配偶者よりも不倫相手が憎い

何かしらの理由で誰かと誰かを別れさせたいと思うことがあるでしょう。しかしもしも配偶者が浮気をしていると発覚した場合、妻、つまり女性の場合夫に対する怒りよりも相手の女性に対する憎しみが強くなるようです。どこの誰か、またどうやって夫を誘惑したのかなど、どんどん頭のなかで嫉妬心や憎しみが大きくなっていきます。

自分でどうにか配偶者の不倫関係を終わらせようとして、浮気をしていることを白状させるために泣いたり、怒鳴ったり、実家に帰ったり、もしくは脅迫する人もいます。もしくは不倫している現場に乗り込んだり、会社に行って不倫をしている事実をばらまいて社会的に失脚させようと試みることもあるようです。

しかし、そのような方法をとったとしても配偶者からの信頼は勝ち取ることはできませんし、ましてや愛情が復活するとは限りません。どうにかして自然の流れで配偶者が浮気をやめてくれるようにしたければ、やはり素人の知恵だけでは限界があります。やはり上手に別れさせるためには、別れさせ屋に依頼するのが一番と言えるでしょう。

自分の力ではどこでどのように2人が出会ったのか、どれくらいの関係の深さなのか、またこれから2人の関係をどのようにしていこうと思っているのかを知ることはできません。その代わり別れさせ屋は数人の工作員を用いて自然の仕方で配偶者、もしくは不倫相手に近づきます。

より親しくなることで不倫関係を持っていることを話させれば、あとは質問を巧みに用いて様々な情報を引き出すことができるでしょう。別れさせるためには情報量が肝心になってきます。浮気をされている方としては1日でも早く関係を断ち切ってほしいと焦りの気持ちが出るかもしれませんが、そこはプロに任せて冷静に状況を見計らって行くことが大事になってきます。

別れさせ屋と綿密な計画をし、同時に定期的に情報交換をしていくならば、自然な形で不倫関係を終わらせることができる確率も高くなってきます。

Posted in aite.