「別れさせ屋」の工作成功率

「別れさせ屋」へ依頼を考えた人や興味がある人にとって、その内容や料金と同じくらい気になるのが「成功率」です。ネット上では高い成功率を明記している会社も少なくありません。もちろん、会社によっては信ぴょう性のない数字を並べている会社もあります。その数字が真実だったとしても、「成功率」99%だとしたら、その反対の「失敗率」1%だということです。いくら、99%の成功率でも、自分が反対の1%に入ってしまっては、その人にとってはその数字は意味がありません。 そもそも「別れさせ屋」にとって失敗とは?「別れさせ屋」にとっての「成功」とは依頼者の依頼を完遂したときです。もちろん「別れさせ屋」にとっては「別れさせること」です。そして、「失敗」とは「別れさせること」が出来なかったことです。しかし、「別れさせることが出来なかった」=「工作の失敗」と単純に言ってしまうことはできません。「別れさせ屋」の「失敗」の理由は、依頼者からの希望、金銭的な問題、対象者に「別れさせ屋」に依頼していることが発覚、などがあります。

工作時に問題発生!
もちろん、工作の途中に予期せぬ問題が起きることがあります。しかし、「別れさせ屋」では、その為にさまざまな事態を想定した、いくつものシナリオを用意してあります。極端なケース以外では、そのシナリオの中から最良な方法を常に提示し、その事態に臨機応変に対応していきます。言い換えれば、成功するために、常に状況を分析し工作しているので、「別れさせ屋」から「失敗しました」というケースはあまりありません。 成功率を上げる一番の方法そういった、さまざまな事態を想定している「別れさせ屋」でも、結果として工作が上手くいかない時があります。その理由は、依頼者との「信頼関係」です。「別れさせ屋」では、依頼者のヒアリングから全てが始まります。その時、依頼者と「別れさせ屋」の間で信頼関係が築くことができなかったら、依頼者から本音や真実を聞き出せなくなり、正しい判断が出来ないことがあります。その結果、最良の方法を見いだせなくなり、工作が上手く行かなくなるのです。「成功率」は高いことに越したことはありません。しかし、その数字だけに目を向けるのではなく、信頼できる「別れさせ屋」を見つける事が、実は「成功率」を上げる一番の方法なのです。

Posted in seikouritu.