有料の電話相談で恋愛の悩みを相談すると料金はいくらかかる?

恋愛の悩みを相談したいけれど、相談相手が友達では少し恥ずかしい。

そんな時は専門家に聞いてほしいですよね。

専門家に相談する場合、電話相談という方法がありますが、無料相談と有料相談があります。

どちらが良いかは相談内容にもよりますが、有料の電話相談で恋愛の悩みを相談すると気になるのは料金です。

相場や支払い方法はどのようなものがあるのでしょうか。

■恋愛の悩み相談は使った分だけお支払いが多い

恋愛の相談は人それぞれ、話す内容も違えば、話のボリュームも違います。

有料の恋愛相談も占いや心理カウンセラーに相談する場合と、浮気の調査目的で探偵や弁護士にする場合でかなり異なります。

探偵や弁護士は、調査や慰謝料の問題に発展する場合もあるので、初回無料でその後、有料になる場合が多いです。

そして、有料の場合は高額となります。

それに比べて、占いや心理カウンセラーによる恋愛相談の場合は、1分いくら、10分いくらのように、分単位で加算される場合が多いです。

初回10分無料という場合もありますが、最初から有料の場合もあります。

しかし、よほど長電話をしなければ、探偵や弁護士に相談するよりは安く済みます。

■電話相談の支払い方法とタイミング

支払い方法は、クレジットカード、銀行振込、コンビニ払い、電子マネーとこれも様々です。

銀行振込のみ対応している場合や、独自の仮想通貨を作り、それをコインと呼び、コインでの支払いが可能な場合もあります。

支払いのタイミングも、前払いか後払いか選べる場合や、前払いのみ、基本は後払い等様々です。

ご自分の支払える範囲で利用することはもちろん、何度も相談する場合もあるので、支払いのしやすさも考えておくと良いですね。

■電話相談の料金と相場

電話相談をする団体によって、支払い方法が様々なように、料金も様々です。

相談の場合とカウンセリングの場合で値段が違うこともあります。

例えば、30分相談したとすると、3000円前後、カウンセリングの場合は5000円程度が相場です。

恋愛の電話相談は、悩みの数が様々なように、料金や支払い方法も様々です。

いくら話を聞いてくれるからと、利用しすぎてしまわない様に、事前にきちんと確認しておきましょう。

そして、専門家から良いアドバイスをいただき、悩みが少しでも解消されると良いですね。

恋愛の悩みを心理カウンセラー等の専門家に電話相談する時のポイント

恋愛に悩んでいる時、一人では答えを出せなくて、誰かに相談したくなりますよね。

相談相手に友人を選ぶと、話は聞いてもらえても、解決に至らないこともあります。

専門家の意見が聞きたい時には、どのようなことに気を付けると良いのでしょう。

■電話相談を利用する

いくら専門家が相手でも、面と向かって自分のプライバシーを話すことは、誰だって勇気がいります。

そんな時に便利なのが、電話相談です。

一般的な悩み相談として無料で相談もできますが、よりスペシャリストな方と話をしたい場合は、有料でも恋愛に特化した専門家を選んだ方が良い場合もあります。

■恋愛についての相談内容を確認

いきなり電話をかけても、どう説明したらよいか分からないでいると、時間ばかりが過ぎてしまいます。

無料相談の場合は少しずつ、自分の気持ちを整理しながら、相談することも手ですが、有料の場合は注意が必要です。

料金が高くなってしまい、焦ってしまったり、本当に聞きたいことが聞けなかったりしてしまうからです。

悩み相談が始まった時に、悩みに至った経緯や自分の気持ち、相談したい内容を簡単に話せる様にまとめておきましょう。

そして、最低限ここまでは聞きたい!というライン引きをしておくと良いです。

実際に電話相談をしてみて、説明が手短にできて時間があれば、それ以上の質問をすれば良いのです。

■心理カウンセラー等、どの専門家に相談するか決める

相談したい内容によって、どの専門家に相談するかを決めます。

料金が気になる場合は、まずは無料相談に電話をしてみましょう。

有料の電話相談には、占い師による今後の身の振り方相談、心理カウンセラーによるアドバイス等があります。

もし、浮気をされて悩んでいる場合は、弁護士に相談し、法律の観点から話を聞くこともできます。

弁護士への相談は、費用が高そうなイメージがあると思いますが、初回は無料で話を聞いてくれる場合もあります。

恋愛に悩みはつきものです。

もし、友達に相談しても思うような結果を得られなかったら、専門家に電話相談をしてみてください。

無料団体でも、有料団体でも友達とは違った、第三者としてのアドバイスをしてくれることでしょう。

友人からの恋愛相談。アドバイスを求められたらどうしたらいいの?

