別居中の浮気は不貞行為となるのか

夫婦の間で別居しているところもあります。お互いに事情があり、別々のところで生活しているのですが、もしその状態でどちらかが浮気をした場合、それは不貞行為に該当するのでしょうか。

■不貞行為とは

実は、法的な用語の中には、不倫や浮気という言葉はなく、不貞行為と表現されます。

恋愛感情の有り無しはさほど関係なく、あくまで結婚相手以外と性的な関係を持つことを示します。

それは、例え相手が恋人でなくても、性風俗の人であっても関係ありません。結婚相手以外の異性と関係を持った時点で、不貞行為となります。

よく、どこからが浮気でどこまでが許せるという話をすることもあると思います。

手を繋いだら、一緒に二人で食事をしたら、などもあると思いますが、それだけでは該当しないというのが、法的な見解となるのです。

■別居中の浮気とは

つまり別居している相手が浮気をしたということは、法的な見解から言えば、肉体関係を持っているということになります。

もし誰かとデートに行くことや、一緒にご飯を食べに行っただけでは該当しません。

だから、もし別居中の浮気が原因で離婚することになり、離婚調停などを裁判したとしても、肉体関係があったことを証明できないと、不貞行為とはみなされません。

■慰謝料は請求できる?

では、相手に不貞行為があり離婚した場合、慰謝料は請求できるのでしょうか。

これは別居をしている理由によります。

夫婦間の関係が悪く別居することになったのであれば、慰謝料請求が難しくなります。

ただ、別居は単身赴任など仕事上の理由によるもので、夫婦仲は悪くなかったのであれば、不貞行為が離婚の原因とみなされ、慰謝料請求ができる可能性もあるようです。

■まとめ

別居中の浮気を理由に慰謝料を請求したい場合には、肉体関係があった証拠を掴んでおくことが必要になりそうです。

しかし、別居の理由によっては、不貞行為があり離婚となったとしても、慰謝料請求までは難しくなるようです。

夫が不倫に本気にならないように妻ができることは?

夫が不倫しているかもしれない、そう勘づく奥様もいるでしょう。

でも確たる証拠もないのに本人に直接問いただすことは難しいですし、もし相手が逆切れして別れると言われるのも怖いです。

夫が本気になる前に、妻の立場でできることは何があるのでしょうか。

■夫が不倫をするようになった原因を考える

夫が不倫をするようになったのは、なぜなのか、その原因を考えることが大切です。もちろん必ずしも家庭に問題があるわけではありません。

夫の身勝手で不倫していることもあるでしょう。ただ、中には家庭に不満があったり、居場所がなくなって、不倫に走ってしまったという男性も少なくありません。

今一度、夫が家に居て居心地がよいという家庭になっているか、夫の話を聞いてあげているのか、など振り返ってみることも大切です。

冷静になり夫の表情などを観察することで、家庭のどこに不満を感じているのか、満たされていないのかを感じることができます。

そして、家に居たくなるような家庭に徐々にしていくことを始めます。また性生活に応じていないなど、自分自身で拒んでいることがあれば、それも解消するとよいでしょう。

家庭に満足感を感じるようになれば、夫もわざわざリスクを冒してまで不倫しなくなります。

■別れさせ屋に相談する

自分一人で悩んでいても解決は難しいです。かといって、身近な人に相談もしにくいです。

そんな時は別れさせ屋に相談するのも一つの手です。別れさせ屋に相談すると、まず不倫しているかどうか調査をしてくれます。もし本当に不倫していたら、夫と不倫相手を別れさせるための工作を行います。

そして工作員などを使い、無事に別れせることができたら、自然と家庭に戻ってくるでしょう。

別れさせ屋は相談にも乗ってくれますので、別れた後どうすれば夫が再度不倫しなくなるのかアドバイスをくれたりもします。

■まとめ

不倫関係がいつまでも続いてしまうと、自然と夫の気持ちも不倫相手になびいてしまい、取戻しがつかなくなるかもしれません。

もし少しでも夫が不倫しているかもと感じたら、まずは原因を考え、早めに対策を採るようにしましょう。

不倫している人が別れようと思う瞬間は?

