不倫で離婚危機になったら?再び信頼を得るための方法

不倫がばれてパートナーに「離婚して」といわれたら、パニックなるのも当然です。

しかし、不倫はパートナーにとって裏切り行為でしかありません。

不倫による離婚を回避するには、なにをしなければならないのかその方法をご紹介します。

■不倫がばれて離婚という言葉が出たら誠意ある態度を示す

不倫がばれて「離婚」という言葉がパートナーから出てきたら、状況はかなり悪いです。

許してもらうには、誠意ある態度を真剣に示さなければなりません。

それでも絶対にパートナーが許してくれるとは限らないですが、対処しなければ離婚へ直行です。

最初にしておきたいのは、不倫相手との関係を完全に断ち切ることです。

「不倫をしてしまったのは相手にも原因がある」という考えを捨てましょう。

パートナーにとって言い訳にしか聞こえません。

「誠意ある態度」を示し、真剣に謝罪することが重要です。

■不倫で離婚を回避したいなら隠し事をしない

「もうしない」と言葉で一生懸命いっても、一度生まれた亀裂は簡単に戻らないものです。

言葉だけではなく「行動で示さなければなりません」

生活全般の個人情報」やどんな人と付き合っているのかも伝えましょう。

出かけるなら「いつ」「どこに」「誰と会うか」「帰宅は何時になるか」報告してください。

スマホの暗証番号やメールも公開するぐらいのことはしなければなりません。

プライバシーはなくなりますが、信頼を得るには最低限必要です。

■感謝や愛情を伝えて信頼を再構築する

パートナーに対し、感謝や愛情を伝えて再び信頼を得るしかありません。

パートナーは子供のことや家族のことを最優先に考え、離婚を取りやめる可能性はあります。

だからといって、不倫を完全になかったことにはできません。

感情を抑えているだけですから、不快なことがあれば、確実に愛情は冷めます。

結果、子供が成人したら熟年離婚という可能性も出てくるのです。

「プライド」「恥ずかしい」という想いを捨てて心から謝罪し、パートナーに対し感謝や愛情をしっかり伝えましょう。

不倫による離婚は、心からの謝罪と、信頼を再び得るための誠実さが必要です。

どう謝ればいいか、感謝や愛情を効果的に伝えるにはどうすればいいか悩めば、恋愛電話相談などでアドバイスを聞いてみてください。

恋愛のプロである担当者が力になってくれます。

Posted in lafabe.