夫が不倫に本気にならないように妻ができることは?

夫が不倫しているかもしれない、そう勘づく奥様もいるでしょう。

でも確たる証拠もないのに本人に直接問いただすことは難しいですし、もし相手が逆切れして別れると言われるのも怖いです。

夫が本気になる前に、妻の立場でできることは何があるのでしょうか。

■夫が不倫をするようになった原因を考える

夫が不倫をするようになったのは、なぜなのか、その原因を考えることが大切です。もちろん必ずしも家庭に問題があるわけではありません。

夫の身勝手で不倫していることもあるでしょう。ただ、中には家庭に不満があったり、居場所がなくなって、不倫に走ってしまったという男性も少なくありません。

今一度、夫が家に居て居心地がよいという家庭になっているか、夫の話を聞いてあげているのか、など振り返ってみることも大切です。

冷静になり夫の表情などを観察することで、家庭のどこに不満を感じているのか、満たされていないのかを感じることができます。

そして、家に居たくなるような家庭に徐々にしていくことを始めます。また性生活に応じていないなど、自分自身で拒んでいることがあれば、それも解消するとよいでしょう。

家庭に満足感を感じるようになれば、夫もわざわざリスクを冒してまで不倫しなくなります。

■別れさせ屋に相談する

自分一人で悩んでいても解決は難しいです。かといって、身近な人に相談もしにくいです。

そんな時は別れさせ屋に相談するのも一つの手です。別れさせ屋に相談すると、まず不倫しているかどうか調査をしてくれます。もし本当に不倫していたら、夫と不倫相手を別れさせるための工作を行います。

そして工作員などを使い、無事に別れせることができたら、自然と家庭に戻ってくるでしょう。

別れさせ屋は相談にも乗ってくれますので、別れた後どうすれば夫が再度不倫しなくなるのかアドバイスをくれたりもします。

■まとめ

不倫関係がいつまでも続いてしまうと、自然と夫の気持ちも不倫相手になびいてしまい、取戻しがつかなくなるかもしれません。

もし少しでも夫が不倫しているかもと感じたら、まずは原因を考え、早めに対策を採るようにしましょう。

不倫している人が別れようと思う瞬間は?

不倫している人は、その時は楽しいかもしれませんが、ふとした時に別れなければ、と思う瞬間があるようです。

不倫関係をいつまでも続けるわけにはいけないため、遅かれ早かれ別れる人も多いでしょう。では、どんな瞬間に別れようと思うのでしょうか。

■家族に対して罪悪感が芽生えた時

最も多いのが、家族に対して罪悪感が芽生えた時です。奥さんや旦那さんに対し、申し訳ないと感じてしまうことや、子供に対して自分が行っていることの罪悪感を覚える瞬間があります。

特に、家族から優しくされる、家族で何かを楽しんでいる時などは、その傾向が強くなります。

最終的に大切なのは家族であり、自分が愛しているのも家族であることを思い出します。そうすると、徐々に自責の念が強くなり、罪悪感から不倫相手と別れなければと思うようになります。

夫婦関係や家族関係が冷え切っている家庭では、不倫していることに罪悪感が芽生えることはないでしょう。

ただ家族関係が良好な時や、お子様が小さいと、どうしても後ろめたさはなくなりません。

日々隠し事をして生活することに息苦しさを感じ、別れようと思うようになります。

■ばれそうになった時

自分の不倫が周囲にばれそうになった時、ばれる前に別れようと思う人も多いです。

特に女性は勘がするどいので、少しでも不自然なことがあれば、不倫を疑われてしまいます。

ばれたら、離婚を求められる、慰謝料を請求されるなど、最悪な事態になるため、そうなる前に別れようと決心します。

また、会社の人にばれそうになる時もあります。会社の人にばれると、自分自身も居づらくこともありますし、上司や女性社員からの評判も悪くなります。

場合によっては、家族に密告される可能性もあります。とにかく、周囲に少しでもばれそうになったら、不倫が発覚する前に別れてしまうと考える人は多いようです。

また、相手がなかなか別れてくれない時に、別れさせ屋に依頼して、上手く別れようと画策する人もいます。

■まとめ

不倫している人であっても、家族の人が大切であることには変わりありません。家族に対して罪悪感が芽生えた瞬間や、家族や周囲の人にばれそうになった時に、別れることを決心します。

不倫関係を復縁するのに大切なのはタイミング!?