不倫している人は、その時は楽しいかもしれませんが、ふとした時に別れなければ、と思う瞬間があるようです。

不倫関係をいつまでも続けるわけにはいけないため、遅かれ早かれ別れる人も多いでしょう。では、どんな瞬間に別れようと思うのでしょうか。

■家族に対して罪悪感が芽生えた時

最も多いのが、家族に対して罪悪感が芽生えた時です。奥さんや旦那さんに対し、申し訳ないと感じてしまうことや、子供に対して自分が行っていることの罪悪感を覚える瞬間があります。

特に、家族から優しくされる、家族で何かを楽しんでいる時などは、その傾向が強くなります。

最終的に大切なのは家族であり、自分が愛しているのも家族であることを思い出します。そうすると、徐々に自責の念が強くなり、罪悪感から不倫相手と別れなければと思うようになります。

夫婦関係や家族関係が冷え切っている家庭では、不倫していることに罪悪感が芽生えることはないでしょう。

ただ家族関係が良好な時や、お子様が小さいと、どうしても後ろめたさはなくなりません。

日々隠し事をして生活することに息苦しさを感じ、別れようと思うようになります。

■ばれそうになった時

自分の不倫が周囲にばれそうになった時、ばれる前に別れようと思う人も多いです。

特に女性は勘がするどいので、少しでも不自然なことがあれば、不倫を疑われてしまいます。

ばれたら、離婚を求められる、慰謝料を請求されるなど、最悪な事態になるため、そうなる前に別れようと決心します。

また、会社の人にばれそうになる時もあります。会社の人にばれると、自分自身も居づらくこともありますし、上司や女性社員からの評判も悪くなります。

場合によっては、家族に密告される可能性もあります。とにかく、周囲に少しでもばれそうになったら、不倫が発覚する前に別れてしまうと考える人は多いようです。

また、相手がなかなか別れてくれない時に、別れさせ屋に依頼して、上手く別れようと画策する人もいます。

■まとめ

不倫している人であっても、家族の人が大切であることには変わりありません。家族に対して罪悪感が芽生えた瞬間や、家族や周囲の人にばれそうになった時に、別れることを決心します。

不倫関係を復縁するのに大切なのはタイミング!?

不倫相手ともう一度やり直したい、復縁したい人は、どうすればよいのでしょうか。

一度別れてしまった相手、しかもまた不倫関係を求めるのは自分勝手な気もします。でも、上手くやればそんな自分にとって都合の良い関係も復縁できるかもしれません。それは全てタイミング次第なのです。

■相手の心が揺らぐタイミングが大切

復縁したいのであれば、まずは相手との距離感を大切にしましょう。別れてすぐに連絡してもあまり効果的ではありません。

相手がふと寂しくなっていたり、思い出していたり、恋しがっているようなタイミングを見計らって連絡をするのがベストです。相手の心が揺らぐ状態であれば、復縁は俄然成功しやすくなります。

期間としては、最低半年は空け、その間は一度も連絡をしません。

そしてふとしたタイミングで軽い感じで連絡をします。

例えば、昔の思い出の写真や品を見て思い出したから連絡してみた、などちょっとしたきっかけで連絡したということを伝えます。

そして、お互いに楽しかった時の思い出を思い出し、相手も少しずつ揺らいできたタイミングで、また会いたいと伝えるのが効果的です。

ここで大切なのは、焦らないことです。情熱的に会いたいと伝えてしまったり、やっぱりあなたじゃなきゃダメなど言うのは逆効果です。

あくまで軽い感じで会いたくなったと伝えることで、まずは会うためのハードルが低くなります。

■会ったときは素直な気持ちを告げる

復縁するためには、まず会うことが重要です。

再会してしまえば、あとは復縁までとんとん拍子で進んでいくことは間違いありません。

だから、会った時には、素直に会いたかったことや、もう一度やり直したいという気持ちをストレートに伝えることが大切です。

変に駆け引きする必要はありません。お互いに時間を空けてから再会しているので、同じ気持ちでいることに間違いないからです。

■まとめ

不倫関係は、一度切れてしまうと、なかなか復縁するのは難しいです。

ただ、本当にもう一度やり直したいと思うのであれば、焦らずにじっくり時間をかけて相手との距離を縮めていくことが大切です。