別居中の浮気で慰謝料は発生する?

夫婦の中には、離婚はしていないが別居している家庭もあります。お互い別々に生活し、ほとんど生活に干渉していない状況です。もしそんな状況で、どちらかが浮気をした場合、相手は浮気に対して慰謝料を請求することができるのでしょうか。

■そもそも浮気ってどこから?

慰謝料を請求できるような浮気とは、どこからが浮気にあたるのでしょうか。例えば、仲の良い異性と手を繋いで歩いただけとしましょう。これは不貞行為には該当しません。同じように、キスをしただけでも、慰謝料相当の浮気にはなりません。確かに、心は浮ついた気持ちになっているのかもしれませんが、こと慰謝料を巡る話となるとまた別です。

あくまで不貞行為となるのは、肉体関係を持った時です。実際に行為がなかったとしても、二人でホテルなどの密室の空間で一定時間を過ごしただけでも、浮気と認定されてしまうこともあります。ただ、手を繋いだりキスをするのも、それが頻繁に行われていたり、目立つような場所でいちゃいちゃしていたら、夫婦生活の平穏を害する行為と判断されることもあります。

■別居中の理由による

もし別居中の理由が、単身赴任であったり、子供の学校の都合など、やむを得ない事情の場合は、慰謝料を請求できる可能性があります。ここで重要なのは、婚姻関係が破綻しているかどうかです。何かしらの事情があって別居しているが、決して夫婦関係が破綻していていたと判断されない場合、同居している家庭と同様に、浮気は不貞行為に当たります。よって、慰謝料を請求した場合、支払いを命じられる可能性が非常に高くなります。

ただ、離婚を前提に別居していた場合は、慰謝料を請求することは難しくなります。なぜなら、すでに夫婦関係は破綻していたとみなされ、仮に相手が別の人と交際していたとしても、それは次の生活のことであり、浮気によって相手を著しく傷つけたとはみなされないからです。

別居中の浮気は、必ずしも慰謝料が請求できるわけではありません。ただ、だからといって軽々しく浮気をするのは良くありません。もし夫婦生活が破綻しているのであれば、しっかりと決着をつけてから、次の恋愛に進むべきです。

本気の不倫で大変なこととは?

不倫は遊びだという人もいれば、本気の気持ちで相手と関係を続けている人もいるでしょう。そして本気の不倫をしている人だからこその苦しみがあり、大変なこともあります。特に女性に多いのですが、本気の不倫では何が大変だと感じているのでしょうか。

■不倫関係を秘密にしなければならないこと

不倫関係は公言することができません。どれだけ親しい間からの人であっても、家族であっても、自分が不倫をしていることは言えません。言ったら、必ず反対されるでしょうし、もしかすると相手から距離を置かれてしまうかもしれません。職場では仕事にも影響しますし、会社に居られなくなるかもしれません。

でも人は弱い生き物なので、いつまでも一人で秘密を抱え続けるのは大変です。そして常に後ろめたさがつきまとうので、不倫関係を続けることは、とてもエネルギーが必要です。

■相手も本気かどうかわからない

自分は本気の気持ちであっても、相手はどう思っているかわかりません。人は簡単に嘘を言います。もし相手から本気なのと質問されて、本気じゃないと言う人はほとんどいないでしょう。口から次々と歯の浮いたようなセリフを言ったり、相手を安心させるようなことを言うのは、そこまで難しいことではありません。気持ちと言葉は裏腹にあることは多々あるからこそ、不倫相手が本気かどうか分からないのです。そしてわからないまま、関係を続けることは、常に不安が付きまといますし、恋愛も素直に楽しめないほど、不安定な気持ちになることもあります。

もし本当に相手の気持ちを確かめたいのであれば、別れさせ屋や探偵業などに相談し、相手の素行調査などをしてみるのもよいでしょう。時に工作員を派遣し、相手に近づいて本音を聞き出すようなこともしています。相手が本気であれば、そのまま関係を続け、もしただの遊びと捉えているのであれば、別れを切り出し、また別の恋愛をする方がよいでしょう。

不倫関係は、一時的には楽しい気持ちになるかもしれませんが、それが長く続くと不安な気持ちになりやすいです。相手が本気かどうかわからない時は、一度冷静になりあらためて関係を見つめなおす時間も必要となるでしょう。

