不倫相手が本気になったときの見極め方とは?

遊びではなく相手が不倫で本気になったら、態度などに出てくるものです。言動ではなく、振る舞いに出てきた場合、注意しなければなりません。本気になられて離婚などを迫られる前に、別れを検討するのもよいでしょう。

■不倫相手が本気になると出てくる態度とは?

不倫をあくまで遊びとして捉えているなら、性行為だけというケースも少なくありません。ただ、本気なら性行為だけで終わらずデートなども行う人も多いのです。

不倫がはじまった当初より冷たい言動や態度が多くなる、自分からの連絡が増えるなど、態度が明らかに恋人に対するものと同じになります。

優先順位も同じです。ダブル不倫をしている場合、自分の配偶者や家族を優先しなくなるのです。この場合も、相手がかなり本気になっている証明といえます。遊びなら、自分の配偶者や家族をないがしろにはしません。

自分の家族の話をしないのも、よくある本気の態度です。不倫だと理解しているからこそ「相手を傷つけるかもしれない」と、自分から家族の話をすることはないでしょう。

プレゼントも同じです。不倫相手に対し、高額なプレゼントを贈ることはあまりありません。このように、本気になったら態度に出るものです。

■不倫なのに本気になられたら困るなら別れさせ屋

不倫相手が本気になると困る方もいるのではないでしょうか。ダブル不倫でも、お互い夫婦関係が破綻しているならそのまま離婚という話となります。相手が本気なら、それを止める必要はありません。

ただ、不倫は不倫として割り切っている場合だと、本気になられると困るものです。家庭崩壊、離婚を選択するほどの気持ちがなければ、別れるという選択肢をしてもよいかもしれません。

しかし、本気になっている相手に別れ話を伝えるのは、傷つけるだけではなく、リスクもあります。慰謝料や復讐として不倫のことをばらされるのが怖い人もいるでしょう。

そんな方は、別れさせ屋に相談してみてください。別れさせ工作を通じ、大きなトラブルに発展させないように別れられる可能性が高くなります。相手から、別れを告げてくることも十分に考えられるのです。

■本気の不倫は怖い!別れさせ屋でトラブル回避

不倫相手が本気になると怖いと感じる方は少なくありません。しかし、自分では上手く別れ話ができないとなれば別れさせ屋の利用を検討してもよいでしょう。別れさせ屋は、トラブルなく別れたい場合に大きな助けとなります。

不倫相手と配偶者を別れさせる方法を熟知!別れさせ屋のテク

別れさせ屋は、配偶者と不倫相手を別れさせる方法に長けています。実際、どうして別れさせられるのか不思議に感じる人もいるかもしれません。どうやって不倫相手と配偶者を別れさせられるのか、そのポイントをご紹介します。

■別れさせ屋は本当に配偶者と不倫相手を別れさせることができる?

配偶者が不倫をしているのに、抗議をすると逆上をされて怖くてできなくてお悩み中の方も多いでしょう。そんなとき、別れさせ屋に相談するメリットは多いのです。

別れさせ屋に舞い込んでくる依頼の中には、不倫をしている配偶者と不倫相手を別れさせたいというケースが少なくありません。

一般的に別れさせる方法として、ターゲットに対し、魅力的な異性を近づけるというものがあります。ただ、これは一例でしかありません。

実績が豊富な別れさせ屋はありとあらゆるノウハウやテクニックを持ち、状況に合わせて適切な方法を選択しているのです。

■ハニートラップではなく心理的なアプローチを行う業者もあります

ターゲットに工作員をぶつけるという方法もありますが、他にも心理的なアプローチを通じ、不倫をストップさせる別れさせ屋もあります。

そもそもハニートラップが成功したとしても、不倫自体に問題を感じていなければ、また配偶者は別の相手を見つけるかもしれません。

依頼者が配偶者の不倫にうんざりし、有利な条件で離婚したいというケースなら、ハニートラップが有効な場合もあるでしょう。ただ、工作員にターゲットとの肉体関係を強制する業者も存在しているようです。

この場合、法律に違反する場合もあります。事前にどんな手法で行っているのか、別れさせ屋に依頼をする場合は、事前にしっかり確認する必要があるでしょう。

■不倫に夢中の人も心が揺らぐ!別れさせ屋が使う心理誘導とは?