不倫相手ともう一度やり直したい、復縁したい人は、どうすればよいのでしょうか。

一度別れてしまった相手、しかもまた不倫関係を求めるのは自分勝手な気もします。でも、上手くやればそんな自分にとって都合の良い関係も復縁できるかもしれません。それは全てタイミング次第なのです。

■相手の心が揺らぐタイミングが大切

復縁したいのであれば、まずは相手との距離感を大切にしましょう。別れてすぐに連絡してもあまり効果的ではありません。

相手がふと寂しくなっていたり、思い出していたり、恋しがっているようなタイミングを見計らって連絡をするのがベストです。相手の心が揺らぐ状態であれば、復縁は俄然成功しやすくなります。

期間としては、最低半年は空け、その間は一度も連絡をしません。

そしてふとしたタイミングで軽い感じで連絡をします。

例えば、昔の思い出の写真や品を見て思い出したから連絡してみた、などちょっとしたきっかけで連絡したということを伝えます。

そして、お互いに楽しかった時の思い出を思い出し、相手も少しずつ揺らいできたタイミングで、また会いたいと伝えるのが効果的です。

ここで大切なのは、焦らないことです。情熱的に会いたいと伝えてしまったり、やっぱりあなたじゃなきゃダメなど言うのは逆効果です。

あくまで軽い感じで会いたくなったと伝えることで、まずは会うためのハードルが低くなります。

■会ったときは素直な気持ちを告げる

復縁するためには、まず会うことが重要です。

再会してしまえば、あとは復縁までとんとん拍子で進んでいくことは間違いありません。

だから、会った時には、素直に会いたかったことや、もう一度やり直したいという気持ちをストレートに伝えることが大切です。

変に駆け引きする必要はありません。お互いに時間を空けてから再会しているので、同じ気持ちでいることに間違いないからです。

■まとめ

不倫関係は、一度切れてしまうと、なかなか復縁するのは難しいです。

ただ、本当にもう一度やり直したいと思うのであれば、焦らずにじっくり時間をかけて相手との距離を縮めていくことが大切です。

良い別れさせ屋を選ぶための方法

別れさせ屋は日本全国のいろいろな地域に存在しています。

同じ地域であっても複数存在しているので、どこに依頼をすればよいのか迷うこともあるでしょう。

そこで良い別れさせ屋を選ぶためのポイントを紹介します。

■別れさせ屋に問い合わせをして対応を確認する

良い別れさせ屋を選ぶには、まず情報収集が大切になります。

しかし、情報収集にも限界があるので、ある程度絞り込んだらメールや電話で問い合わせをしてみましょう。

メールで問い合わせをした場合には、こちらの質問にきちんと回答しているか、返信が来るまで時間がかかりすぎていないか、丁寧な言葉を使っているのかなどを確認します。

返信が来ない場合には別のところを選んだ方がよいでしょう。

電話で問い合わせをした場合であれば、もちろん言葉遣いやきちんと質問に答えているかも重要ですが、詳しい話は面談のときに話すなど、すぐ面談をさせようとしていないかも重要な判断基準です。

