別居中に浮気に発展する原因とは?

別居中のパートナーがいるが、別居という状態から浮気に走る人も少なくありません。

夫婦関係がうまくいかなくなって、関係修復のために同居ではなく別居という選択をしたはずなのに浮気をしてしまっては本末転倒です。

今回は、別居中に浮気に発展する原因をご紹介したいと思います。

1.独身気分になっている

正式に離婚をしたわけではないですが、パートナーと離れて一人で暮らしていると、ついつい独身の気持ちになってしまいます。

開放的な気持ちになりパートナーの目もないことから浮気をしてしまい、結果的に不倫状態になります。

しかし別居しているといっても法的にはまだ婚姻関係は継続している状態です。浮気がばれると慰謝料を請求される可能性もあるので注意しましょう。

2.寂しい気持ちを紛らわすため

この理由が一番浮気につながりやすいかと思います。

仕事が終わって家に帰っても誰もおらず、夕飯の支度も家事も掃除もすべて自分で行う…。

このようなことが積み重なってくると最初は解放感にあふれていた生活が一変して、とてつもない寂しさを感じるようになってしまいます。

すでに気持ちが冷めてしまったパートナーと寄りを戻すよりかは、新しい人と付き合って刺激のある毎日を過ごしたいと思い、浮気をしてしまうことがあります。

3.離婚をしたいため

なかなかパートナーが離婚に応じてくれない場合は、離婚をするために浮気をする人もいます。

浮気をしたという既成事実を作ってしまえば離婚もやむを得ない状況になります。

しかし、この場合は慰謝料を請求される可能性が非常に高いので、周りの状況をよく確認する必要があります。

別居中に浮気に発展する原因は上記だけではなく、他にもさまざまな理由があることと思います。

一度温かい家庭を知っている人こそ、寂しさや人恋しさから浮気をしてしまい、取り返しのつかない状況になってしまうことがあります。

別居をすることで関係を修復できそうな場合は、寂しさがあっても浮気をするのはやめた方が良い場合が多いです。しかし別居をして関係が戻りそうにない場合は、早々にこれからの将来のことを考える必要があるでしょう。

本気の不倫と気づく瞬間

現在パートナー以外の相手と付き合っているいわゆる不倫状態にあるが、はじめは遊びのつもりだったのに、いつの間にか本気になっていた…。という経験はありませんか?

今回は、遊びの不倫から本気の不倫だと気づく瞬間の一部をご紹介致します。

1.現在のパートナーに失望した時

既婚の方の場合ですが、現在のパートナーに失望した時に本気の不倫へと変わることが多いようです。

夫婦関係のマンネリから不倫へと発展することが多いですが、この時点ではまだ離婚を考えるほど夫婦関係は冷めきっていないかと思います。

しかし、何らかの事情でパートナーとの未来を考えられなくなった時は、不倫相手との今後を真剣に考えることが多くなるでしょう。

2.不倫相手といるときのほうが落ち着くと感じた時

なんとなく家にいると落ち着かない…。

そのようなきっかけで不倫をすることが多いですが、パートナーといるときよりも不倫相手といるときの方が安心感を得られる場合、本気の不倫かもと気づくことがあります。

3.なりふり構わず不倫相手を優先したいと思った時

家庭があるが壊れてしまっても構わない、またはパートナーと離婚してもいいから不倫相手と一緒にいたい…

と、どんな状況になってしまっても構わないと思うのであれば、本気の不倫であると気づきやすいかと思います。

このような状況の時は、パートナーとやり直して再出発することがかなり難しい状況だと思いますので、これからの将来をどのようにするかを考えていく必要があります。

本来割り切った関係であるはずが割り切られないと感じるのは、パートナーよりも不倫相手に強い愛情を感じている場合がほとんどですので、不倫を続けるのかきちんとけじめをつけるのかを考えていく必要があります。