別れさせ屋が行う心理誘導は「不倫相手と別れたほうがいいのかもしれない」とターゲットに思わせる方法です。工作員は、ターゲットと人間関係を作り、さまざまな情報収集を行います。

ターゲットのことを理解してから、さまざまな方法でターゲットの心を揺さぶるのです。例えば「不倫をしたことはあるが子供や配偶者の顔がチラついた」「独身である交際相手の将来が心配になった」などなど。

もちろん1つだけではなく、積み重ねていくことで心変わりをさせるのです。

■配偶者と不倫相手を別れさせたいなら別れさせ屋

不倫中の配偶者に、不倫を辞めさせるのは困難です。無理にいっても相手にしてもらえない、あるいは暴力に訴えかけてくるなら、別れさせ屋に依頼をするのもよいでしょう。心理誘導など別れさせるテクニックを使うからです。結果、別れる可能性を高められます。

不倫相手と別れるときも復縁したいときも別れさせ屋が助けになる

別れさせ屋は、復縁屋を兼業するところが多いようです。復縁屋は別れさせ屋の逆バージョンです。別れさせ屋は不倫相手と奥さんを離婚させたいというときなど助けになります。逆に復縁屋は、別れたターゲットとの復縁をサポートするのです。

■別れさせ屋は不倫相手や恋人を別れさせられます

別れさせ屋の仕事は、恋愛関係や婚姻関係にある二人を別れさせるのが仕事です。

依頼者はさまざまな状況にあります。たとえば、配偶者が不倫をしている、自分が不倫をしているが関係を解消したいなどが挙げられるでしょう。

不倫の場合、自分の子供がしているので親御さんが別れさせ屋に依頼をするケースもあります。不倫相手が離婚をしてくれないので、交際相手が依頼する場合もあるのです。

恋愛関係で別れ話をしたが、ストーカーなどトラブルに発展しそうで怖いと考えているケースがあります。好きな人に恋人がいるので、別れさせて欲しいという依頼もあるようです。

■復縁屋は復縁工作により恋愛関係を戻します

復縁屋は、別れた相手と復縁するサポートをしてくれます。実際、別れた理由によっては、復縁しようとしても簡単ではありません。ただ、復縁屋はノウハウを持っているため、ひとりより復縁の成功に至りやすいのです。

多いのは、元カレと元カノ、離婚した配偶者や同棲や別居を解消したが、その状態から復縁したいケースなどが挙げられます。

配偶者や恋愛関係以外にも、家庭の事情による親や親戚、友人や知人との復縁も復縁屋の仕事です。

■不倫をしている配偶者との復縁なども対応可能です

復縁屋の中には、不倫相手から大切な配偶者を取り戻す、別れさせ屋がやる仕事を通じ、結果的に復縁に持っていく復縁屋もあるようです。

一度不倫関係にあった相手と別れたが、またよりを戻したいという依頼もあります。別れさせ屋と復縁屋は行うことが重なっている部分が多いのです。そのため、復縁屋が別れさせ屋を、別れさせ屋が復縁屋を兼業しているところも珍しくありません。

■不倫のトラブル対策や復縁したいなら兼業している別れさせ屋に依頼

別れさせ屋と復縁屋、それぞれの業務を行う業者もありますが、兼業をしているところも少なくありません。それは別れさせ屋と復縁屋の業務について、目的は異なっていても似通っている部分が多いからです。また、依頼の中には別れさせて、復縁工作を行うというケースもあります。

別居中に浮気に発展する原因とは?

