友人からの恋愛相談。アドバイスを求められたらどうしたらいいの?

恋愛をしていると、楽しい反面、多かれ少なかれ悩みが出てくるものです。

友人から恋愛相談のアドバイスを求められた経験がある方もいるかもしれません。

そんな時、どんなことに気を付けて話をしてあげれば良いのでしょうか。

■恋愛相談の主役は相手であることを忘れない

恋愛についてアドバイスを求められると、つい自分の体験や考えを話し出してしまいがちですが、まずは話を聞いてあげましょう。

相手はアドバイスが欲しいと言いながらも、自分の話を聞いてほしい、または共感してほしいだけの場合もあります。

自分の体験談や意見を聞かせてばかりでは、相手に合った解決法となりません。

常に恋愛相談をしているのは、相手であって、自分はあくまでサポート役であることを忘れないようにしましょう。

■聞き上手になること

話を聞いてあげる時も、注意が必要です。

ただ頷くだけでは「本当に聞いているの?」「適当に流されている。」となりかねません。

相槌をうったり、短く返事をしたりしながら、親身になって聞いてあげましょう。

所々、相手の言ったことを繰り返し言ってあげる、オウム返しをすると、話をちゃんと聞いてくれていると感じてもらえるはずです。

途中で気になる事があれば、「それは、こういう意味?」のように、話の内容について確認し、適度に要約しても構いません。

まずは、じっくりと話を聞いてあげてください。

そして、相手がアドバイスを求め出したら、自分の体験談を交えながら、相手の立場になって、少しずつ話をしてあげると良いですね。

■必ずしもアドバイスで解決する必要はない

恋愛相談において、アドバイスを求められたとしても、最終的に決断をするのは相手です。

あくまで相談であって、解決策を教えてほしいのではない場合が多いはずです。

アドバイスをすることで、解決できればそれは素晴らしいことですが、必ずしも解決まで導く必要はありません。

相手の方は、話を聞いてもらえるだけで、気持ちが落ち着くこともあるので、無理に解決策を考えなくても良いのです。

恋愛相談は、相手の方へアドバイスをすることよりも、話を聞いてもらって気持ちが楽になってもらえることの方が大切です。

あなたに話して良かったと思ってもらえる様に、穏やかな表情で、ゆっくり話を聞いてあげてくださいね。

Posted in lafabe.