさせ屋では基本的に魅力的な異性の工作員を派遣しもともとの関係を破綻させます。しかし子供に異性を近づけたくない場合は、対象となる人物の隠し事(借金などの悪評)を調査し身内に伝えて別れさせるように仕向ける手法もあります。
第三者からの働きかけによって子供とその恋愛相手がお互いに別れたいと思えば別れ話がこじれることもなく、後腐れなく関係を終わらせることができます。

子供を持つとあらゆる手段を用いて子供を守りたくなる方もいるでしょう。ですが、別れさせ屋に依頼するまでもなくご自身の働きかけで解決するケースもあります。別れさせ屋への相談は無料ですので、まずは相談からはじめてみてもよいでしょう。

別れさせ屋は子供の交際を終わらせることもできる

■子供は親に対して反抗するもの

息子や娘は、親に対して、いくつになっても反抗心が強くなるものです。
親の言うことが理解できたり納得できたりしても、反発したい気持ちの方が先行して態度に出てしまいます。
それはどんなことに関しても反発心が働き、自分の交際相手のことを親に否定された場合も、素直に聞き入れる子供はほとんどいないでしょう。

お互い“好き”という感情が強いと、その相手がどんな人間であっても、熱くなって周りが見えなくなることがあります。
親から見て、子供の将来を絶対に預けたくない悪い人間だとして、別れた方が良いことを子供に伝えたとしても、それで簡単に別れることはまずないでしょう。

■親とは全く関係ない別れさせ屋が効果的

息子や娘の交際をやめさせようとしても、全く聞き入れてくれないけど、「必ず一生が狂ってしまう」「幸せな生活ができるわけがない」と人生が台無しになることがわかっているから、なんとかしたいと思うものです。

息子や娘からすれば、「もう小さい子供じゃないんだし、恋愛にまで口出しされたくない」「大好きな彼氏(彼女)を悪く言われたくない」という気持ちが強く、親の言葉など耳に届かないでしょう。

ただ、親しい友人や心が開ける同僚など、客観的な立場から判断してくれる人物から、「その人はやめた方が良いかも」と言われれば、すんなりと聞き入れることもあります。
でも、そのように冷静に判断してアドバイスをくれる第三者が周りにいないのなら、取り返しのつかないことになる前に、別れさせるプロの別れさせ屋に依頼することをオススメします。

■どうやって2人を別れさせるのか?

別れさせるのに一番良い方法は、恋人から傷つけられたり、裏切られたりして、つらい気持ちを自ら味わうことです。
恋愛感情の“好き”とは、相手に期待を持っている状態なので、その期待が裏切られた場合は、怒りがこみ上げてきて、好きな思いは一気に消えていくものです。

男女の恋愛で結びつけている要素は、「癒し」「信頼」「共感」「お金」「性欲」「刺激」ということでしょう。
別れさせ屋では、その中で、交際相手の落ち度を作り上げ、それらを徐々に断ち切っていく工作を行うのです。

別れさせ屋の工作は、主に、対象者を不仲にさせる要素や、接触する際に有効となるポイントを確認し、工作員が対象者の1人に近づいて、隠し事や侮辱的なことなどを聞き出し、その情報を効果的に用いることで2人の仲を自然と終わりに導くのです。

■重要な情報を慎重に調べて工作を進める

ただし、案件によって登場人物も1人1人の性質も全く異なるので、工作の骨組みはだいたい同じでも、工作にかかる期間や費用なども、かなり大きな差が出てきます。
また、2人を別れさせるのに有効な材料もそれぞれで違いますし、どのタイミングで使用すれば効果的なのかも十分に検討しないといけません

別れさせるのに有効な材料を集めるには、子供の所在地、普段の素行、性格、価値観、恋愛観など、いつもの行動から内面の情報まで、調査と工作で人間関係を構築することによって調べていきます。
そして、重要な情報が集まったら、別れさせるためのプランを何種類か考えて、有効なプランを組み立て実行するのです。

また、相談の段階で情報が多ければスムーズに進みますが、依頼者の親御さんの主観が強かったり、子供の発言が信用できなかったりする場合もあるので、別れさせ屋やその情報の信憑性まで判断して工作を行います。

