離婚を決意する前に考えておきたいこと!後悔しないための注意点

離婚を決意する前に考えておきたいことがあります。

一時の感情だけで離婚を決意すると後悔しても後の祭りです。

離婚前に考えておきたい注意点を理解し、本当に離婚してもいいのか判断しましょう。

■離婚を決意する前にチェックするべきこと

離婚は夫婦どちらかが一方的に「したい」と決めてもできません。

夫婦が合意しなければ、離婚できないのです。

夫婦の一方が「離婚を拒否する」と、調停離婚や裁判による離婚訴訟が必要です。

離婚訴訟では民法で定められた離婚原因がないと認めてもらえません。

民法770条1項に定められている離婚原因は、配偶者の「不貞行為」「悪意の遺棄」「生死が3年以上不明」「回復の見込みがない強い精神病」「その他婚姻を続けられない理由がある」などです。

離婚を拒否されそうなら、離婚の原因があるかチェックしてください。

■離婚を決意する前に本当にしていいかどうか判断するための材料

離婚を決意する前に、本当にしていいか判断するポイントがあります。

当てはまるなら一旦我慢してもすぐ破綻に近づく可能性が高いです。

l 相手への嫌悪感・不快感・恐怖
l 修復が見込める気がしない
l 離婚すれば幸せになれる未来しか見えない

離婚を考えるなら多少の不快感はあります。

しかし少々の不快感を通り越し、嫌悪、恐怖があるなら厳しい状況です。

お互い妥協しても修復できそうにないなら、破綻するしかありません。

また、離婚すれば「絶対に幸せになれる」というイメージしか浮かばないなら決意してもよいでしょう。

■離婚の決意に悩んだら専門家に相談するのもあり

離婚を決意する前に「本当に離婚をしていいのか」を真剣に考えてください。

「相手ばかりが悪かったか」「自分の考えや理想ばかり押し付けていなかったか」など振り返りみましょう。

また、離婚すればひとりになります。

「寂しいかもしれない」と少しでも思ったら止めたほうがよいでしょう。

「財産分与」「養育費」「自立して働けるか」など経済的なことも考えてみてください。

考えても答えが出せないなら、電話相談などでプロに意見を聞くのもよいでしょう。

離婚の決意はむずかしいものです。

一方的に離婚したいといって、できるものではありません。

修復する可能性があるなら、離婚しても寂しさを感じる可能性もあります。

離婚の決意に悩んだら、プロに相談してみてください。

不倫が離婚のきっかけに!回避するためにできること

不倫が離婚のきっかけになることは多いです。

不倫は「裏切られた」という気持ちが強いため、離婚を決意するきっかけにもなります。

ただ、そのような状態で回避するために考えておきたいポイントをご紹介します。

■平成30年の統計では離婚のきっかけとして異性関係が5番目

裁判所による平成30年の統計では「異性関係が離婚理由の5番目」」に位置しています。

離婚を申し立てたのは、男性が2,373件、女性が7,378件という結果です。

約15の理由の中で5番目ですから、感じ方は個人差があるとはいえ、少ないとはいえないでしょう。

不倫が発覚すると、パートナーは「裏切られた」ことで「信じられない」気持ちになります。

「信じたい」という気持ちがあっても、相手の言動や態度すべてが嘘に思えるのです。

離婚のきっかけになるのも不思議ではありません。

■離婚後のことを考えてみる

不倫されたら即離婚と勢いでいってしまうのはよくありません。

まず離婚前に考えておきたいことがあります。

幼い子供がいれば、育児のことも考えなければなりません。

親権争いや養育費、引っ越し、周囲の反応など、ストレスを受けることが多くなります。

子育てにお金もかかりますし、女性の場合、専業主婦なら雇ってくれる仕事先が必要です。

子供の心にも大きなダメージを与えるかもしれません。

■不倫は離婚のきっかけになるが回避もできる

不倫された結果、パートナーの顔を二度と見たくないと思うかもしれません。

ただ、話し合いをすれば「やりなおしてもいい」と考えられる可能性もあります。

しかし、どんな話し合いをすればいいか、どんな態度でいればいいかわからない場合もあります。

そんなときには、恋愛電話相談などでプロの意見を求めるのもよいでしょう。

なにを聞けばいいか、どんな態度を取ればいいかなどアドバイスを事前にもらい、充実した話し合いを目指しましょう。

不倫は離婚のきっかけになりますが、未来を考えてやりなおせるかどうか、落ち着いて考えることも重要です。

子供が幼いと、経済的、生活環境の問題などが立ちふさがります。

パートナーとしっかり話し合いをしてから、離婚の決断をしても遅くはありません。

参考URL:
https://www.courts.go.jp/app/sihotokei_jp/list?page=2&filter%5Btype%5D=1&filter%5ByYear%5D=2018&filter%5ByCategory%5D=3

https://www.courts.go.jp/app/files/toukei/705/010705.pdf

不倫の相談は電話を使ってプロに!落ち着いて確認したいポイント

不倫の相談をプロにするのは、問題解決の有効な手段です。

ただ、不倫の明確な証拠がない場合、取り越し苦労になる可能性もあります。

事前に落ち着いてチェックしておきたい、怪しいポイントをご紹介します。

■不倫相談を電話でする前に怪しい行動を再確認

「なんとなく不倫をしている」という勘が働くこともあります。

ただ、証拠がないと「不倫をしているでしょ」と決めつけてパートナーを問い詰めても、違えば関係に傷が付きます。

不倫相談をする前に怪しい行動をチェックしましょう。
l 休日には妙に出張や朝帰りが増えた
l 以前よりも携帯電話を離さなくなった
l 以前より口調や態度が冷たく厳しい
l 外見を妙に気にするようになった

一般的に、上記のような変化が見えはじめたら、絶対とはいえませんが、怪しいのでパートナーをチェックしてみてください。

■確実に不倫の証拠を見つけたいならプロに相談

不倫の証拠はないけれど、怪しい兆候が見えたら解決したいと考えるものです。

気持ちが冷めているなら、離婚を検討する方もいるでしょう。

しかし、どのように証拠を見つければいいか、離婚調停でなにをすればいいかはわからないものです。

そんなとき検討したいのが、不倫についての相談に対応している電話相談です。

不倫問題を専門的に取り扱っている電話相談なら、有効な解決方法をアドバイスしてくれるはずです。

■不倫の電話相談の前に質問したいことを整理しておく

勢いで不倫の電話相談をしても、考えがまとまっていないと充実した相談はできません。

そのため事前に質問したい内容を整理し、メモを作るとよいでしょう。

メモはパートナーに絶対見つけられてはいけません。

l 不倫をどうやって証明すればいいか
l どんな証拠を持っているか
l 証拠がないならどうすればいいか
l 離婚をする場合どのような方法があるのか
l 不倫をやめさせるにはどうすればいいか

質問内容の一例ですが、事前に整理をすればスムーズに質問できます。

不倫の電話相談をするなら、質問したい内容にしっかり答えてくれる担当者が在籍しているかどうかチェックしたほうがよいでしょう。

相談するべきかどうか、パートナーの怪しい行動も事前にチェックしてください。

そうすることで、不倫の電話相談もスムーズにできます。