電話で解決!不倫の悩みは恋愛悩み相談サービスを活用

好きな人がいるときは、何かと悩みが尽きないもの。友だちに悩み相談をする人も多いのではないでしょうか。しかし、もしも不倫の恋だったら…?誰にでも話せるわけではないですよね。そんなときには、電話による恋愛相談など、プロのチカラを借りるのがおすすめです。

恋愛ネタは女子トークの鉄板。でも不倫系は微妙…

恋愛中は、つい彼とのことを誰かに話したくなりますよね。不満や不安なども含めて、友だちにあれこれ聞いてもらうことで、一層気持ちが盛り上がるのも、恋愛あるあるです。

しかし、不倫の場合はどうでしょうか。芸能人の不倫問題が発覚するとバッシングが起こるように、嫌悪感を抱く人はまだまだ多いもの。そのため、身近な人に不倫の悩みを相談するのはリスクがありそうです。全力で反対されたり、軽べつの目で見られたりして、友情にヒビが入ってしまう恐れも。

また、別のリスクとして、思いがけず話がモレることで、回りまわって不倫相手の配偶者が知るところとなるかもしれません。

不倫の恋については、自分の胸に秘めておくか、誰かに悩み相談したいなら、よくよく相手を吟味する必要があります。

直接会わない相手だからこそ、ぶっちゃけられる

不倫の悩みを打ち明けるのにベストな人として、たとえば、下記のような条件が挙げられます。
・「不倫」というだけで頭から否定しない
・ヒミツがモレない
・的確なアドバイスをくれる

このことから、悩み相談の相手としては、私的な感情が入り込む余地のない、第三者が適しているといえそう。たとえば恋愛カウンセラーや占い師のカウンセリングを受ければ、依頼者に寄り添いながら、専門家としての冷静なアドバイスをくれるはずです。

一方、対面だと話しにくい場合は、電話による恋愛相談サービスを利用するのもよい方法。直接顔を合わせないからこそ、自分の本心を飾らずにぶっちゃけることができるので、より的確な助言を受けられますよ。

不倫の恋の場合、悩み相談の相手を間違えると思わぬ不幸を招くことになります。不倫もひとつの恋のカタチととらえつつ、客観的な意見をくれる相手を選ぶようにしましょう。

あなたが恋愛相談に求めているのは、本当にアドバイス…?

恋愛中は、彼の気持ちがわからなくて不安を感じやすいもの。親しい人に何かと相談したくなりますよね。気をつけたいのは、その恋愛相談に何を求めるのかということ。心からのアドバイスなのか、それとも耳に心地よい言葉が欲しいだけなのか。自分の本心をじっくり探ってみる必要がありそうです。

言って欲しい言葉を待つだけになっていませんか?

女性同士の恋愛相談では、とかく本音トークを避けがち。共感性を大切にする女性は、相手が喜びそうな言葉を無意識に選んでしまうのかもしれません。本当のことを言って気まずくなりたくないという気持ちが働くのでしょう。

逆に自分が相談するときにも、知らず知らずのうちに「こう言って欲しい」という言葉を用意していることはないでしょうか。むしろ、「大丈夫だよ」「彼はあなたのことを大切に思ってるよ」そんな励ましや、楽観的な言葉を掛けてもらうために、相談するという場合もあるかもしれません。

本当に悩みを解決したいならキビシイ言葉も覚悟

恋愛に限らず、誰かへの相談事というのは本来、悩みやトラブルの解決を求めてするものです。ときには耳の痛い言葉や、現実を突き付けられることもあるでしょう。キビシイ言葉をともなうアドバイスは、できることならあまり聞きたくないですよね。

しかし、少しでも現状を変えたいと望むなら、現実を見据えたアドバイスこそ受け入れるべき。それができたなら、やさしい友だちに対して心地よい言葉だけを求めていたときには、決して見えなかったものが見えてくるはずです。

忖度なくアドバイスしてくれる相手とは?

恋愛相談に関して、本当に実のあるアドバイスを求めたいなら、忖度が働かない相談相手を選ぶとよいでしょう。なんでも言い合える姉妹や幼なじみなどがいればベストですね。そんな相手がいないなら、心理カウンセラーなどの専門家に相談するのがおすすめ。最近では、サイトからカウンセラーに電話相談できるサービスも充実してきているので、一度利用してみてはどうでしょうか。客観的に状況を分析したうえでの的確なアドバイスを得られますよ。