子供の心配親知らず

最近では高齢者向けの結婚相談所があったり、お見合いパーティーがあったりなど歳を重ねても恋愛に関して積極的な姿勢が見受けられます。しかし子どもとしては自分の親がどんな人と付き合っているのか心配になります。またよくあるケースとして子供が親の不倫に気づいてもう片方が気づく前に、不倫をやめさせたいと思うようです。

もちろん別れさせ屋に依頼すれば、自分で行うよりもずっと別れさせる確率は上がりますが、当然それなりの費用がかかるため社会人である子供のみ依頼することができます。まずは別れさせる理由が再婚なのか、不倫なのかを知る必要があります。

再婚相手候補の何が気に入らなくて別れさせたいのかなど、子供の心情を知るとともに、現在どのような関係でいるのか、付き合っている人がどういうつもりで交際を続けているのかをまずは調査します。遺産目当てやその他の利己的な理由で結婚しようと思っているのであれば、できるだけ早く関係を終わらせ利用に働き掛ける必要があります。

別れさせ屋のみに頼るのではなく、もしも遺産目当てや結婚詐欺を疑うのであれば、貯金通帳やはんこなどは子供が管理するようにするほうが良いでしょう。また不倫の場合には、どこでいつ会っているのか、またどれくらいの期間関係をつづけているのかなど調査することで工作案を考え出します。

もちろん内密に事を進めて他の家族に知られたくないと思うのが、依頼してきた子供の心情のはずですので、バレないということは必須です。ただし夫婦の問題や人の心情は第三者からわからないことがたくさんあるため、単に別れさせることで問題は解決するのかといえばそうではありません。

別れさせ屋が仕事を成功させたのちに、子供と親がしっかりと話し合って家族として再生することに両者努めなければ、相手を変え同じことを繰り返すことにもなってしまいます。ただし問題となっている交際をやめさせるということで問題は半減するといえるかもしれません。

Posted in parent.