「子供に気に入った相手と結婚してもらうために別れさせ屋に依頼」

子供の頃からの婚約者とよくテレビやマンガなどで見ますが、実際には婚約者を子供の頃から親が決めるということはそれほど多くないかもしれませんね。しかしながら、親は子供の将来のことを考えて、また家の職業や事情などを考慮に入れて子供にふさわしい相手と結婚して欲しいと願うものです。そういった親の願いを子供も知ってその通りに相手を選んでくれれば良いのですが、実際にはそうもいきません。

・子供が親の予想と違う相手を選んだ時子供にも相手を選ぶ権利はあります。大人になり様々なタイプの異性と出会い、自分のタイプに合った人と交際し、いずれは結婚していいと思うかもしれません。しかし、その人が親に受け入れてもらえるかどうかはわかりません。親にとっては家族になる人なので快く受け入れてあげたいものですが、どうしても自分が結婚して欲しいと思う人と子供が結婚を決めてくれたらという気持ちが消えないかもしれません。

どうしてもどうしても子供の恋人が気に入らなくて、結婚してほしくないと思うのであれば、別れさせ屋に依頼するのも一つの手かもしれません。

・未練がないように別れさせてもらう別れさせ屋は子供にもその相手にもわからないように工作を進めます。子供にバレないようにするためにも、親が別れるように口うるさく言ったり、恋人の悪口を言ったりすれば逆効果の可能性もあるため気をつける必要があります。別れさせ屋の指示にちゃんと従い冷静さを保ちましょう。そして別れさせ屋に話す際には、子供がきっぱりと今の恋人の付き合いを辞めて、未練がないようにしてもらいましょう。

そうすることで復縁しないようにしてもらいます。そして別れた後に親が気にいっている相手と付き合い出せるようにサポートしてくれるように依頼できるかもしれません。しかし別れさせること、そして誰かと誰かをくっつけることはそれなりに時間がかかるため、結果を急いではいけません。子供の将来を決めるかもしれない大事なことなので、安易に別れさせ屋に依頼するのではなくしっかりと検討する必要があるでしょう。

「子供の将来を考えて別れさせ屋に依頼」

親は人生経験も長く、その間に様々な人の出会い若い人よりも人を見極める力があるものです。自分が大切に育ててきた息子や娘が交際しそして結婚したいと言ってきた相手が、親から見たらとんでもない人だったということがあります。その場合親は子供何とかしてその相手と別れさせようと居ても立ってもいられないでしょう。親が子供にどれだけ相手があまりいい人でないと説得しようとしても、「恋は盲目」という言葉があるように説得すればするだけ、子供も頑として別れない場合もあります。

また、無理やり別れさせようとしても駆け落ちしてしまったりされたらどうすることもできません。そこで子供にわからない方法で別れさせるために、別れさせ屋に依頼する親もいます。また娘を持つ親は娘が暴力を振るわれていることに気づく場合がありますが、ドメスティック・バイオレンスの被害に遭っている女性は、とかくその事実を隠したがるものです。

・なぜ交際相手が嫌なのか本人に言っても別れたがらない、でもこのままでは自分の子供の将来が心配だ。そんな親が駆け込むのが別れさせ屋ですが、まずはなぜ子供の交際相手が気に入らないのかを考えてみましょう。素行が悪そう、育ちが悪そうなどと言った単なる印象なのか、それとも遺産目当ての気がするとか、自分の子供を愛情や敬意を持って扱っていず暴力を受けているような気がするなどの明確な理由があるのでしょうか。理由や背景によっては急いで別れさせる必要もあるのです。

・誰にもバレないように工作を子供の恋人や子供に自然な形で近づいて関係を終わらせるように仕向けてくれます。別れさせることが目的であれば工作員を用いてときめきのある出会いを演出し、恋心を抱かせることで子供から離れさせるようにします。親が無理やり離そうとしてもなかなか言うことは聞かないかもしれませんが、冷静に状況を分析して、恋愛感情を変化する状況を作り出すことができるのは別れさせ屋だけです。費用はかかりますが、子供の将来を考えれば無駄なお金ではないかもしれません。