■別れさせ屋に行ったときに契約書の内容を説明しているか

別れさせ屋に依頼をする場合、必ず契約書を交わします。契約書は小さな文字がたくさん書かれているので、自分ではあまり読まない人もいるでしょう。

しかし、良い別れさせ屋の場合には、契約書の内容をきちんと説明してくれます。

特に重要なのは、途中解約をしたときにはどれぐらいの料金が返済されるのかという点です。

金銭面は特にトラブルになりやすいので、きちんと契約書に記載している方が望ましいでしょう。

もちろんどれぐらいの料金が必要になるのか、事前に説明しているかも重要な判断材料となります。そして自分でも必ず契約書には目を通しておきましょう。

■まとめ

お金を支払って別れさせ屋に依頼をするのですから、できる限り良い別れさせ屋に依頼をしたいと考えるのが普通です。

そのためには事前の情報収集も重要ですが、問い合わせてみて対応方法を見る、契約書の内容を説明してくれるかなども判断材料となるでしょう。

既婚者を離婚させたい場合はどうするのか

不倫をしている人の中には、今の奥さんや夫と別れて、自分の結婚してほしいと望む人もいます。

しかし、相手はすでに結婚をしているので、このままでは不倫相手と結婚はできません。

どうしても離婚させたいと考えた場合、どのような方法があるのかを見ていきたいともいます。

■離婚させたいのであれば別れさせ屋に相談する

不倫相手が既婚者である場合、まずは離婚をしてもらわなければ自分と結婚をすることができません。

本気で不倫をしている場合、離婚をしてほしいと相手にすすめる人もいるでしょうが、そう簡単にはいかないでしょう。

夫婦仲が悪い場合や、夫婦揃って不倫をしているなどであれば、比較的簡単に離婚できるでしょうが、夫婦の関係がよくても不倫をする人はいます。

このような場合には、離婚をしてほしいと頼んでも応じてくれない場合もあるでしょう。

どうしても離婚させたいという場合には、まず別れさせ屋に相談をしてみるべきです。

■離婚させたいと思っても実際は難しい

どうしても不倫をしている相手が好きなので、今いる奥さんや夫と離婚させたいと思った場合には、別れさせ屋に相談をするのがよいでしょう。

しかし、別れさせ屋に相談をしたからと言って、確実に離婚が成功するわけではありません。

それだけ離婚をさせるのは難しいことなのです。依頼を受けた別れさせ屋は、まず問診を行って現状を把握します。

その後夫婦の内情を探り、どのような方法で離婚をさせるべきか検討していくのです。少しでも成功率を高めるためには、夫婦のどちらかでも離婚をしたいと考えていなければ難しいでしょう。

そのため、本気で離婚をしてほしいのであれば、不倫をしている相手にもきちんと離婚をしてほしいと伝えておくべきです。

■まとめ

離婚させたい場合には、やはり夫婦仲がよい場合には別れさせ屋でも難しくなります。

逆に夫婦仲が悪ければ、比較的短い時間で成功できる確率が高くなります。成功率を上げるためには、不倫相手の協力も必要になってくるでしょう。

探偵と別れさせ屋って違うの? 探偵が別れさせ屋もしている理由を解説!

別れさせ屋の中には、素行調査や浮気調査など探偵として活躍している業者も多いです。
では、別れさせ屋と探偵にはどのような違いがあるのでしょうか?
なぜ探偵が別れさせ屋も行っているのでしょうか?
ここでは、探偵が別れさせ屋を兼業している理由について解説します。

■別れさせ屋は探偵業務の一環として行われることが多い

別れさせ屋はたいてい、探偵業務の一環として行われることが多いです。
別れさせ屋は、別れさせ工作を行う前に事前調査を行います。
ターゲットを尾行・張り込みをして情報を収集するのです。
一方、探偵の素行調査や浮気調査も尾行・張り込みを行って情報収集するため、同様のスキルが必要となります。
また、両方とも国に探偵業の届出を出す必要がありますので、探偵の業務の一環として行われることが多いのです。

■探偵であれば必ずしも別れさせ屋として活躍できるわけではない

探偵と別れさせ屋は似通った部分があることは確かですが、探偵であれば必ずしも別れさせ屋として業務ができるというわけではありません。
探偵であれば事前調査をすることはできますが、その後の別れさせ工作のノウハウがないと実際に別れさせることは難しいでしょう。

また、素行調査や浮気調査ではターゲットと接触することは少ないですが、別れさせ屋はターゲットと接触し、ある程度親しい関係にならなければなりませんので、人に警戒心を抱かせずに近づけるスキルも必要となります。

そのため、別れさせ屋としてのスキルがある業者に依頼をする方がいいでしょう。

■専門の別れさせ屋と探偵業務も行っている別れさせ屋は、どちらがいいのか?

別れさせ屋専門業者と探偵業務の両方を行っている別れさせ屋を比べると、どちらに優劣があるわけではありません。

専門で行っていると、より高いスキルがあるのではないか、反対に、探偵業務も行っていると経験豊富ではないか、と思う方もいるかもしれませんが、それは結局のところ業者によって一概には言えないのです。

依頼する上で一番大切なことは、専門であるかどうかではなく信頼できる業者であるかということでしょう。

■まとめ

探偵の一環として別れさせ屋を行っている業者も多くありますが、専門であるかどうかはそれほど重要ではありません。

探偵と別れさせ屋は共通する部分が多いため、専門であるかで判断するよりも、料金や対応などの他の要素で判断をするほうがよいでしょう。

どんな業者に依頼すればいい? 別れさせ屋の選び方を解説!

