探偵と別れさせ屋って違うの? 探偵が別れさせ屋もしている理由を解説!

別れさせ屋の中には、素行調査や浮気調査など探偵として活躍している業者も多いです。
では、別れさせ屋と探偵にはどのような違いがあるのでしょうか?
なぜ探偵が別れさせ屋も行っているのでしょうか?
ここでは、探偵が別れさせ屋を兼業している理由について解説します。

■別れさせ屋は探偵業務の一環として行われることが多い

別れさせ屋はたいてい、探偵業務の一環として行われることが多いです。
別れさせ屋は、別れさせ工作を行う前に事前調査を行います。
ターゲットを尾行・張り込みをして情報を収集するのです。
一方、探偵の素行調査や浮気調査も尾行・張り込みを行って情報収集するため、同様のスキルが必要となります。
また、両方とも国に探偵業の届出を出す必要がありますので、探偵の業務の一環として行われることが多いのです。

■探偵であれば必ずしも別れさせ屋として活躍できるわけではない

探偵と別れさせ屋は似通った部分があることは確かですが、探偵であれば必ずしも別れさせ屋として業務ができるというわけではありません。
探偵であれば事前調査をすることはできますが、その後の別れさせ工作のノウハウがないと実際に別れさせることは難しいでしょう。

また、素行調査や浮気調査ではターゲットと接触することは少ないですが、別れさせ屋はターゲットと接触し、ある程度親しい関係にならなければなりませんので、人に警戒心を抱かせずに近づけるスキルも必要となります。

そのため、別れさせ屋としてのスキルがある業者に依頼をする方がいいでしょう。

■専門の別れさせ屋と探偵業務も行っている別れさせ屋は、どちらがいいのか?

別れさせ屋専門業者と探偵業務の両方を行っている別れさせ屋を比べると、どちらに優劣があるわけではありません。

専門で行っていると、より高いスキルがあるのではないか、反対に、探偵業務も行っていると経験豊富ではないか、と思う方もいるかもしれませんが、それは結局のところ業者によって一概には言えないのです。

依頼する上で一番大切なことは、専門であるかどうかではなく信頼できる業者であるかということでしょう。

■まとめ

探偵の一環として別れさせ屋を行っている業者も多くありますが、専門であるかどうかはそれほど重要ではありません。

探偵と別れさせ屋は共通する部分が多いため、専門であるかで判断するよりも、料金や対応などの他の要素で判断をするほうがよいでしょう。

どんな業者に依頼すればいい? 別れさせ屋の選び方を解説!

ひとくちに別れさせ屋といっても、全国各地には数多くの業者が存在しています。
地元密着型のものから全国展開している大手まで、その特徴はさまざま。
どの業者を選べばいいのか迷ってしまう方も多いでしょう。
そこで、ここでは別れさせ屋に依頼する際の選び方を解説します。

■まずはホームページで情報を確認する

まずは、ホームページの情報を確認して良さそうな業者を絞り込みましょう。
確認しておいた方がよいポイントはいくつかあります。

まず、探偵業届出を出しているかどうかを確認してください。

別れさせ屋は、事前調査の際にターゲットの尾行や張り込みを行い、情報を収集します。
これは探偵業に該当するため、探偵業届出を警察署経由で提出する必要があるのです。
探偵業届出を行っている業者は、公安委員会から営業許可を受けているので、安心して依頼できます。
また探偵業法では守秘義務の規定もあり、届出を行っているということは探偵業法に準じて営業を行っているため、信頼度が高いのです。

次は、料金を確認してください。
他社と比較して価格が適切かどうかや工作員と期間・プランの明確化がされているかどうかなどを確認することにより、信頼できるかどうか、ある程度判断することができます。
相場に比べて異常に安価、または高価であれば、注意が必要です。

最後に実績を確認しましょう。
別れさせ屋のホームページでは、実績と料金目安が記載されていることが多いです。
自分の状況と照らし合わせて、似たような状況であれば参考にしてみてください。
■別れさせ屋に実際会ってから依頼する

ホームページで情報を確認し、ある程度の数に絞れたら、実際に問合せをして面談をしましょう。
インターネットの情報だけでは分からないことが多いため、実際に会ってから依頼することをおすすめします。
面談をして、信用できる対応なのかどうか、料金をしっかりと案内してくれるかなどを確認してください。
別れさせ屋はターゲットに接触をすることになります。
そのため、人に信用される能力が必要となるのです。
依頼主の信用も獲得できない業者であれば、ターゲットに近づくのは難しいでしょう。

■まとめ

別れさせ屋に依頼をする際は上記のことをしっかりと確認した上で、依頼するようにしてください。
一番は、実際に話をしてみて安心して依頼ができる業者を選ぶことでしょう。