別居中の浮気は不貞行為となるのか

夫婦の間で別居しているところもあります。お互いに事情があり、別々のところで生活しているのですが、もしその状態でどちらかが浮気をした場合、それは不貞行為に該当するのでしょうか。

■不貞行為とは

実は、法的な用語の中には、不倫や浮気という言葉はなく、不貞行為と表現されます。

恋愛感情の有り無しはさほど関係なく、あくまで結婚相手以外と性的な関係を持つことを示します。

それは、例え相手が恋人でなくても、性風俗の人であっても関係ありません。結婚相手以外の異性と関係を持った時点で、不貞行為となります。

よく、どこからが浮気でどこまでが許せるという話をすることもあると思います。

手を繋いだら、一緒に二人で食事をしたら、などもあると思いますが、それだけでは該当しないというのが、法的な見解となるのです。

■別居中の浮気とは

つまり別居している相手が浮気をしたということは、法的な見解から言えば、肉体関係を持っているということになります。

もし誰かとデートに行くことや、一緒にご飯を食べに行っただけでは該当しません。

だから、もし別居中の浮気が原因で離婚することになり、離婚調停などを裁判したとしても、肉体関係があったことを証明できないと、不貞行為とはみなされません。

■慰謝料は請求できる?

では、相手に不貞行為があり離婚した場合、慰謝料は請求できるのでしょうか。

これは別居をしている理由によります。

夫婦間の関係が悪く別居することになったのであれば、慰謝料請求が難しくなります。

ただ、別居は単身赴任など仕事上の理由によるもので、夫婦仲は悪くなかったのであれば、不貞行為が離婚の原因とみなされ、慰謝料請求ができる可能性もあるようです。

■まとめ

別居中の浮気を理由に慰謝料を請求したい場合には、肉体関係があった証拠を掴んでおくことが必要になりそうです。

しかし、別居の理由によっては、不貞行為があり離婚となったとしても、慰謝料請求までは難しくなるようです。

Posted in lafabe.