子供が言うことを聞いてくれない人のための別れさせ屋

子供が結婚するという時にあるのが、親が納得しないというパターン。結婚するのが娘の場合でも息子の場合でもあり得ることですが、相手がどう見ても子供に釣り合わない、ふさわしくない、そもそも人間性を疑うような人だったということはあり得ることです。 こういう時に難しくなってくるのは、子供がなかなか言うことを聞いてくれないということ。親に紹介するところまで言っているわけですから、親の意向がどうであれ、子供には子供の考えのもとに、「結婚をしたい」と真剣に考えているわけです。

とはいえ、結婚は二人だけで決められるような決断でもありませんから、何か不安があれば、親としては黙っているわけにもいかないでしょう。子供を説得しても説得しきれないがために、間違った結婚や交際を止めることができないという歯がゆい気持ち。自分が親であれば、できれば味わいたくはない経験です。時間が経てば、子供も自分の過ちに気が付くかもしれませんが、気が付いてからでは遅すぎる決断であるのは間違いありません。

言うことを聞かない子供に別れさせ工作を ですから、子供がいくら反発したとしても、なんとかその時点で関係を解消させてあげたいと考えるのが普通でしょう。そんな人が行うのが、別れさせ屋に依頼をするということです。別れさせ屋に工作を依頼して、第三者からの介入によって関係に区切りをつけてもらいます。 やり方としては、できるだけ穏便に済むよう、工作者を接近させるという手段がとられます。接近の仕方にしても、依頼者の子供の方に接触することもあればその恋人の方に接触することもあります。

依頼内容があまりにも難しい場合には、その両方に接触をはかるということもあるようです。いずれにしても、やり方としては、彼らに接近を試みて、二人の気持ちが変わるように働きかけていくというやり方になります。親の協力が必要なことも こういった依頼の場合には、親の協力が必要になることもあるようです。関係が微妙になってきたところで親からも説得を受ければ、子供の気持ちが変わってくれるということもあるでしょう。子供の方からしても、第三者である工作員と実の親、両方から説得を受ければ、最初はうなずけなかった要求に対しても気持ちが変わってくれるかもしれないわけです。

子供の人間関係を縁切りしたい人のための別れさせ屋

友人、上司、恋人に結婚相手。人間関係の種類にも色々ありますが、どれも生きていく上では必要なものです。その中で良好な関係が築ければそれでいいのかもしれませんが、上手くいかないこともあるでしょう。人間関係がうまくいかなければ、日常生活ひいては人生自体に悪い影響を及ぼしかねないわけですから、放っておくわけにはいきません。

特に、親からすれば、子供のこういった人間関係については心配になるところです。ある意味では子供本人よりも気になると言っても良いでしょう。自分の子供ですから当然です。子供の人間関係に介入する難しさ しかし、子供の人間関係に何か問題があったとして、それを親の立場から何とかするのが難しいことも多いでしょう。

子供の年齢にもよるでしょうが、子供自身が、親にあれこれと詮索されたり、介入されたりするのを嫌がることも多いはず。そうなってしまうと、関係の改善がうまくいかないどころか、そもそも改善自体が子供に拒否され、ヒドイ場合は自分と子供の関係性すら損なうということにもなりかねません。そんなことにならないためにも、子供の人間関係をなんとかしたいと思った時には、慎重に事を運ばなくてはならないでしょう。ですが、いくら慎重に事を運んでみても、それでうまくいかない時も多いと思います。

縁切り工作でなんとかなるかも そういう時には、別れさせ屋にて縁切り工作を頼んでみればうまくいくかもしれません。縁切り工作をしてくれる別れさせ屋業者は限られていますが、きちんと話をして、必要な費用を支払えば、自分でなんとかしようとするよりも可能性はあると言えます。また、依頼をする時には、自分と子供の関係が損なわれないような形で工作してもらうようにきちんと話をしましょう。そこを注意しないと、子供の縁切りができたとしても、今度は自分と子供の関係が崩れてしまうかもしれません。依頼が必ずしもうまくいくとは限りませんが、きちんと話さえしておけば、そのあたりに関してはきちんと守ってもらえるはずです。

