電話での恋愛相談サービスは目的別で使いわけを

最近は電話で相談を聞いてくれる様々なサービスがありますが、恋愛相談についても受け付けているサービスも多くあります。

信用出来そうな業者などであればどこでも良いのかな?と思いがちですが、自分のニーズに合わせてサービスを選ぶことで、より満足度を高めることが出来ます。

■友達感覚で話を聞いてほしい場合

周りの友達には話しにくいけれど、そこまで専門的なアドバイスが欲しいわけでもなく、とにかく誰かに友達感覚で話を聞いてほしい、というような時には、有志の方々が相談に乗ってくれるような無料のサービスがあります。

中には電話だけではなく、メールや掲示板でのやり取りができるサービスもあるようですので、実際に電話で話すのも少し緊張してしまう、という方にはぴったりかもしれません。

誰かに話を聞いてもらうだけで気持ちが落ち着くことは結構ありますので、上手く活用して心の整理が出来ると良いですね。

ただし、後々の思わぬトラブルを避けるために、個人を特定できるような情報などは絶対に話さないようにしましょう。

■カウンセラーなど、恋愛相談のプロにアドバイスをもらいたい場合

恋愛で行き詰まっていて、恋愛相談のプロともいえるような人に客観的なアドバイスをもらいたい場合は、信頼できるカウンセラーが在籍しているようなサービスを利用することをおすすめします。

この場合は料金が発生することが多いのと、恋愛相談のみを対象としているようなサービスの場合、無資格でもカウンセラーを名乗ることが出来てしまうので、カウンセラー選びは慎重に行わなくてはならないというのがデメリットになります。

ホームページなどがあれば、在籍しているカウンセラーの資格や実績をチェックしておくと安心です。

つい感情的に考えてしまいがちな恋愛の悩みに、中立的な立場での的確なアドバイスを期待できるサービスです。

ただ誰かに話を聞いてほしい場合はボランティアなどによる無料サービス、的確なアドバイスを求めている場合は有料のカウンセラーによる相談サービスなど、自分がどのような悩み相談をしたいかによってうまく使い分けてくださいね。

相談できる人がいないなら、電話で恋愛相談!

恋愛相談をしたいけれど、身近に相談できる人がいない、友達や家族に相談することは出来るけれど、話が漏れてしまったりするのが怖いなど、様々な理由で知人などへの恋愛相談をためらってしまうことはあると思います。

そのような時は、電話で恋愛相談できるサービスを利用する、というのもひとつの方法です。

■電話での相談サービスを利用することのメリット

電話での相談サービスを利用して、恋愛相談をすることにはいくつかメリットがあります。

まず、近しい人に話が漏れてしまうことがほとんどないということです。友人や知人に恋愛相談をすると、いつの間にか自分が話していない人にまで相談内容が漏れてしまっていた、ということもあります。

電話での相談サービスを利用した場合、そもそも相手が知人である可能性はほとんどありませんので、そういった心配がありません。

次に、知らない人だからこそ話しやすいことがある、ということがあります。

自分や好きな人のことを知っている人だと、気恥ずかしくてなかなか素直な意見を相談できないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。そのような方には特に、こういった電話での恋愛相談サービスをご利用されることをおすすめします。

■恋愛相談を電話でするときのコツ

恋愛相談を電話でするときには、必ず事前に話したいことをある程度まとめておくようにしましょう。

時間制限がついているサービスも多いので、だらだらと話してしまうと、あっという間に相談時間が終了してしまうということも。

いざ電話をして、相手が出ると緊張して頭が真っ白になってしまう、ということもよくありますので、自分の頭の中でまとめるだけではなく、メモなどに書き出しておくと間違いありません。

書き出し方はとりあえず自分が相談したいことをパッと見て思い出せるようになっていればOKです。

箇条書きなど、簡単な形式で十分ですので、これだけは聞いてほしい、アドバイスが欲しい、ということをある程度時間を考えながらまとめておくと良いでしょう。

知らない相手だからこそ様々なことを相談できる、ということも多くあるものです。友人や知人、家族に相談しにくいような恋愛相談がある方は是非、恋愛相談を電話で出来るサービスを利用してみてくださいね。

恋愛相談で失敗しがちな3つのこと

恋愛をしていて悩んだとき、1人で考えて1人で解決してしまう!という方もいらっしゃるでしょうが、誰かに相談して意見を聞きたい、とにかく誰かに話を聞いてほしい!と思う方も多いかと思います。