「別れさせ屋によって別れてしまった親の子供はどうなるのか」

親の離婚というものは、子供にとっては非常に辛いものです。特に物心ついたときから、思春期にかけては、心に傷を負うこともあり、また周囲の目も気になったりで、辛い生活を送るかもしれません。もし、それが別れさせ屋の仕業だったとしたら、別れさせられてしまった両親の子供はどうなるのでしょうか。

<突然離婚するわけではない>
別れさせ屋が介入したからといって、突発的に離婚をするわけではありません。徐々に段階を踏んでから離婚を決意することになります。ある程度、離婚協議をする時間もありますし、お互いが話し合うこともできます。だから、その時にしっかりと子供の親権について話し合う必要があります。別れさせ屋というと、強引に夫婦を別れさせ、なすすべもなく一家がバラバラになってしまう、そんなイメージを持たれるかもしれません。しかし実際は、あくまで自然に離婚へと向かうように工作するだけなので、最終的にはお互い総意での離婚成立となります。

よって、子供の立場としては非常に辛いですが、どちらの親についていくかは、相談の上決める必要があります。基本的には、経済的、生活面で子供を育てられる能力のある方に優先されます。もちろん子供の意思も反映されます。

<子供のケアまではできない>
別れさせ屋の仕事は、ターゲットを別れさせることです。その後に起こりえることまでは責任を取ることはできません。依頼人が幸せになるかどうか、別れてしまった人たちがどういった方向へ進んでいくのか、この行く末は誰もコントロールは不可となります。子供も同様です。仮にターゲットに子供がいたからといって、別れさせ屋はそこまでケアできません。離婚することで、子供がどうなってしまうのか、それは依頼人が責任を持って考える必要があります。

別れさせ屋によって離婚してしまった子供は、とても可哀そうです。元々は離婚する予定はなかったのに、第三者の介入によって別れてしまったのですから、もしそれを知ってしまったら大変ショックを受けるでしょう。そんなことにならないよう、別れさせ屋は守秘義務を守り続ける義務があります。

「別れさせ屋によって別れさせられた子供はどう思うのか」

例えばあなたが、自分の親の依頼で、別れさせ屋によって交際相手と別れさせられてしまったとします。それを知った時に、親に対してどういう感情が湧いてくるでしょうか。おそらくほとんどの人が、良い気持ちはしないでしょう。実際に別れさせ屋を使ったことで、親子関係が悪くなるケースはあるのでしょうか。

<多くは、親からの依頼と気付かない>
別れさせ屋はプロの集団です。誰からの依頼で、別れさせられることになったのかを気付かせないようにしてくれます。そもそも、別れたことが第三者の手によって起こってしまったことだと気付かない人が圧倒的に多いです。全ては自然の流れでそうなってしまったと、諦めてしまうパターンがほとんどのようです。稀に勘のするどい方が、違和感を感じて、別れそのものを怪しむこともあります。ただ、別れさせ屋は、自分たちの仕業だとわかるような証拠は残しません。だから、結局は気付かないまま終わってしまうのです。よって、仮に自分の親からの依頼だとしても、それを気付かない子供がほとんどなので、親子関係にヒビが入ることはないでしょう。もちろん、そのためには、親が一生黙っていること、そして別れさせ屋に依頼したことを周囲に分からないように注意しなければなりません。

<それでもバレてしまったら>
ただ、中には親が別れさせ屋に依頼したことが判明してしまうケースがあります。その時は、やはり親子関係は悪化します。いくら子供のことを思っての行動だとしても、子供からすれば面白くありません。中には絶縁する人もいます。交際相手というのは、時に親よりも大事に思うこともあり、それが第三者の罠で終わりを迎えてしまうと、子供の中に許せない気持ちが生まれてきます。もしこれから親の立場で、別れさせ屋に相談しようと考えている方は、子供との関係が壊れてしまう、そのリスクを理解した上で、依頼しなければなりません。別れさせ屋への依頼は、大抵の場合、ターゲットに気付かれません。しかし、稀にミスをしてしまったり、偶然的に子供に知られてしまうことがあります。そうなってしまったら、間違いなく、子供が親に対して悪い感情を抱いてしまうことは把握しておく必要があります。