別居中のパートナーがいるが、別居という状態から浮気に走る人も少なくありません。

夫婦関係がうまくいかなくなって、関係修復のために同居ではなく別居という選択をしたはずなのに浮気をしてしまっては本末転倒です。

今回は、別居中に浮気に発展する原因をご紹介したいと思います。

1.独身気分になっている

正式に離婚をしたわけではないですが、パートナーと離れて一人で暮らしていると、ついつい独身の気持ちになってしまいます。

開放的な気持ちになりパートナーの目もないことから浮気をしてしまい、結果的に不倫状態になります。

しかし別居しているといっても法的にはまだ婚姻関係は継続している状態です。浮気がばれると慰謝料を請求される可能性もあるので注意しましょう。

2.寂しい気持ちを紛らわすため

この理由が一番浮気につながりやすいかと思います。

仕事が終わって家に帰っても誰もおらず、夕飯の支度も家事も掃除もすべて自分で行う…。

このようなことが積み重なってくると最初は解放感にあふれていた生活が一変して、とてつもない寂しさを感じるようになってしまいます。

すでに気持ちが冷めてしまったパートナーと寄りを戻すよりかは、新しい人と付き合って刺激のある毎日を過ごしたいと思い、浮気をしてしまうことがあります。

3.離婚をしたいため

なかなかパートナーが離婚に応じてくれない場合は、離婚をするために浮気をする人もいます。

浮気をしたという既成事実を作ってしまえば離婚もやむを得ない状況になります。

しかし、この場合は慰謝料を請求される可能性が非常に高いので、周りの状況をよく確認する必要があります。

別居中に浮気に発展する原因は上記だけではなく、他にもさまざまな理由があることと思います。

一度温かい家庭を知っている人こそ、寂しさや人恋しさから浮気をしてしまい、取り返しのつかない状況になってしまうことがあります。

別居をすることで関係を修復できそうな場合は、寂しさがあっても浮気をするのはやめた方が良い場合が多いです。しかし別居をして関係が戻りそうにない場合は、早々にこれからの将来のことを考える必要があるでしょう。

本気の不倫と気づく瞬間

現在パートナー以外の相手と付き合っているいわゆる不倫状態にあるが、はじめは遊びのつもりだったのに、いつの間にか本気になっていた…。という経験はありませんか?

今回は、遊びの不倫から本気の不倫だと気づく瞬間の一部をご紹介致します。

1.現在のパートナーに失望した時

既婚の方の場合ですが、現在のパートナーに失望した時に本気の不倫へと変わることが多いようです。

夫婦関係のマンネリから不倫へと発展することが多いですが、この時点ではまだ離婚を考えるほど夫婦関係は冷めきっていないかと思います。

しかし、何らかの事情でパートナーとの未来を考えられなくなった時は、不倫相手との今後を真剣に考えることが多くなるでしょう。

2.不倫相手といるときのほうが落ち着くと感じた時

なんとなく家にいると落ち着かない…。

そのようなきっかけで不倫をすることが多いですが、パートナーといるときよりも不倫相手といるときの方が安心感を得られる場合、本気の不倫かもと気づくことがあります。

3.なりふり構わず不倫相手を優先したいと思った時

家庭があるが壊れてしまっても構わない、またはパートナーと離婚してもいいから不倫相手と一緒にいたい…

と、どんな状況になってしまっても構わないと思うのであれば、本気の不倫であると気づきやすいかと思います。

このような状況の時は、パートナーとやり直して再出発することがかなり難しい状況だと思いますので、これからの将来をどのようにするかを考えていく必要があります。

本来割り切った関係であるはずが割り切られないと感じるのは、パートナーよりも不倫相手に強い愛情を感じている場合がほとんどですので、不倫を続けるのかきちんとけじめをつけるのかを考えていく必要があります。

しかし既婚の方でお子様がいるなら、現在のパートナーと関係を続けていく方が良い場合もあります。

いずれにしても不幸になる人が少ないことが理想ですので、後悔のない決断をするようにしましょう。

不倫相手と別れないために行うこと3選

付き合っている人がいるが不倫の状態…。しかし本気なので別れたくないと思っている人が中にはいらっしゃるかと思います。

世間的には「不倫は良くない、不幸になる」などといわれていて、あまりいい印象はありません。実際に不倫がばれて裁判沙汰になることも珍しくありません。

しかし本当に好きな相手なら別れたくないと思うのが普通だと思います。

今回は不倫相手と別れないために行うことを3つご紹介致します。

1.マンネリ化しないようにする

不倫はパートナーとの関係がマンネリ化しているのが原因であることが多いので、同じくマンネリ状態になってしまうと新鮮さが無くなってしまいます。

そうなると家にいるパートナーとなんら変わりない状況になってしまうので、マンネリにならない努力が必要です。

メイクを変えてみたり、いつもと違う服装をしてみたりと工夫をすることで、マンネリを回避することができます。

2.献身的に支える

不倫相手は家庭で何らかの問題を抱えていることが多く、また仕事の悩みなどもあり精神的に不安定になっている時があるかと思います。

そのような時に側にいて支えてあげることで、「この人だけは離したくない」と思わせることができます。

3.過剰に連絡をしない

寂しい感情からついつい相手へ過剰に連絡をしてしまいがちですが、あまりにも回数が多いと重いと思われてしまうことも少なくないようです。

連絡の回数はほどほどにすることで、相手から連絡が来ることも増えると思います。

また、すぐに返信も求めることも相手からすると連絡が義務に感じてしまうので、即返信は求めないように注意しましょう。

不倫相手と別れないための方法をご紹介しましたが、大事なことは「相手の気持ちになって考える」ということです。

誰だってマンネリ化したり連絡の回数があまりにも多かったりすると負担に感じてしまいますし、辛いときには支えてほしいと思うものです。

相手の気持ちを考えることで、自分が別れの原因を作ってしまうことをほぼ防ぐことができますので、感情的になってしまった時こそ冷静になって、お互いを見つめなおすと良いでしょう。

復縁した不倫相手とのその後は?

