子供の結婚に対し、親が別れさせ屋を依頼したら

大切な子供がいよいよ結婚するとなると、覚悟を決めなければならないのは親御さんです。いよいよ自分の手を離れて別の家庭を持つようになるのですから、嬉しい反面、とても寂しいでしょう。時に、結婚そのものに対して反対してしまう親もいます。その判断が間違っているかどうかは置いておきますが、行き過ぎてしまった場合、別れさせ屋に依頼してしまう親もいるのです。

<子供の結婚はどこまでの許しが必要か>そもそも子供が結婚する時には、どこまで許しをもらう必要があるのでしょうか。もちろん相手方のご両親の許可は必要となるでしょう。ただ、仮に反対されたとしても、本人たちの意志が強いのであれば、最終的にはその意思を尊重しなければなりません。もちろんほとんどの人がそう思っているとは思いますが、時に親の立場になるとそうも言っていられないこともあります。どれだけいっても結婚を止められない、そんな時に別れさせ屋に駆け込んでくることになります。

<別れさせ屋は不可能でなければ断らない>別れさせ屋は、相談された依頼に関しては、よほど成功する可能性が低くない限り、ほとんど受けております。つまり、明らかに親の子供への過剰な介入であったとしても、断ることはしないのです。依頼が成功する可能性がある、そして料金をしっかりと支払えさえすれば、親の一方的な願いで、子供を別れさせることができてしまうということです。つまり、その依頼が成功してしまった場合に、子供にとってよい結果となるのか、それとも悪い結果となるのか、その責任は依頼人が背負わなければなりません。安易に自分の感情のみで決めてしまうのは非常に危険です。別れさせ屋に相談して決めるのもよいですし、一度冷静に考えてみることをおすすめいたします。子供も、成人して結婚する時がやがて訪れます。その時に、どれだけ子供の意思を尊重してあげるのかが大切になります。もちろん、明らかに誤った結婚であれば反対しなければなりませんし、そうでなければ、祝福してあげなければなりません。感情一つで別れさせ屋に依頼してしまうことのないようにしましょう。

別れさせ屋で別れた後の子供への対応

別れさせ屋を利用する時、考えておきたいのが子供の有無です。別れたいのに別れられない方はもちろん、第三者を別れさせたい時などにも、子供の対応については考えておいた方が良いですよね。もし結婚していて、子供の親権をどうするのかという話となれば、裁判になることなども避けられないかもしれません。子供がいる方は、別れさせ屋の利用の前に考えておくことも多々ありますよ。

■どちらが引き取るのか考える子供に関しては、まずはどちらが引き取るのかを考える必要があります。当然、別れさせ屋を利用するのですから、本人が受け取るか相手が受け取るか、考えている人も多いはずです。裁判などでは、母親が親権を獲得できる可能性も高いです。子供の親権も欲しいという方は、その点をどのように対応するのか考えておきたいですよね。男性も女性も子供を引き取りたいという場合は、裁判で決めることが一般的です。

■養育費を出せるかどうか考える相手と別れる場合は、子供を自分が育てることになることもありますよね。その場合、養育費などをどうするのか考えておく必要があります。別れさせ屋は、あくまで別れるところまで手伝ってくれるものの、それ以降のことに関しては、手に負えないということも多いです。特に養育費関連の問題に関しては、専門の弁護士事務所などに相談するのが良いはずです。自分と相手の収入を考えてみて、子供をどうするのが幸せなのかを、しっかりと考えておくことが重要となりますね。

■DVなどの場合は離れるのが正解DV夫やDV妻などが近年急増していることもあり、子供がいる家庭の中には、それが理由で離婚を考えている方もいます。当然、暴力を振るう方に子供を渡すワケには行きません。そういう場合にも、別れさせ屋を活用して、上手に別れることを選択していきましょう。相手によっては暴力によって訴えてくることもあるので、それに屈しないことが重要となりますね。別れさせ屋は、あくまで自然に別れられるように手伝ってくれるので、それを活用すれば、DVする相手とも決別することができます。上手に相手と距離を置く方法を考えましょう。