不倫相手と上手く別れるには

早く不倫関係を終わらせてしまいたい、普通の生活に戻りたい、そう思いながらも不倫をダラダラと続けてしまう人がいます。なぜ続けてしまうのか、それは上手く相手と別れることができないからです。どうすれば上手く別れることができるのでしょうか。

■自然と距離を置く

最もベターなのは、自然と距離を置くことです。職場での不倫などではない限り、不倫相手とはお互いが連絡をしなければバッティングすることはないでしょう。会う頻度を少しずつ減らし、連絡もこちらからは一切取らない、連絡が来てもあまり返さないようにすれば、自然と距離は離れていきます。そして徐々に音信不通にして、最後は完全に連絡を取らないようにすれば、関係も消滅します。

ただ、それだけでは中途半端な状態になってしまうため、最後に今後は一切合わないと伝える方がよいでしょう。その方が相手もすっきりしますし、お互いに関係を終わらせたと認識することができます。一番怖いのが、自分では終わったつもりでも、相手はまだ続いていると勘違いされてしまうことです。そうならないように、自分の意思をしっかりと伝えることも重要です。

■不倫相手と上手く別れられない時は

ただ、まれに不倫相手の熱が高すぎて、上手く別れられない人もいます。中には、別れるなら関係を会社や家族にばらすなど脅迫されてしまい、仕方なく続けている人もいるでしょう。そんな時は、別れさせ屋に相談してみてはいかがでしょうか。別れさせ屋は、工作員などを使って、ターゲットに近づき、別れさせてほしい相手と別れさせてくれます。大抵は、第三者からの依頼で、夫婦やカップルを別れさせることが多いようです。ただ、稀に当事者から今の関係を終わらせてほしいという相談もあるようです。別れさせ屋は、慎重に調査をし、その上で計画を練り、そしてプロの工作員を使って工作をします。だから、当事者だけで解決しようとするよりも、上手く別れられる可能性が高くなります。

終わらせたい関係がどうやっても上手く別れられず、日々悩んでしまっている人もいるでしょう。自分でできることを遂行した上で、それでも解決できない時は、別れさせ屋のようなプロに相談してみるとよいでしょう。

不倫相手と復縁したいと思う理由

不倫はいつまでも続くことではありません。いつか終わりがきて、その関係も終わってしまいます。でも、もう一度不倫相手と復縁したいと思う人も中にはいらっしゃいます。なぜそのような気持ちになってしまうのでしょうか。

■不倫相手に気持ちが残ってしまっている

不倫関係を続けていたということは、何かしら相手に惹かれるところがあったからでしょう。二人の時間が心地よかった、楽しかった、体の相性が良かったなど、人それぞれの理由があります。彼、あるいは彼女が、自分自身の心のよりどころになっていた、だから毎日楽しく過ごせていたということに、別れてから気付くこともあります。そしてもう一度やり直したいと思うようになります。人は何かを失ったとき、時間が経過すればするほど、それがかけがえのないものだったのかということに気づきます。だから、復縁したいと願う人が出てくるのはとても自然なことなのです。

そして普通の生活に戻ってしまったことで、張り合いがないと感じる人もいます。不倫は常にスリルがあります。いつばれるかわからない、だからこそ楽しいと、日常生活のスパイスになっています。だから、刺激のない日々がつまらないと感じてしまうのでしょう。

■復縁したいのなら

どうしても復縁したいという人は、まずは相手に連絡を取ってみましょう。もしかしたら相手も同じ気持ちを抱えているかもしれません。別れたきっかけがお互いにあるのではなく、状況によって別れざるを得なくなったのであれば、時間がたてばまた関係が戻る可能性があります。ただ中には、相手と関係が上手くいかずに別れてしまったというケースもあるでしょう。そんな人は、復縁屋など、その道の専門に相談してみるのもアリです。費用はそれなりにかかってしまいますが、一度関係を持った相手なので、復縁できる可能性は非常に高くなります。

不倫相手との関係は未来永劫続くわけではありませんが、一度切れたからといって簡単に割り切れるものでもありません。むしろその関係性が好きだった人にとっては、生活の中でとても大きなウエイトになっていたかもしれません。だから復縁したいという気持ちは決して変なことではないのです。