不倫をしていて、復縁を果たした人も多いかと思います。

普通の恋愛と比べて不倫はパートナーがいることから、復縁は難しいとされています。しかし復縁をしたカップルがいるのもまた事実ですがその後はどうなったのでしょうか。

今回は不倫相手と復縁したその後について、いくつかご紹介したいと思います。

1.別れてしまった

復縁したけれどまた別れてしまったというパターンです。

不倫状態ということから一度別れてしまい、その後やり直したとしても以前と状況が変わっていなければ同じことの繰り返しになってしまい、また別れてしまうことになります。

復縁をする前に別れた原因を解決し、以前とどのように状況が変わったのか相手に伝えることが重要になります。

2.結婚した

不倫から別れを経験した後、復縁してその後相手と結婚したというパターンです。

この場合は、パートナーだった人ときちんと離婚をしたということから、遊びの関係ではなく本気の不倫だったということが多いです。

一度別れた後に復縁して結婚まで進んでいますので、その後も上手くいっている人が比較的多いようです。

3.現状維持

あまり良くないのがこちらの現状維持のパターンです。

別れる前と同じ不倫状態の継続ということは、パートナーと別れて正式に付き合う気はなく、このままの体の関係でいたいという意思の表れであることが多いです。

真剣にこれからの将来を考えている人には一番辛い状況になります。

いくら相手のことが好きでも、離婚をしない限りはこれ以上の関係になることができないので、不倫相手ときちんと話し合うか、別の人と新しい道を歩むことを考えるべきでしょう。

復縁したあとはまた別れてしまったり、結婚まで進んだり、以前と同じ不倫関係が続く状態などさまざまですが、いずれの選択でもお互いが不幸にならずに幸せになれることが大切です。

とくに重要なのが、これからの2人についての将来を相手がどう考えているのかということです。

まだそのような話をしたことが無い人は、一度相手に問いかけてみるのがいいでしょう。

電話相談できる心理カウンセラーって?恋愛のことも気軽に相談できるサービス

恋愛の悩みは誰にでも相談できるものとは限りません。できれば親身になって相談に乗ってほしい、自宅から電話相談できればリラックスして話せるなどの希望がある方は、電話相談できる心理カウンセラーの利用がおすすめです。

■恋愛の相談に電話相談が最適な理由とは?

恋愛のこととなると、友だちにも言いにくいことはありませんか?本音を話せなかったり、見栄をはってしまったり、素直になれないこともあるはずです。また、対面した相談だと緊張することもあるでしょう。そういったさまざまなケースをクリアできるのが、電話相談です。

電話による相談なら相手が心理カウンセラーでも緊張しにくく、自宅から相談できればリラックスしやすいといえます。また、相手の顔が見えないことから、思っていることをどんどん話せるメリットもあります。さらに心理カウンセラーの言葉も、素直に受け入れられる効果も期待できます。

■心理カウンセラーは男性と女性のどちらがいいの?

電話相談を利用して心理カウンセラーに恋愛の相談をするとき、気になるのは心理カウンセラーの性別ではないでしょうか。話しやすさで決めても良いですが、相談内容によって決めるのがおすすめです。例えば、相手の気持ちを知りたいという相談なら、異性の心理カウンセラー、自分がどうすればいいか知りたいときは同性の心理カウンセラーという風に使い分けましょう。

相手の気持ちを知りたい、相手の心理を探りたいというときは、異性の方が詳しいアドバイスが期待できますね。相手の立場に立った考えを示してもらえるでしょう。反対に、自分がどうすればいいかなどの、自分の行動や気持ちを整理したいときは、同性の方が分かり合える部分が多いです。同じ男として、女としてこうだというアドバイスがあれば、なるほど!と納得することができるでしょう。

■はじめは無料で試せる心理カウンセラーに電話相談するのがおすすめ

恋愛の電話相談は有料サービスがほとんどですが、初めての利用なら無料で試せる心理カウンセラーに相談するのがおすすめです。時間が短いなどの制限があっても、雰囲気や感覚を掴むことができます。上手に使って恋愛を成就させましょう!