「子供を別れさせたいと、別れさせ屋に依頼する人の気持ちとは」

「子供が今付き合っている人と別れさせてほしい」「こんな人と結婚させたくない」。そう思った親御さんが、別れさせ屋に相談にくるケースがあります。特に多いのが母親であり、時に感情的になりながらも、強引に別れさせようと思う人も多いようです。なぜそんな気持ちになってしまうのでしょうか。

<子供が20代前半だと心配>
子供が20代前半、あるいは10代後半の場合、子供に対しての過剰な心配から相談にくる親が多いです。まだ学生だったとしたら、学業の妨げになってしまうと考えたり、働き始めたばかりなら、今は仕事の集中してほしいと願う人もいらっしゃいます。基本的には、心配だから別れさせたい、と思う親御さんがほとんどです。成人している、あるいはすでに親の手を離れているとはいえ、親にとってはまだ子供です。自分が何とかしないと悪い方向に進んでしまうのではと心配になり、親の務めを果たそうとしているのです。まだ若い年代だと、親の言うことに反発してしまいがちで、言っても聞いてくれません。だから、多少強引な手法を使ってでも、別れさせようとする方がいるのも不思議ではありません。

<子供が30代前後の場合は>
中には、子供が30代前後にも関わらず、別れさせ屋に相談にくる親もいらっしゃいます。それぐらいの年代になれば、親が介入すべきではない、そう思われる方もいるでしょう。ただ、この年齢になると、結婚が絡んできます。今後家族となることになるため、より慎重に相手を見極めなければなりません。「こんな人と結婚したら子供は不幸になってしまう」「うちの家族とは合わない」。そう感じた親が、結婚を決めてしまう前に別れさせようと画策するのです。結婚をすると、その後は家族ぐるみでの付き合いが始まります。だから、親の立場から、より厳しい目で交際相手を見てしまうのです。自分の子供の別れを願い別れさせ屋に依頼する親。傍から見ると不思議な光景ではありますが、どれも子供のことを思っての行動です。もし親にそんなことをしてほしくないと思うのであれば、交際相手も含めて、こまめにコミュニケーションを取るようにしましょう。

「相手の調査も踏まえて子供と相手を別れさせる別れさせ屋に依頼」

子供がずっと付き合っている、もしくは同棲している人がいると知ったなら親としてはできれば早めに子供の相手について知りたいと思うはずです。しかし、子供に会った時に何か様子がおかしいと思うことがあるかもしれません。例えば体に顔にアザがあったり、子供が同棲相手のことをあまり話したがらなかったりすると親としては心配になるでしょう。

・子供と付き合っている人を調べる
子供は好きという感情があるため、同棲相手の人に対して悪い印象を親に与えないため何も話さないかもしれません。しかし、親は子供のことをよく理解しているため、たとえ隠していたとしても問題があることはわかってしまいます。そこで、子供の付き合っている人がどんな人かを知るため別れさせ屋を兼任している探偵に依頼してみることが出来ます。探偵業は子供がどれだけ秘密にしていたとしても、バレることなく相手について調べてくれます。どのくらいの付き合いがあるのか、同棲しているのであればどのような生活を送っているのか、仕事は何をしているのか、暴力などの問題はないのかどうかなども詳しく教えてくれます。

・悪い結果の場合別れさせる
探偵を雇っても恋人の恋人が実際にはそんなに問題のないということがわかるかもしれません。恋人とは何かしらいさかいがあったり、問題があるものなので、親が恋人のことを聞いた時にたまたまそういうことがあってはっきり言わなかっただけかもしれません。しかし、もしも結果的に借金があったり、無職だったり、子供に暴力を定期的に振っていたりなどの相手には全くふさわしくないと思うのであれば、別れさせ屋に頼むことが良いでしょう。そのために別れさせ屋兼業の探偵のほうが情報もすでに持っているので、工作を考えたり実行するうえでスムーズに進んでいくことができます。別れさせるために子供にも相手にもばれないように接触してくれ、自然な仕方で別れに発展するようにサポートしてくれます。子供の将来を考えて誰かと別れさせるということも、親としての役割の一つといえるかもしれません。