子供を別れさせるには

子供が成長する過程で、必ず訪れてくるのが恋愛問題です。いろんな相手とお付き合いをしてみて、自分に見合うパートナーを見つけてくれれば良いのですが、相手を間違えてしまうと、人生まで破滅してしまうこともあります。

■付き合う相手によって人生が変わる子どもに限らず、どんな人でもそうかもしれませんが、付き合う相手を間違えると、自分の人生までもがめちゃくちゃになってしまうこともあります。恋愛にのめり込んでしまうと、相手の悪い部分は見えなくなってしまうもので、全て相手の言いなりになってしまうこともあります。

本当に自分のことを好きな相手なら、自分をおとしいれるようなことはしないものですが、恋愛中はなかなかそれに気づくことができません。また、自分と育ってきた環境や生活習慣などがあまりにも異なりすぎると、たとえ結婚したとしても、幸せな結婚生活を送るのは難しいと言えます。何度も恋愛経験を積んでいくうちに気付くものですが、子どものうちは、それが理解できず、愛だけで乗り越えられると真剣に考えてしまうものです。

価値観の相違というのは、時に人格否定にまでつながることがあるということに、まだ気づいていないのです。

■自分で納得させることもしも自分の子どもが、そういった相手と付き合っていた場合、できれば別れてほしいと願うものです。子どもの幸せを思う親なら、誰でもそうではないでしょうか。しかし、恋愛真っ最中の子どもに告げたところで、まともに聞く耳は持っていません。悪い相手と付き合っているならば、親のことも考えずに、相手の元へ走ってしまうかもしれません。子どもを冷静にさせるには、自分たちから叱るより、相手の嫌な部分を見せるのが一番と思われます。

自ら頭を覚めさせないと、無理やり引き離したとしても、また一緒になってしまいます。自分たちでは手におえないというときは、別れさせ屋にご相談してみることをおすすめします。別れさせ屋に上手な別れ方をしてもらうことで、子どもも納得した別れ方ができることもあります。自分自身で別れを決めさせるのが、今後の結婚相手を探すときにも役立つのではないでしょうか。

便利に使える“別れさせ屋”は子供にもバレないのがポイント

結婚して子供もいるけれど、どうしても別れたいという時もありますよね。それぞれの状況によって違ってくるので、一概に離婚が悪いことだとは言いません。むしろ生活環境によっては、離婚した方が正解の場合もあります。日本ではカップルの3組に1組が、何らかの理由で別れを選択しています。つまり、別れること自体は特別なことではないのです。その理由はさまざまです。

中にはDVに悩まされている方もいます。DVというのは別れを告げようとすると暴力を振るわれるため、別れたくても別れられないという状況になってしまうことも多いです。その他、逆に泣き落としされてしまって、なかなか前に進めなくなっているという方もいるかもしれませんね。はたまた、子供がいることによって別れることができなくなっている方もいます。実に千差万別の状況となっており、何が正解かというのもはっきりとは言えません。

しかし、そんな中便利に使うことができるサービスとして、別れさせ屋というのが注目されているのをご存じでしょうか。いろいろな状況で別れたくても別れられないという方をサポートするもので、実際正式に別れられたという方も多いです。別れたくても別れられない事情があり困っている方は、プロの力を使ってみるのも良いかもしれませんね。もちろん相談者だけの内密なやり取りとなるので、他の人にバレるということはありません。

できることならことを大袈裟にしたくないという方も多いため、プロのその点は配慮してくれるようになっています。使い方によってはとても便利なので、どうしても別れたいという時には使ってみましょう。方法としては、合理的かつ納得がいく形で別れられるように演出してくれます。気軽に相談にも乗ってくれるので、カウンセリングという意味でもまずは相談してみると良いかもしれません。世の中には、別れたくても別れられなくて、深く悩んでいる方がいます。そういった方を救うのが、別れさせ屋の仕事です。