不倫相手と一緒になるには?悩み相談は友だちよりも電話相談がべスト

不倫相手に本気になってしまい、どうしても今のパートナーと別れて再婚したい!と思うこともあります。ですが、重大な決断だけに簡単に決めることも難しいでしょう。誰かに相談するなら、秘密厳守の電話相談がベストです。

■女性は育児がひと段落したときに不倫する可能性が高い

電話相談に寄せられる悩み相談の中には、育児がひと段落したころの女性が不倫した、というケースが少なくありません。育児がひと段落したころは、自分の人生を振り返ることや、女性としての自分を見直すことがあります。旦那とは合わないと感じることも多いのです。

育児や自分のことに関心が薄い旦那よりも、何かと気遣い一人の女性として扱ってくれる不倫相手の方が、居心地が良いのは当然のことです。単純に今日もおつかれさまとひと言、声をかけられるだけでも全く違うため、どんどん不倫相手にのめり込む傾向もあります。

■今の旦那と離婚して不倫相手と再婚するにはどうしたらいいのか

居心地が良いところに居たい、そう思うのは誰でも同じです。ですが、子どもがいる主婦が実際にそれを実行してしまうと、場合によっては慰謝料を請求されてしまうかもしれません。そのため、即決するような進め方ではなく、冷静になって不倫相手への思い、今の旦那への思い、別れたときのこと、子どもへの影響など良く考えることが必要です。

同じ部屋にいて会話もない、子どもの具合が悪くても気にする様子もないような旦那なら、それを理由に離婚するのが良いでしょう。ですが、不倫相手のことは絶対にバレないようにしてください。揚げ足を取られてしまえば立場が逆転するからです。

そのほかのことでも離婚の理由にふさわしいことがあれば、記録と証拠をできる限り保管しておいてください。小さなことでも積み重なれば必ずや力になります。

■不倫は人にいいにくい!でも電話による悩み相談なら適格なアドバイスがもらえる

不倫の相談は誰にでもいいにくいものですが、電話による悩み相談なら第三者の立場でのアドバイスがもらえます。もちろん、秘密は厳守され、顔を合わせるようなこともありません。人生がかかっている大切なことだけに、一人で突っ走るのではなく一度は相談して、じっくり結論を出すと良いでしょう。

別居中に浮気しているのが発覚。慰謝料は取れる?

もし結婚相手が別居中に浮気をしていることが分かったら、どうしますか?おそらくほとんどの人は失望し、離婚を考えるようになるでしょう。ただ、それは珍しいケースではありません。そして必ず問題になるのが慰謝料です。こういったケースでは慰謝料は取れるのでしょうか。

<なぜ別居しているのかによる>

別居という言葉を聞くと、少しネガティブなイメージを浮かべるかもしれません。

ただ、中には仕方なく別居している家庭もいます。例えば、仕事の関係上、お互い一緒に住むことができず、別々に住んでいる夫婦もいます。病気などの影響で、誰かと一緒に生活することが難しく、別居しているところもあるようです。

とはいえ、別居中の人の多くは、不仲であったり、生活が合わない、価値観が合わないなどによる別居がほとんどです。いわば離婚する一歩手前の状況でありますが、離婚するにはまだ早いと考えたり、子供のことでタイミングを見計らっていることもあります。

浮気が発覚したことで慰謝料が取れるかどうかは、なぜ別居しているかどうかが重要になります。

<夫婦関係が破綻しているかどうか>

もし仕方なく別居している中での浮気の発覚であれば、どうなのでしょうか。これは夫婦関係は成立しており、その上で浮気をしたわけですから、相手を傷つけ手しまった事には間違いありません。

よって、仮に浮気が原因で離婚してしまった場合、慰謝料を請求することができます。そして慰謝料が認められる可能性が高いです。

しかし、一方でお互いの問題で別居している場合は別です。

これは、夫婦関係はもはや成立していないと判断されるため、仮に浮気をしてしまっても、それが原因で離婚したとは認めにくくなります。よって、慰謝料を請求したとしても、認められない可能性が高いのです。

別れさせ屋に相談に来るケースでも、別居中の相手に浮気をさせて慰謝料を取りたいという依頼がくることもあります。

仮に別れさせ工作により浮気をさせることに成功したとしても、家庭裁判では慰謝料の請求が認められるかどうかはまた別の問題となります。その点を考慮し、工作をするかどうかを判断しなければなりません。