ひとくちに別れさせ屋といっても、全国各地には数多くの業者が存在しています。
地元密着型のものから全国展開している大手まで、その特徴はさまざま。
どの業者を選べばいいのか迷ってしまう方も多いでしょう。
そこで、ここでは別れさせ屋に依頼する際の選び方を解説します。

■まずはホームページで情報を確認する

まずは、ホームページの情報を確認して良さそうな業者を絞り込みましょう。
確認しておいた方がよいポイントはいくつかあります。

まず、探偵業届出を出しているかどうかを確認してください。

別れさせ屋は、事前調査の際にターゲットの尾行や張り込みを行い、情報を収集します。
これは探偵業に該当するため、探偵業届出を警察署経由で提出する必要があるのです。
探偵業届出を行っている業者は、公安委員会から営業許可を受けているので、安心して依頼できます。
また探偵業法では守秘義務の規定もあり、届出を行っているということは探偵業法に準じて営業を行っているため、信頼度が高いのです。

次は、料金を確認してください。
他社と比較して価格が適切かどうかや工作員と期間・プランの明確化がされているかどうかなどを確認することにより、信頼できるかどうか、ある程度判断することができます。
相場に比べて異常に安価、または高価であれば、注意が必要です。

最後に実績を確認しましょう。
別れさせ屋のホームページでは、実績と料金目安が記載されていることが多いです。
自分の状況と照らし合わせて、似たような状況であれば参考にしてみてください。
■別れさせ屋に実際会ってから依頼する

ホームページで情報を確認し、ある程度の数に絞れたら、実際に問合せをして面談をしましょう。
インターネットの情報だけでは分からないことが多いため、実際に会ってから依頼することをおすすめします。
面談をして、信用できる対応なのかどうか、料金をしっかりと案内してくれるかなどを確認してください。
別れさせ屋はターゲットに接触をすることになります。
そのため、人に信用される能力が必要となるのです。
依頼主の信用も獲得できない業者であれば、ターゲットに近づくのは難しいでしょう。

■まとめ

別れさせ屋に依頼をする際は上記のことをしっかりと確認した上で、依頼するようにしてください。
一番は、実際に話をしてみて安心して依頼ができる業者を選ぶことでしょう。

別居中の浮気で慰謝料は発生する?

夫婦の中には、離婚はしていないが別居している家庭もあります。お互い別々に生活し、ほとんど生活に干渉していない状況です。もしそんな状況で、どちらかが浮気をした場合、相手は浮気に対して慰謝料を請求することができるのでしょうか。

■そもそも浮気ってどこから?

慰謝料を請求できるような浮気とは、どこからが浮気にあたるのでしょうか。例えば、仲の良い異性と手を繋いで歩いただけとしましょう。これは不貞行為には該当しません。同じように、キスをしただけでも、慰謝料相当の浮気にはなりません。確かに、心は浮ついた気持ちになっているのかもしれませんが、こと慰謝料を巡る話となるとまた別です。

あくまで不貞行為となるのは、肉体関係を持った時です。実際に行為がなかったとしても、二人でホテルなどの密室の空間で一定時間を過ごしただけでも、浮気と認定されてしまうこともあります。ただ、手を繋いだりキスをするのも、それが頻繁に行われていたり、目立つような場所でいちゃいちゃしていたら、夫婦生活の平穏を害する行為と判断されることもあります。

■別居中の理由による

もし別居中の理由が、単身赴任であったり、子供の学校の都合など、やむを得ない事情の場合は、慰謝料を請求できる可能性があります。ここで重要なのは、婚姻関係が破綻しているかどうかです。何かしらの事情があって別居しているが、決して夫婦関係が破綻していていたと判断されない場合、同居している家庭と同様に、浮気は不貞行為に当たります。よって、慰謝料を請求した場合、支払いを命じられる可能性が非常に高くなります。

ただ、離婚を前提に別居していた場合は、慰謝料を請求することは難しくなります。なぜなら、すでに夫婦関係は破綻していたとみなされ、仮に相手が別の人と交際していたとしても、それは次の生活のことであり、浮気によって相手を著しく傷つけたとはみなされないからです。

別居中の浮気は、必ずしも慰謝料が請求できるわけではありません。ただ、だからといって軽々しく浮気をするのは良くありません。もし夫婦生活が破綻しているのであれば、しっかりと決着をつけてから、次の恋愛に進むべきです。

本気の不倫で大変なこととは?