恋愛相談をしたゆえの思わぬトラブルは避けたいものです。これから恋愛相談を考えている方などのために、失敗しがちなことを3つまとめてみました。

■相談相手を見誤ってしまった

よくやってしまいがちなうえに、失敗するとなかなかトラブルが起きやすいのが相談相手を見誤ってしまうということです。

付き合いが長く、信頼のおける友達などに相談した場合はトラブルも少ないでしょうが、仲良くなったばかりの人や、そこまで深い付き合いではない職場の同僚などに話の流れで、話すつもりではなかったことまで話してしまい、いつの間にか噂として広まってしまっていた、などのトラブルが多いようです。

■あまり考えないまま、相手の意見を鵜呑みにしてしまった

恋愛相談をした相手から、とても役立つアドバイスや意見をもらえることはありますが、そのアドバイスや意見も、自分の状況などに照らし合わせたうえで取り入れないと、失敗の原因になってしまいます。

例えば、意中の相手と仲良くなりたい!という相談をして、

「とにかくたくさん話しかけたりした方が良い!」

というアドバイスをもらったとします。この場合、意中の相手が積極的に話しかけてくれる人が好みのタイプであった場合はこのアドバイスはとても有効なものになりますが、あまりグイグイ来られると引いてしまうタイプだった場合、かえって逆効果になってしまうことがあります。

■お酒の席での恋愛相談

職場や友達同士の飲み会など、お酒の席というのは話が進むものですが、饒舌になってしまうあまり、普段なら話さないようなことまで話してしまったり、お酒を飲みすぎて誰に何を話したかすら覚えていなかったりなど、想定外の失敗をしやすくなってしまいます。

付き合いが長く、信頼できる友人のみでの飲み会などであればそこまでの失敗はないかもしれませんが、割と大人数が集まる職場の飲み会や趣味のサークルなどでの飲み会では十分に気を付けるようにしましょう。

いかがでしたか?恋愛相談をしようとするときには、相手や場所はよく考え、思わぬトラブルを引き起こしてしまうような失敗をしないように気を付けてくださいね。

復縁相談をするときに気を付けたいこととは

一度は想いあっていた相手と、理由があって別れてしまったけれど、どうにかして復縁したい…そう考えたことがあるという方は多いのではないでしょうか。

1人で悶々と悩んでいるよりも、誰かに相談した方が考えがまとまって結論を出しやすいこともありますが、復縁相談をするときに気を付けたいことがいくつかあります。

■一番気をつけたいのは、相談する相手

復縁相談というのは、内容が内容なだけにとてもデリケートなものです。そのため、相談をする相手はしっかりと見極め、信頼のおける人に相談する必要があります。

特に気を付けたいのは、復縁したい相手のこともよく知っている人です。相手のことを知っている人であれば、事情も伝わりやすいので、その点ではメリットになります。しかし、口が堅く、信頼できる人でなければ相手にまで相談内容が筒抜けになってしまったり、話が膨らんで伝わってしまったりとトラブルになってしまうこともあります。

逆に、復縁したい相手とのつながりはあまりないものの、自分のことはよく知ってくれている人というのは、比較的安心して相談できるかもしれません。復縁したい相手とのつながりが無いので、本人に相談内容が漏れてしまう可能性が比較的低いためです。

ただし、その場合においても、口が軽い人であれば周囲の友人などにペラペラと話してしまい、話が思わぬところまで広がってしまうこともありますので十分に注意しましょう。

■出来るだけ自分の考えをまとめてから相談する

恋愛関係の話となると、どうしても相談をしているうちに感情的になってしまい、結局相談したかったことを話すことが出来なかった、ということも起こりがちです。

そのため、何を相談したいか、自分はどうしたいかなどをある程度はまとめておくとスムーズに話を進めることが出来るかと思います。

自分はなぜ相手と復縁したいのか、復縁に関する心配事など、頭の中でまとめるのが難しいと感じたときにはノートやメモなどに頭に浮かんだことを書き起こしてみると考えをまとめやすくなります。

書き終わったものを見直してみることによって、本当に大切なことがわかりやすくなります。

復縁相談をするときに気を付けたいことをいくつかご紹介させていただきました。

もしも周りに信頼できる人がおらず、相談ができない場合は復縁のお手伝いをしているプロもいますので、そういった業者などに相談してみる、というのも1つの手です。