不倫をされているかもと思ったら…電話での相談も検討を

最近なんだか配偶者の様子がおかしい、もしかして不倫されている?そういった不安を一度でも抱えてしまうと、なかなか心を落ち着けることは難しいものです。

こういった時、様々な業種で電話による相談サービスを行っていますので、そういったものを利用してみることも検討してみると良いかもしれません。

■とりあえず誰かに不安な気持ちを聞いてほしいとき

まだ不倫の確固たる証拠は無いし、自分の憶測でしかないので、とりあえず誰かに不安な気持ちを聞いてほしい、寄り添ってほしいと思った時には、電話によるカウンセリングサービスの利用がおすすめです。

知識や実績があるカウンセラーをきちんと選ぶことが出来れば、心の負担をかなり軽くすることが出来るかもしれません。

相談する側としても、顔が見えない方がかえって無駄な緊張が無く、素直に自分の気持ちを吐き出せるということもあります。

1人で悩みを抱え込んで苦しくなってしまう前に、こういったサービスを上手く利用すると良いでしょう。

■不倫の証拠をつかみたいとき

不倫をされていることがほぼ確実ではあるが、証拠がなかなかつかめない、といった場合は探偵業などへの電話相談が良いでしょう。

不倫調査や不倫の証拠を掴むための工作については、探偵業ならではのサービスです。

不倫の証拠を掴むのは自分だけではかなり難しいことが多いので、専門の技術や知識を持った業者に頼るというのも1つの手です。

■慰謝料の請求などについて聞きたいとき

慰謝料の請求や離婚調停など、法が関わってくる相談についてはやはり弁護士への電話相談が確実です。

法の専門家でなければ、なかなか気がつけない落とし穴や難しい手続きなどが、不倫や離婚に関することには多くあります。

特に、慰謝料の請求に関わる証拠集めなどについては、集め方によってはむしろこちら側が賠償請求されてしまうようなこともあり、思い付きでやってしまうと不利になってしまうことがあります。

付け焼刃の知識だとなかなかうまくいかないことが多いので、しっかりとした専門的な知識を持った弁護士に相談してみましょう。

不倫の電話相談も、相談したい内容によって相談先を適宜選ぶことが大切です。

1人で悩み続けてしまうのは心身ともに悪影響がありますので、電話相談などをうまく利用されてみてくださいね。

恋愛に関する電話相談は、同性にする?異性にする?

1人で悩んでいてもどうしようもない!誰かに電話相談しよう!となったとき、相談の内容が恋愛についてであれば、同性と異性、どちらにアドバイスを求めるべきなのでしょうか?

同性と異性、それぞれに相談する場合のメリットやデメリットなどをまとめてみました。

■同性に相談するメリット・デメリット

まずは同性の知人や友人に相談するメリットやデメリットについてです。

同性の場合、何よりも同性としてこちらの気持ちに寄り添いやすいというメリットがあります。

もちろん、考え方や感じ方は人それぞれであるのは間違いありませんが、男性と女性ではそもそもの考え方の方向性などが違うことが多い、という話を耳にしたことはないでしょうか?

そのため、傷ついたことがあるので誰かに寄り添いながら話を聞いてほしい、ただ誰かに話をして共感してほしい、という気持ちが強い場合は、同性の知人や友人に相談した方が満足のいく結果になることが多いです。

デメリットとしては、異性の立場からのアドバイスは難しいので、いわゆる女心や男心といったものがわからないままでのアドバイスをされることが多い、ということです。

どうしても同性の立場としての気持ちが強くなってしまいますので、彼の気持ちがわからないなどの相談の場合は的確なアドバイスをもらうことはなかなか難しいこともあります。

■異性に相談するメリット・デメリット

次に、異性の知人や友人に相談するメリットやデメリットについてです。

異性の場合は、異性の立場からのアドバイスが聞きやすいというのが最大のメリットでしょう。

相手が何を考えているのかわからず困っている、というような内容の相談の場合にはかなり心強い味方になることが多いです。

また、同性よりも本音をズバッと言ってくれることも多いので、的確なアドバイスをもらえる期待が高まります。

デメリットについてですが、もしもあなたに既に恋人がいる場合、異性の知人や友人と2人きりで話していると浮気などを疑われてしまう可能性があるということです。

この場合、二人きりではなく、複数人で会うなどの対策が必要かもしれません。

共感しながら話を聞いてほしい場合は同性に、的確なアドバイスや異性の立場からの意見を聞きたい場合は異性、と、自分の求めているものに従って相談相手を選ぶと良いですね。

恋愛相談サービスに、不倫の相談はして良い?

身近に相談できる相手がいない人にとって、とても頼りになるのが恋愛相談サービスと言われる、電話などでの相談サービスです。

恋愛相談とあるけれど、不倫についての相談も聞いてくれるのかな?と躊躇してしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、実際のところ、不倫についての相談もとても多いようです。

■どのような内容の相談があるのか

では、どのような内容の相談があるのか、というのが気になる方も多いかもしれません。

不倫についての相談は本当に多岐にわたるようですが、やはり多いのは「配偶者が不倫をしているかもしれない」「不倫相手に本気になってしまった」「不倫が家族にバレそうで焦っている」というような内容のようです。

普通の恋愛相談であればまだしも、内容が不倫についてとなると、身近な人だからこそ、話が漏れてしまうのを恐れたりして相談できない事も多々あります。

また、弁護士による電話相談サービスなどになると、慰謝料の請求や離婚調停など、専門的な知識が必要になってくるような内容がほとんどのようです。

■不倫の調査などを依頼したい場合は?

恋愛相談サービスと名がついているサービスでは、もちろん相談をしてアドバイスなどももらうことが出来ますが、不倫の調査などとなると話は別です。

基本的には話を聞いてもらいアドバイスを求めるサービスとなっていますので、実際に相手が不倫をしているかなどの証拠をつかむお手伝いなどをしてくれるわけではありません。

そのため、もしもそういった調査や助力を必要としているのであれば、探偵業を行っている業者に相談をすることとなります。

探偵業を行っている業者であれば、相談を受けたのち、打ち合わせをしながら不倫の調査や、慰謝料の請求などに使用する証拠などの収集のお手伝いを頼むことも出来ます。

また、上記でも記載したように、慰謝料や離婚調停など、法に関わることでの相談であれば弁護士による電話相談サービスを利用するなど、目的に合わせてサービスを選ぶ必要があります。

恋愛相談サービスに不倫についての相談はとても多く寄せられているようですが、内容によっては探偵業や弁護士など、専門家による相談サービスを検討する必要があります。

ただ話を誰かに聞いてほしい、アドバイスが欲しいというだけの場合は、恋愛相談サービスを検討されてみてくださいね。