別居中に浮気をされてしまうと慰謝料が請求できない?

別れさせ屋へ離婚のお手伝いを依頼しようとしているときに、「別居中の浮気は不倫としては扱われなくて、慰謝料も請求できないらしいよ。」と友達などから聞いて不安になった、という方はいらっしゃらないでしょうか。今まさに、事情があって別居中の方には寝耳に水のような話かと思います。しかし、この話は場合によって、という話であり、しっかりと不倫として扱われる場合もあるのです。

■単身赴任などで別居中の場合は不倫として扱われる

配偶者の仕事の都合などで単身赴任となり、子どもや家の関係でやむを得ず別居中、という夫婦も多いかと思います。こう言った場合は、当然のことながら、婚姻関係をしっかりと続けたうえでの別居ということになりますので、どちらかが浮気をするとしっかりと不倫という扱いになり、慰謝料も請求されることとなります。また、お互いの気持ちを整理するためにどちらかが実家に帰るなどして一時的に別居をしている場合。この場合も、婚姻関係が破綻しているとは言えませんので、不倫という扱いになります。不倫相手と同棲するために別居をしているなどの場合はそもそも不倫が婚姻関係を破綻させた、ということになりますのでこちらももちろん慰謝料を請求されることとなるでしょう。

■離婚に向けた手続き中の場合は不倫として扱わないという場合も

状況にもよるのですが、不倫とは全く別の原因で夫婦関係が悪化し、双方が同意のうえで離婚に向けての手続きを進めており、その手続きの間に別居したあとで浮気をした場合は、そもそも婚姻関係が破綻していたということになり、不倫や不貞行為としては扱われないこともあるのです。ただし、この場合もどちらかの家に配偶者が定期的に家事をしに来てくれていたなどの状況があった場合は、婚姻関係が続いていたとみなされることが多いです。また、当然不倫関係を離婚協議前から続けていた場合は問題外となります。

別居中の配偶者の動向が怪しく、不倫を疑っている人にはドキッとしてしまうような話題ではありましたが、不倫として扱われない場合のほうが少ないことをお分かりいただけたでしょうか。不倫をされてしまい慰謝料の請求などを考えている方は、婚姻関係がつづいていたかに焦点をあてると請求が可能かどうかがわかりやすいかと思います。

不倫相手に本気になってしまうのは、どのようなとき?

肉体関係のみの割り切った不倫関係でいるつもりでいたにも関わらず、いつのまにか不倫相手に本気になってしまっていた、ということも少なくありません。では、どのようなことがきっかけで不倫相手への気持ちが変化していくのでしょうか?いくつかのきっかけをまとめてみました。

■自分の事情を気にかけてくれたとき

配偶者の愚痴などを話したり、家族の予定を変えてまで相手に合わせようとしたりしたときなどに、不倫相手から「それは言いすぎじゃない?」だとか、「さすがに子どもや奥さんがかわいそう。ちょっと考えなおしたら?」などという注意をされたときに、相手の気持ちを考えられる子なのだな…と思い、不倫相手への気持ちが深まることがあるようです。特に、配偶者が自分本位の言動が目立つタイプの場合にはこの傾向が強まるようです。不倫相手のこのような発言がきっかけで、配偶者と離婚協議に踏み切った、というような人もいるほど。配偶者と正反対の性格に惹かれやすいのかもしれませんね。

■不倫相手が無理しているのを知ったとき

例えば、不倫相手との大切な記念日などに家族の大事な予定が被ってしまったとき、不倫相手が体調を崩しているのに、なかなかお見舞いにも行けないとき。そのことを不倫相手に伝え、謝ったときに、「自分は大丈夫だから、気にしないで。」と言われたとします。しかし、後日他の人から不倫相手がすごく落ち込んでいた様子だとか、実は言われていたよりも体調がかなり良くなかったようで、相当弱っていたような話を聞いてしまったとき、「やはり自分が側にいてあげなければ!」という強い気持ちが芽生えることがあるようです。自分が悲しかったり、辛いときでも相手のことを思いやれるというのもポイントが高いのかもしれません。

不倫相手に本気になってしまうシチュエーションなどについて、いくつかご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。いずれの場合も、配偶者とかなり関係が冷え切ってしまっている場合に不倫相手への気持ちが高まっていくことが多いようです。もしも現在、配偶者の不倫疑惑などでお困りの方がいらっしゃるのであれば、配偶者が不倫相手に本気になってしまう前に、「別れさせ屋」などに相談し、早めに手を打った方が良いかもしれません。