子供を助けるための、別れさせ屋への依頼

○幸せになるための別れさせ工作別れさせ屋が行うのはカップルを別れさせるという工作ですが、その目的は依頼人がこれからも幸せな未来へ向かって歩いていくための手助けをする、というものです。依頼として考えれば別れさせることが一番の目的ではあるのですが、別れさせ屋としては依頼を達成することで依頼者の幸せの一助となることを期待しているのです。つまり逆を返せば、別れることで幸せになれるケースが数多く存在しているということでもあります。

依頼人が幸せになれることが一番重要ではありますが、別れることを渋っていた人も実際別れることになったらすっきりしていた、ということもしばしばあります。交際している相手と別れるということは、何もつらさだけを増長させるものではないのです。

○お子さんを助けられるのはご両親だけ別れたほうが幸せになれることもあるということをわかってはいても、自分自身では行動を起こせないときもあります。まとまったお金を用意できないこともあるでしょうし、パートナーの目を盗んで別れさせ屋に連絡することが難しいという状況になってしまうことだって考えられます。そもそも別れさせ屋という存在を知らない人も多いのではないでしょうか。たとえば結婚した自分の娘や息子がいかにもつらそうな結婚生活を送っていて、けれど別れることもできずにいることを知ったとき、親なら無条件で子供を助けてやりたいと感じるはずです。つらいのなら実家に戻ってくればいいと思う人もいるでしょう。

ですが、離婚するには基本的に夫婦双方の同意が必要なため、そうスムーズに事が運ばないこともしばしばあります。もう子供の力だけではどうにもならないというとき、ご両親が見るに見かねて自分の娘・息子夫婦を別れさせてほしいと別れさせ屋へ依頼しにくることがあります。一見おせっかいのようにも思えてしまいますが、たとえ結婚して独り立ちしていたとしても、お子さんが家族であったはずのパートナーとの関係のせいでつらい状況に立たされているときに、助けてあげられるのはご両親しかいないはずです。

別れさせ屋が大事にすること……親子のきずな

別れさせ屋は主に自分の配偶者と浮気相手を別れさせようとしたりしたときに使うことが多いですが、自分の家族に対して使うことも時々あります。親が自分の子供を離婚させるときに使うこともあるのです。親が自分の子供の結婚生活に介入しようとするのはいったいどのような時なのでしょうか。子供の配偶者の過去が気になる……一度は結婚を許したものの、親戚付き合いをしているうちにどうしても結婚相手の過去が気になるようになることがあります。子供の方は好きで結婚したわけであり、客観的に状況を見ることができないものですが、脇から見ているとどうも隠し事をされているような気がする、そんなこともあるものです。別れさせ屋は、依頼された工作を実行に移す前に入念なリサーチを行います。その結果依頼主自身も知らないような驚愕の事実が浮かび上がるようなことも結構あるものです。別れさせ工作を正式に依頼する前に、まずは身辺調査を依頼される人も多くいるものです。

子供の配偶者が犯罪歴がある人だった場合身辺調査を依頼した結果、過去に犯罪歴がある人間だったことが判明した場合どうすればよいでしょうか。空き巣のような犯罪から殺人、強盗のような凶悪犯罪まで様々ですが、それらを隠して自分の大切な子供と暮らしているとわかれば、親としては夜も眠れないような心境のはずです。そうなれば正式に別れさせ工作を依頼することをおすすめします。配偶者に異性の工作員を近づけるオーソドックスな方法として異性の工作員を近づけ、恋愛関係にもっていき、浮気現場を妻に目撃させる、という方法があります。目撃する現場には妻の親も一緒にいればより効果てきめんです。離婚に向けて有利に話を進めていくことができるようになります。さて、そのような際に必要なのは、親と子供の信頼関係が絶対に崩れないようにすることです。万が一にも別れさせ屋に依頼したことが子供にばれてしまえば、その関係性を修復することはかなり困難になります。別れさせ屋は依頼者とその子供の関係性がずっと幸せに続くようにしていくことが第一の優先事項としているのです。

別れさせ屋を利用した離婚なら子供との関係も良好に保てる!