極力穏便に済ませられるように対応してくれるので、安心して利用できますね。

いつまで経っても子供は子供

親は人生経験も長いですし、様々な人の出会いを通じて若い人よりも人を見極める力があるものです。自分が大切に育ててきた息子や娘がとんでもない人と付き合って、しかも結婚したいと言ってきたら親としてはいても立ってもいられないでしょう。

「恋は盲目」というようにどれだけ説得しても頑として別れない場合もありますし、無理やり別れさせようとしても駆け落ちしてしまってどうすることもできないこともあります。また娘を持つ親は娘が暴力を振るわれていることに気づく場合がありますが、ドメスティック・バイオレンスの被害に遭っている女性は、とかくその事実を隠したがるものです。

本人に言っても別れたがらない、でもこのままでは自分の子供の将来が心配だ。そんな親が駆け込むのが別れさせ屋といってもいいでしょう。もちろん恋愛は自由ですし、それぞれ誰と一緒にいるかを決めることはできますが、常に正しい選択ができるわけではありません。

付き合っていくうちにどんな人となりなのか、また意見の衝突などで自然消滅してくれれば問題ありませんが、深入りすればするほど上も出てきて別れにくくなっていきます。そこで対象者、もしくは対象者の恋人や配偶者に自然な形で近づいて関係を終わらせるように仕向けるのが、別れさせ屋なのです。性別にかかわりなく単に別れさせるということが目的であれば、ほとんどの場合工作員を用いてときめきのある出会いを演出し、恋心を抱かせることで対象者から離れさせるようにします。

もちろん肉体関係を持つことは売春行為などに匹敵してしまう場合があるので、大抵の事務所は他の方法で気持ちを惹きつけるようにするようです。またDVを受けている場合は暴力の証拠などを手に入れ、警察に突き出すということもできます。大人と言っても親にとっては大事な子供。一緒にいるパートナーも賢く選んでほしいという思いが別れさせ屋に足を運ぶという行動につながっているのでしょう。

親の不倫を辞めさせたい子ども

例えば、親のうちのどちらか(多くは父親の方かもしれません)が不倫をしてしまった。パートナーもそれに気づいており、なんとかしたいと思っている。でも、頭が上がらない・大人しい性格だからガツンと言えないと言った理由などで、なかなか不倫を辞めさせることができない……。

そんな良心の様を見ていて、なんとかしたいと思うのは子どもとしては自然なことでしょう。この場合、子どもと言っても自立した一人の立派な社会人です。やろうと思えば、その不倫を辞めさせるための策を講じることは、経済的にも経験的にも可能です。

その際の選択肢としてあるのが、別れさせ屋に依頼をするという道。親の不倫をなんとかしたいというときには、既成事実などを工作して、関係に一区切りをつける方が良い場合もあります。この依頼にも色々な希望があると言えます。

どちらかが不倫をしている、という問題を解消したいのであれば、大抵の場合、その依頼は不倫された側の親の希望に沿う場合が多いと言えます。様々な工作によって不倫を解消させるというのはもちろんなのですが、そのあとで離婚がしたいのか、それとも関係を修復させたいのか。

この辺りは工作員のさじ加減というよりは、依頼者側の、依頼する段階での希望によっても変化してくるでしょう。単純に、不倫した親に愛想が尽きたと言うのなら、できるだけ穏便な離縁を望むでしょうし、それが一時の感情によるものであったのなら、離縁した後での関係修復に努めたいという依頼にもなるでしょう。

いずれにしても、依頼の際には「不倫解消の後に、関係をどのようにしたいのか」というゴール設定をしっかりさせておく必要はあるでしょう。この辺りは子どもの側と不倫をされた側との間できちんと合意をとって、依頼者としての希望がぶれないように方針を固めることが必要です。

依頼者と当事者が違う人物である以上、そのあたりにギャップが生じないよう、依頼前にきちんとした話し合いを行うことは重要です。特に離縁したいという依頼をする場合には、工作が成功した後では取り返しがつきませんから、熟慮したうえでの依頼を心がけていきたいところです。