不倫相手と別れたあと、本当の幸せを手に入れるためには

大体の方が、悪いことだとはわかりつつ不倫関係を続けてしまっているのではないでしょうか。不倫相手と過ごしている間にもふと、「このままでもいいのだろうか…」と思ってしまうこともあるかもしれません。そういった考えが頻繁に思い浮かぶようになったのであれば、不倫関係を終わらせて、自分の幸せを見つめなおす時かもしれません。

■不倫をこのまま続けていいのか、と考える瞬間とは

一番多いのはやはり、「妻とは別れるつもりだ」といいつつ、いつまでも実行に移す様子がない時かもしれません。不倫相手が離婚に踏み切らない限りは、自分はいつまでたっても「不倫相手」なのです。そこから関係を進めることはできません。そういった時、「いつまでこのままなの?」と考えてしまうことが多いようです。また、不倫相手がSNSなどに投稿していた家族写真などを見て、ということもあるようです。私はこそこそしていなければいけないのに、この人は家族との写真は堂々とアップしているなんて、なんだか不公平。そう感じてしまっても仕方がないでしょう。2つとも、共通点は「理不尽さ」を感じるような時、ということでしょう。

■別れた後に幸せを手に入れるためには

では、不倫相手と別れた後に自分で幸せをつかむためには、どのようにすれば良いのでしょうか。まずは、不倫相手ときっぱりと関係を絶つ、ということがとても大切になってきます。別れると決めたのであれば、連絡もその後は一切取らない方が良いでしょう。別れを切り出すと、不倫相手はなんとかあなたをつなぎとめようと様々な甘い言葉をささやいてくるかもしれません。また、「今年中には別れる!」と具体的な期間を申し出てくるかもしれません。しかし、そういった約束は脆いもの。いざ期限が近くなってきたときに問い詰めると、「子どもの学校が大変だから」「色々と事情があって今は無理になった」などという理由を付けて先延ばししてくることも本当に多いのです。もしも、あまりにしつこくなかなか自分ひとりでは縁を切れないかもしれない、という場合には、「別れさせ屋」という別れさせるためのプロの集団も存在します。先に進みたいのにしつこく粘られて困ってしまった時には、別れさせ屋の利用を検討してみても良いかもしれません。

不倫関係を終わらせたあと、幸せを手に入れるためには不倫関係をすっぱりと終わらせ、新たな人生を歩むつもりで様々なことに挑戦してみる、ということが大切です。もしも今あなたが、不倫相手との関係に理不尽さや不公平さを感じているのだとしたら、今が行動を起こすべき時なのかもしれませんね。

不倫相手と復縁するためには

不倫関係というのは、その障害の多さからも関係が壊れやすいものです。しかし、相手の家族のことなどを考えて別れた後でも、なかなか忘れられないレベルまで好きになってしまった、ということも珍しくはないでしょう。不倫相手がどうしても忘れられず、復縁をしたい場合にはどのように行動するのが良いのでしょうか。

■連絡先だけは確保しておくようにする

不倫関係が終わってしまったとしても、連絡が取れなくなってしまうとその後の復縁はかなり難しいものとなってしまいます。あくまでお友達としてお付き合いを続けてほしい、というアピールをして連絡だけは取ることができるようにしておきましょう。しかし、だからといっていきなり復縁を迫るような連絡をしてしまってはいけません。まずはたわいもない話を続けていき、やはりこの人と話していると楽しいな、と相手に思ってもらえるようにしていきましょう。こうしていくうちに、あなたへの気持ちがまた強くなっていくこともあるかもしれません。相手から相談などがあった場合には、親身に聞いてあげると更に距離が縮まることでしょう。

■相手へ未練があることは気が付かれないようにする

基本的に、自分への未練がまだあるのだな、と思っているうちは自分が有利だと思ってしまいがちですので、あなたが相手のことをまだ好きでいる、ということは悟られないようにするのが大切です。早く復縁したいという気持ちはあるかもしれませんが、焦ってしまうとかえって復縁が難しくなってしまうこともあります。自分から気持ちが離れていると思うと相手もなんとかあなたのことを手に入れよう、という気持ちになることが多いものです。実行するとなるとなかなか難しいかもしれませんが、グイグイ追ってしまうよりも少し引いているぐらいの方が、復縁までの時間を短くできるかと思います。