不倫は遊びだという人もいれば、本気の気持ちで相手と関係を続けている人もいるでしょう。そして本気の不倫をしている人だからこその苦しみがあり、大変なこともあります。特に女性に多いのですが、本気の不倫では何が大変だと感じているのでしょうか。

■不倫関係を秘密にしなければならないこと

不倫関係は公言することができません。どれだけ親しい間からの人であっても、家族であっても、自分が不倫をしていることは言えません。言ったら、必ず反対されるでしょうし、もしかすると相手から距離を置かれてしまうかもしれません。職場では仕事にも影響しますし、会社に居られなくなるかもしれません。

でも人は弱い生き物なので、いつまでも一人で秘密を抱え続けるのは大変です。そして常に後ろめたさがつきまとうので、不倫関係を続けることは、とてもエネルギーが必要です。

■相手も本気かどうかわからない

自分は本気の気持ちであっても、相手はどう思っているかわかりません。人は簡単に嘘を言います。もし相手から本気なのと質問されて、本気じゃないと言う人はほとんどいないでしょう。口から次々と歯の浮いたようなセリフを言ったり、相手を安心させるようなことを言うのは、そこまで難しいことではありません。気持ちと言葉は裏腹にあることは多々あるからこそ、不倫相手が本気かどうか分からないのです。そしてわからないまま、関係を続けることは、常に不安が付きまといますし、恋愛も素直に楽しめないほど、不安定な気持ちになることもあります。

もし本当に相手の気持ちを確かめたいのであれば、別れさせ屋や探偵業などに相談し、相手の素行調査などをしてみるのもよいでしょう。時に工作員を派遣し、相手に近づいて本音を聞き出すようなこともしています。相手が本気であれば、そのまま関係を続け、もしただの遊びと捉えているのであれば、別れを切り出し、また別の恋愛をする方がよいでしょう。

不倫関係は、一時的には楽しい気持ちになるかもしれませんが、それが長く続くと不安な気持ちになりやすいです。相手が本気かどうかわからない時は、一度冷静になりあらためて関係を見つめなおす時間も必要となるでしょう。

不倫相手と上手く別れるには

早く不倫関係を終わらせてしまいたい、普通の生活に戻りたい、そう思いながらも不倫をダラダラと続けてしまう人がいます。なぜ続けてしまうのか、それは上手く相手と別れることができないからです。どうすれば上手く別れることができるのでしょうか。

■自然と距離を置く

最もベターなのは、自然と距離を置くことです。職場での不倫などではない限り、不倫相手とはお互いが連絡をしなければバッティングすることはないでしょう。会う頻度を少しずつ減らし、連絡もこちらからは一切取らない、連絡が来てもあまり返さないようにすれば、自然と距離は離れていきます。そして徐々に音信不通にして、最後は完全に連絡を取らないようにすれば、関係も消滅します。

ただ、それだけでは中途半端な状態になってしまうため、最後に今後は一切合わないと伝える方がよいでしょう。その方が相手もすっきりしますし、お互いに関係を終わらせたと認識することができます。一番怖いのが、自分では終わったつもりでも、相手はまだ続いていると勘違いされてしまうことです。そうならないように、自分の意思をしっかりと伝えることも重要です。

■不倫相手と上手く別れられない時は

ただ、まれに不倫相手の熱が高すぎて、上手く別れられない人もいます。中には、別れるなら関係を会社や家族にばらすなど脅迫されてしまい、仕方なく続けている人もいるでしょう。そんな時は、別れさせ屋に相談してみてはいかがでしょうか。別れさせ屋は、工作員などを使って、ターゲットに近づき、別れさせてほしい相手と別れさせてくれます。大抵は、第三者からの依頼で、夫婦やカップルを別れさせることが多いようです。ただ、稀に当事者から今の関係を終わらせてほしいという相談もあるようです。別れさせ屋は、慎重に調査をし、その上で計画を練り、そしてプロの工作員を使って工作をします。だから、当事者だけで解決しようとするよりも、上手く別れられる可能性が高くなります。

終わらせたい関係がどうやっても上手く別れられず、日々悩んでしまっている人もいるでしょう。自分でできることを遂行した上で、それでも解決できない時は、別れさせ屋のようなプロに相談してみるとよいでしょう。