○離婚に関する重要な問題である「子供」の存在恋人どうしよりも別れることへのハードルや解決しなければいけない問題の多い夫婦関係ですが、それでもお子さんのいないふたりきりの家族であればまだスムーズに事を運べるでしょう。ですが子供もいる場合には、その親権や面会する権利、養育費の問題など処理しなければいけないことがぐっと増えます。それは離婚することに対する足かせにもなり得ます。どちらも自分たちの間にもう愛情はない、離婚したほうがいいと考えていても、子供がいるだけで話はそう簡単にはいかなくなってしまいます。子供に多少寂しい思いをさせるとしても不仲なまま一緒に暮らし続けるよりは別れるほうがいいと一方が思っても、もうひとりは子供のために家族みんなで暮らし続けたほうがいいと考えるかもしれません。実際に子供がまだ小さいから今は離婚しない、という選択をする夫婦も多いでしょう。夫婦のどちらも納得済みでその選択を取るならまったく問題はありませんが、自分は離婚したほうがいいと思っていても相手が子供を理由に納得しないというケースになると話は変わってきます。もちろん子供はご両親にとっては何よりも大切で優先すべき存在でしょう。ですがそれと同時に、ご両親の今後の人生だってとても大事なものです。双方が納得のいくかたちで今後の人生を歩んでいけるようにする、別れさせ屋はそのお手伝いをすることもできるのです。

○円満に別れることで面会もしやすいお互いに悪感情を抱いたままの離婚だと、子供の親権が相手にある場合面会することも難しくなることがあります。たとえ親とはいえ、気に入らない相手に大事な我が子を頻繁に任せられないと考える気持ちは理解できますよね。また、親権が相手にあるとわかっていてもあんな人には任せたくない、任せられないと不安になることもあるでしょう。ですが別れさせ屋を利用しての離婚であれば、双方が「離婚が一番いい選択肢だ」と理解して別れているわけですから、お互いへの悪感情もほぼないはずですし、あったとしてもごく小さなものでしょう。ですから親子の面会も容易ですし、互いの都合が会えば両親と子供揃って会う機会も作りやすくなります。円満に離婚することで、その後子供にかかる負担も減らすことができますし、片方の親とは離れて暮らすことになる寂しさも緩和できるのです。

別れさせ屋に子供が恋人と別れるように依頼する……

別れさせ屋に依頼しに来るのはたいてい自分自身のことに関する相談がほとんどですが、時々自分の親しい友人のことだったり、時には子供のことで来訪する人もいます。やはり自分が大事に育ててきた子供が不幸の道を歩んでいたりすると自分のことのように苦しくなってしまうものです。子供のためなら多少高額な費用を支払ってでも幸せな道に誘導していってあげたいと思うもの。でも、注意すべき点はあります。自分の娘の恋人や旦那がいわゆるDV男だった人の親ならだれでも自分の子供がどんな男性と交際をしているのか、などは気になるものです。ふと気づくと娘の顔や腕にあざがある……聞いてみても何も答えてはくれない……こっそりあとをつけてみたら柄の悪い男とどうも付き合っている……大人になった子供の交際関係にとやかく口を出すつもりもないが、暴力を振るわれているとなれば話は別だ、そう思う人も少なくないはずです。娘を説得して暴力男から別れさせようとしても、そのような男は別れを切り出した瞬間に何をしでかすかわかったものではありません。

何事もないように自然に別れてもらうのが一番安心です。そんな親心にとって別れさせ屋はこの上ない助けのはずです。しかし……もしかしたら……思い過ごしということも捨てきれないものです。子供の幸せが親のエゴであってはいけない「あんな見た目の男とは別れたほうがいいに決まっている」「あんな低学歴な男と結婚して幸せになれるはずがない」「娘は自分が選んだ男と結ばれるのが一番幸せに決まっている」得てして親は自分の理想を子供に押し付けそうになるものです。しかしその選択は本当に正しいのでしょうか。前述のような明らかに暴力を振るわれているような状況ではまた話は変わってきますが、あくまで人格をもった一人の人間が、社会の中で人間関係を構築していっているところに親が横やりを入れるのは健全とは言えません。別れさせ屋に依頼をする前に、まずはしっかと観察をすることが大切なのではないでしょうか。観察をすることもプロにお願いしてもいいかもしれません。その上でしっかりと判断し、依頼をすることが重要なのです。