恋愛をしていると、楽しい反面、多かれ少なかれ悩みが出てくるものです。

友人から恋愛相談のアドバイスを求められた経験がある方もいるかもしれません。

そんな時、どんなことに気を付けて話をしてあげれば良いのでしょうか。

■恋愛相談の主役は相手であることを忘れない

恋愛についてアドバイスを求められると、つい自分の体験や考えを話し出してしまいがちですが、まずは話を聞いてあげましょう。

相手はアドバイスが欲しいと言いながらも、自分の話を聞いてほしい、または共感してほしいだけの場合もあります。

自分の体験談や意見を聞かせてばかりでは、相手に合った解決法となりません。

常に恋愛相談をしているのは、相手であって、自分はあくまでサポート役であることを忘れないようにしましょう。

■聞き上手になること

話を聞いてあげる時も、注意が必要です。

ただ頷くだけでは「本当に聞いているの?」「適当に流されている。」となりかねません。

相槌をうったり、短く返事をしたりしながら、親身になって聞いてあげましょう。

所々、相手の言ったことを繰り返し言ってあげる、オウム返しをすると、話をちゃんと聞いてくれていると感じてもらえるはずです。

途中で気になる事があれば、「それは、こういう意味?」のように、話の内容について確認し、適度に要約しても構いません。

まずは、じっくりと話を聞いてあげてください。

そして、相手がアドバイスを求め出したら、自分の体験談を交えながら、相手の立場になって、少しずつ話をしてあげると良いですね。

■必ずしもアドバイスで解決する必要はない

恋愛相談において、アドバイスを求められたとしても、最終的に決断をするのは相手です。

あくまで相談であって、解決策を教えてほしいのではない場合が多いはずです。

アドバイスをすることで、解決できればそれは素晴らしいことですが、必ずしも解決まで導く必要はありません。

相手の方は、話を聞いてもらえるだけで、気持ちが落ち着くこともあるので、無理に解決策を考えなくても良いのです。

恋愛相談は、相手の方へアドバイスをすることよりも、話を聞いてもらって気持ちが楽になってもらえることの方が大切です。

あなたに話して良かったと思ってもらえる様に、穏やかな表情で、ゆっくり話を聞いてあげてくださいね。

不倫の悩み相談、インターネットや電話で相談できます

不倫の相談はしたくても、誰にしたら良いか分からず、一人で抱え込んでしまう方もいるかもしれません。

両親に心配をかけたくない、友達に話すには恥ずかしい。

でも、誰かに聞いてほしい!そんな時は、インターネットや電話で相談することができます。

■掲示板で不倫の悩み相談

専門家に聞いてほしいというよりも、誰でもいいから話を聞いてほしい場合は、インターネット掲示板を利用してみてはいかがでしょう。

インターネットに接続できる環境であれば、基本的には無料で閲覧や書き込みができます。

不倫されたパートナーに話を聞かれる心配もありませんし、24時間利用可能です。

同じ経験をされた方の書き込みを読んだり、ご自身の体験を書き込んだりすることで、気持ちが落ちつくかもしれません。

■非営利団体に電話で相談

インターネット環境が無い場合や、すぐに返事が聞きたい場合は、非営利団体の無料相談を利用するのも良いです。

NPO法人などの非営利団体では専門のカウンセラーが無料で相談を行っています。

電話やメールで相談できるので、一人で抱え込まずに、まずは話を聞いてもらってはどうでしょうか。

電話で相談をする場合は、顔を見られることなく、人の声でアドバイスをしてもらえるので、安心して相談できると思います。

誰かに話を聞いてもらうだけで、少しでも気持ちが軽くなると良いですね。

■営利団体に電話で相談

非営利団体は、受付時間が決まっていることが多いので、場合によっては営利団体を利用するのも良いでしょう。

有料になってしまいますが、初回無料であったり、24時間365日いつでも対応可能だったり、団体によって様々です。

金額も様々なので、使用する場合は、よく確認してから利用することをお勧めします。

登録されている専門家のカウンセラーから、お気に入りの先生を指名できるので、ある程度話をしたい方を選ぶことができます。

誰かに話を聞いてもらっても、まだ解決しない場合は、探偵や弁護士に相談することもできます。

初回は無料で相談できる場合が多いので、思い切って電話でお悩み相談をしてみましょう。

電話相談で気持ちが少しでも和らぎ、解決策が見つかると良いですね。