「子供の生き方にどれだけ介入すべきか」

子を持つ親であれば、常に悩みの種となるのが、子供の生き方にどれだけ親が介入してよいものなのか、ということではないでしょうか。まだ小さい内であれば、正しい道を教えてあげて、全うな生き方ができるように教育することは当然です。

でもある程度は分別ができる年齢になってからは、子供の意思を尊重しなければならない場面もでてきます。その代表的なものが恋愛です。誰を好きになって、誰と付き合っていくか、こればかりはその人の判断が尊重されます。

いくら親であっても、あの人と付き合いなさい、あの人とは別れなさい、などと言うことはできないでしょう。ただ、もし誰が見ても悪い人と付き合ってしまったら、みなさんはどうされますか?おそらく遠まわしに説得することぐらいしかできないと思います。

でも恋は盲目となりやすいため、言う事を素直に聞けません。そこで最終手段として利用を検討するのが、別れさせ屋の存在です。別れさせ屋の仕事は、とある夫婦やカップルを、横から介入し何かしらの工作をすることで別れさせることです。それは、何も当事者からの依頼に限りません。

時には、知人や会社関係者、そして当然親御さんからも依頼を受けることがあるのです。ただ、本当に良識的な方であれば、利用することに心を痛めることでしょう。冒頭にも書きましたが、自分の子にどこまで介入すべきかどうかは判断が難しいところです。しかしこれは完全な介入です。

もしその結果、その子のためになればよいのですが、本当に良い方向に転がるかなどは、誰にも分かりません。実際に別れさせ屋を利用したことがある親の立場の方は、本当に悩みに悩まれた方が多いはずです。ただ、それだけ親が子を思う気持ちも、同時にはかなく愛おしいものであります。

恋愛は自由だと言います。しかしその相手があまり好ましい人ではないこともあります。そんな時、周りの人はそのまま突き進むことに心配しますし、アドバイスも送りたくもなるでしょう。ましてや親の立場であれば、それは顕著に表れます。親が願うのは、いつだって子の幸せです。

別れさせることが本当に幸せにつながるのかどうか十分に見極めなければなりません。

親権の譲渡までを別れさせ屋に依頼する

別れさせ屋に来る依頼の中で争点の一つになるのが子供の親権です。相談をして、依頼内容とその目標をある程度固めていく中で、「子供の親権をどうするか」「その処遇のフォローまでを別れさせ屋に依頼するのか」というのが論点になるわけです。

離婚まで成立すればあとは自分で、という方もいるかもしれませんが、子供がいる方が別れさせ屋に依頼をするばあい、その点を気にしないという方もいるでしょう。また、自分自身が不倫相手で、相手の正式なパートナーとの関係を別れさせたい、という場合にもその点は重要になってきます。子供がきっかけになって依頼をする場合もあるからです。

基本的には、依頼者である自分が親権を持ちたい、と思う人が多いと言えます。中には、相手に親権を預けるように別れさせ工作をしたい(再婚する際の障害になる可能性があるため)という方もいます。

ですが、依頼者と違い、そのパートナーには浮気癖や経済力と言った問題を抱えている場合が多いわけですから、「そんな人に任せるくらいなら」と思う場合の方が一般的です。また、そんなパートナーから自分の子供を守りたいという一心から依頼を決心する場合もあるでしょう。

親権をどちらにゆだねる方がよいのか、というのはモラルの問題もあり、一概には言えませんが、基本的には別れさせ屋では依頼者の希望を尊重した工作をします。もし親権の譲渡まで視野に入れた工作が希望なのであれば、相手方の気持ちが依頼者だけではなく子供の方からも離れるように工作をしていくわけです。

調停になると法律の問題となり、業者では対処しづらくもなりますから、基本的には「調停する必要をなくす」、つまり相手が親権を持ちたいと言う意欲がなくなるように働きかけるという形が理想的です。多少費用がかさむかもしれませんが、離婚を円満に進めて行きたいのであれば、親権の譲渡は必ずぶつかる壁です。

もめれば心が傷つき、後まで尾を引く可能性もありますから、不安が残るようなら、あるいはそこに強いこだわりがあるのであれば、その点も含めた相談をする方が賢明です。