しかし既婚の方でお子様がいるなら、現在のパートナーと関係を続けていく方が良い場合もあります。

いずれにしても不幸になる人が少ないことが理想ですので、後悔のない決断をするようにしましょう。

不倫相手と別れないために行うこと3選

付き合っている人がいるが不倫の状態…。しかし本気なので別れたくないと思っている人が中にはいらっしゃるかと思います。

世間的には「不倫は良くない、不幸になる」などといわれていて、あまりいい印象はありません。実際に不倫がばれて裁判沙汰になることも珍しくありません。

しかし本当に好きな相手なら別れたくないと思うのが普通だと思います。

今回は不倫相手と別れないために行うことを3つご紹介致します。

1.マンネリ化しないようにする

不倫はパートナーとの関係がマンネリ化しているのが原因であることが多いので、同じくマンネリ状態になってしまうと新鮮さが無くなってしまいます。

そうなると家にいるパートナーとなんら変わりない状況になってしまうので、マンネリにならない努力が必要です。

メイクを変えてみたり、いつもと違う服装をしてみたりと工夫をすることで、マンネリを回避することができます。

2.献身的に支える

不倫相手は家庭で何らかの問題を抱えていることが多く、また仕事の悩みなどもあり精神的に不安定になっている時があるかと思います。

そのような時に側にいて支えてあげることで、「この人だけは離したくない」と思わせることができます。

3.過剰に連絡をしない

寂しい感情からついつい相手へ過剰に連絡をしてしまいがちですが、あまりにも回数が多いと重いと思われてしまうことも少なくないようです。

連絡の回数はほどほどにすることで、相手から連絡が来ることも増えると思います。

また、すぐに返信も求めることも相手からすると連絡が義務に感じてしまうので、即返信は求めないように注意しましょう。

不倫相手と別れないための方法をご紹介しましたが、大事なことは「相手の気持ちになって考える」ということです。

誰だってマンネリ化したり連絡の回数があまりにも多かったりすると負担に感じてしまいますし、辛いときには支えてほしいと思うものです。

相手の気持ちを考えることで、自分が別れの原因を作ってしまうことをほぼ防ぐことができますので、感情的になってしまった時こそ冷静になって、お互いを見つめなおすと良いでしょう。

復縁した不倫相手とのその後は?

不倫をしていて、復縁を果たした人も多いかと思います。

普通の恋愛と比べて不倫はパートナーがいることから、復縁は難しいとされています。しかし復縁をしたカップルがいるのもまた事実ですがその後はどうなったのでしょうか。

今回は不倫相手と復縁したその後について、いくつかご紹介したいと思います。

1.別れてしまった

復縁したけれどまた別れてしまったというパターンです。

不倫状態ということから一度別れてしまい、その後やり直したとしても以前と状況が変わっていなければ同じことの繰り返しになってしまい、また別れてしまうことになります。

復縁をする前に別れた原因を解決し、以前とどのように状況が変わったのか相手に伝えることが重要になります。

2.結婚した

不倫から別れを経験した後、復縁してその後相手と結婚したというパターンです。

この場合は、パートナーだった人ときちんと離婚をしたということから、遊びの関係ではなく本気の不倫だったということが多いです。

一度別れた後に復縁して結婚まで進んでいますので、その後も上手くいっている人が比較的多いようです。

3.現状維持

あまり良くないのがこちらの現状維持のパターンです。

別れる前と同じ不倫状態の継続ということは、パートナーと別れて正式に付き合う気はなく、このままの体の関係でいたいという意思の表れであることが多いです。

真剣にこれからの将来を考えている人には一番辛い状況になります。

いくら相手のことが好きでも、離婚をしない限りはこれ以上の関係になることができないので、不倫相手ときちんと話し合うか、別の人と新しい道を歩むことを考えるべきでしょう。

復縁したあとはまた別れてしまったり、結婚まで進んだり、以前と同じ不倫関係が続く状態などさまざまですが、いずれの選択でもお互いが不幸にならずに幸せになれることが大切です。

とくに重要なのが、これからの2人についての将来を相手がどう考えているのかということです。

まだそのような話をしたことが無い人は、一度相手に問いかけてみるのがいいでしょう。