子供を恋人と別れさせたい……別れさせ屋にたよるしかない

「別れさせ屋」には年齢や職業、立場など様々な人が相談に来ます。その中には、「親」が来ることもあるのです。もちろん「娘・息子を別れさせたい」という依頼です。内容を知らない方がこの話を聞くと、「過保護だ」と思われるでしょう。確かにそうだなと思う相談もあります。しかし、中にはギャンブルや借金、暴力、不倫など、確かに別れた方が良さそうだなという相談もあるのです。愛しているからこそここまで愛情を持って育てた娘や息子、その大切な子供の人生が台無しになってしまう。その気持ちは痛いほどわかります。子供の幸せを願わない親はいません。直接説得しようにも、子供も成人した大人である場合などは、言うことも聞いてくれないでしょう。そこで悩みに悩んで「別れさせ屋」を訪れるのです。

娘・息子を別れさせる相談に来られた場合、まず親御さんのお話を聞きます。そこでヒアリングした内容を親御さん目線ではなく客観的に分析します。そして、対象者やその相手の調査を行い、「なぜ別れないのか」、「反対された反発心や意地で別れないのではないのか」など、その点からまず探っていきます。その後、状況や環境を分析し、別れさせ工作のシナリオを作成します。工作には交際相手へ直接工作をかける方法もありますし。交際に賛成している相手の両親へ工作をかけることもあります。その状況に応じて様々な手法が考えられます。親子関係を崩さない事が大切しかし、「別れさせる」ことも大切ですが、その後の「親子関係」はもっと大切です。工作後に、親子関係が崩れないようにしなければなりません。その為には、最初のヒアリングの段階から、その後の関係性への影響を考えて注意していきます。親が子供を別れさせるというのは両方共に心が痛む状況です。本来なら笑顔で祝してあげたいはずですが、別れさせ屋に依頼せざるを得ないような状況を抱えてしまっている人も数多く存在します。別れさせ屋を利用する親というのは、過保護や悪意からではなく、あくまでも親心で動いているのです。

本当に子供のため?別れさせ工作

別れさせ屋がここ最近増えてきています。恋愛を当事者に任せるのはもう昔の話。現代では恋愛の専門家なるものがいて、うまく行くように取り計らうことが普通に行われています。ここで注目したいのは、親による依頼です。親による子供の「彼・彼女と別れさせたい」との依頼が急増しているのです。子供の幸せ、子供の将来を考えて親としてできる限りのことをしてあげたいという切実なまでの思いはよくわかります。しかし、子供にしてみれば有り難迷惑と感じることでしょう。ここでは、2パターンの別れさせ工作を検証していきたいと思います。

■子供の学業のため子供が20歳前後の場合に多い依頼は「子供の学業優先のために今の彼氏・彼女と別れさせたい。」というもの。恋愛は学業の妨げになるとの意見です。確かに若いうちに恋愛におぼれ、大学進学をあきらめる、もしくは大学を中退する人はいます。親とすればそれは避けたいと思うものです。しかし、恋愛がプラスに働く場合も無きにしもあらずです。恋愛と勉学との両立ができないというわけではないのです。子を思う親心は理解できますが、少し見守ることも必要かなと思います。それでも、目に余る場合であれば、もちろん別れさせ屋への依頼は有効でしょう。

■子供の結婚結婚適齢期に多いのが「結婚相手が気に入らない。」というものです。お付き合いと結婚が違うのは互いの家が絡んでくること。現代ではそういった様相は薄まってきているものの、全く関係ないというわけではありませんね。当事者の好きという感情だけでは片づけられないものがあります。どこまで親が干渉するべきかの線引きは難しいところもあります。結婚に関しては恋愛よりも介入しても良いのではないでしょうか。「子孫を残したい」「家を継いでほしい」等の要求はあってしかるべきです。「結婚は親が決める」とまではいきませんが、親の意見をある程度取り入れるのも必要ではないでしょうか。ただしおのおのの家庭事情もあり一概には言えないところもありますね。別れさせ屋に依頼するメリットは「誰にも知られないこと」と「家族関係に悪影響がないこと」です。親が直接、干渉すれば子供は反発するものです。別れさせ屋は友人だけでなく子供本人すらも知らないうちに工作を行います。「子供に幸せを考えたら別れさせる方が良い。」そう判断したなら別れさせ屋への依頼は非常に有効でしょう。