恋愛で悩むなら電話相談がおすすめ!こんな状況なら嫌われるかも!?

自分の中では恋愛に悩んでいるつもりでも、実際は自分の言動が原因でぎくしゃくしていることがあるのをご存じでしょうか。どんなことが原因になっているのか、電話相談した方が良いのか詳しく見ていきましょう。

■うっかりやってしまいがち?!自分本位な行動は要注意

今付き合っている状態なら、お互いの仕事の都合ですれ違うこともあります。ほんの1週間程度ならまだしも、数ヵ月も続くようでは連絡も滞りがちになります。こういう状態ではお互いの不満が高まり、些細なことで喧嘩になることもあるでしょう。お互いに自分のことをわかってほしいので、自分を優先してしまうようでは、衝突するのも無理はありません。

また、失恋した相手をどうしても諦められない方は、ついついストーカーのように付きまとってしまうこともあります。遠くから見ているだけでいいと思っていても、徐々にエスカレートすれば、相手を見ていることさえ犯罪になりかねません。

自分の気持ちだけで行動することは、決して悪いことではありませんが、恋愛においてはあまり良い方向に進まないことが多いです。相手あっての恋愛なので、相手の気持ちを考えた行動が必要です。どうしてもうまくいかないときや、相手から誤解を招いてしまうようなときは、恋愛の相談のプロに電話相談するのがおすすめです。

■不安や寂しさから感情的な行動をとってしまうのはNG!悩みは早めに相談するのがベスト

恋愛中に不安になったり寂しくなったりすることは、誰にでもあることです。自分がこうした状態に陥ったときに、相手に気持ちを確かめるために言い寄ったり、相手の都合や気持ちを無視した行動をとったりすると、場合によっては嫌われてしまう可能性があります。

うざい、しつこいなどと思われてしまうほど悪化させてしまうと、なかなか修復できないことも多いのです。不安や寂しさを感じても、感情的になって相手に迫るのではなく、まずは状況の整理と電話相談してみてください。早い段階で電話相談ができれば、感情的な行動にでることなくすぐに解決できることもたくさんあります。

電話相談できる心理カウンセラーって?恋愛のことも気軽に相談できるサービス

恋愛の悩みは誰にでも相談できるものとは限りません。できれば親身になって相談に乗ってほしい、自宅から電話相談できればリラックスして話せるなどの希望がある方は、電話相談できる心理カウンセラーの利用がおすすめです。

■恋愛の相談に電話相談が最適な理由とは?

恋愛のこととなると、友だちにも言いにくいことはありませんか?本音を話せなかったり、見栄をはってしまったり、素直になれないこともあるはずです。また、対面した相談だと緊張することもあるでしょう。そういったさまざまなケースをクリアできるのが、電話相談です。

電話による相談なら相手が心理カウンセラーでも緊張しにくく、自宅から相談できればリラックスしやすいといえます。また、相手の顔が見えないことから、思っていることをどんどん話せるメリットもあります。さらに心理カウンセラーの言葉も、素直に受け入れられる効果も期待できます。

■心理カウンセラーは男性と女性のどちらがいいの?

電話相談を利用して心理カウンセラーに恋愛の相談をするとき、気になるのは心理カウンセラーの性別ではないでしょうか。話しやすさで決めても良いですが、相談内容によって決めるのがおすすめです。例えば、相手の気持ちを知りたいという相談なら、異性の心理カウンセラー、自分がどうすればいいか知りたいときは同性の心理カウンセラーという風に使い分けましょう。

相手の気持ちを知りたい、相手の心理を探りたいというときは、異性の方が詳しいアドバイスが期待できますね。相手の立場に立った考えを示してもらえるでしょう。反対に、自分がどうすればいいかなどの、自分の行動や気持ちを整理したいときは、同性の方が分かり合える部分が多いです。同じ男として、女としてこうだというアドバイスがあれば、なるほど!と納得することができるでしょう。

■はじめは無料で試せる心理カウンセラーに電話相談するのがおすすめ

恋愛の電話相談は有料サービスがほとんどですが、初めての利用なら無料で試せる心理カウンセラーに相談するのがおすすめです。時間が短いなどの制限があっても、雰囲気や感覚を掴むことができます。上手に使って恋愛を成就させましょう!

恋愛相談で求められるアドバイスって?電話恋愛相談する方がいい理由

恋愛相談をする人の心理は、有効なアドバイスを欲しがっているケースは少ないことをご存じでしょうか。ほとんどの場合、報告や聞いて欲しいだけで、どうしたいのかは決まっていることが多いものです。そういった方は、恋愛相談のプロに聞いてもらう方が良いと言われています。

■本当に恋愛相談したい?アドバイスは肯定的な内容が求められている

恋愛相談したい方のほとんどは、近況報告のような話をすることが多く、アドバイスをしてほしいわけじゃないというケースが多数あります。自分の恋愛話をちょっと聞いて欲しいという気持ちが抑えられなくなり、恋愛相談という形で話してしまうのでしょう。

もちろん話の内容は肯定してほしいのみで、否定的な意見をいってしまうと離れていってしまいます。例え否定的でも正論を述べたとしましょう。恋愛相談する人は認めてほしい気持ちが強いため、ぐっと心の距離を取ろうとします。相手の満足度を上げるには、正論を述べるよりもそうだねと話を聞いてあげる方が良いのです。

■どうすればいいかわからない相談は賛成してほしい証拠!どうしたいのかは決まっている

恋愛相談の中にはどうすればいいかわからない内容もよくあります。しかし、ほとんどのケースは賛成してあげると非常に喜ばれます。自分一人での決断に自信がないか、誰かに背中を押してほしいという状態なのでしょう。どうしたらいいと思う?というようなフレーズで意見を求められたときは、深く考えずに賛成してあげるのがおすすめです。

また、こうした相談を持ち掛けてくる方は、ほぼ、どうしたいのか決まっている状態です。例えば、今度、デートに誘おうと思っているがどう思うか、という恋愛相談があったとしたら、デートに誘うことはすでに決めてあるということです。やはり賛成してほしいし、背中を押してほしいと言う気持ちが見え隠れしています。

■恋愛相談は恋愛電話相談の方が役立つアドバイスをもらえる

本当に恋愛相談したい方は、相談のプロが揃う恋愛電話相談の方がおすすめです。例えば、別れるかどうか迷っている、ステップアップするにはどうしたらいいかなど、深刻な悩みほど役立つアドバイスをもらえます。聞いて欲しいだけなら友だちが付き合ってくれるでしょうが、自分の気持ちを整理してアドバイスが欲しいなら電話恋愛相談をおすすめします。

不倫相手と一緒になるには?悩み相談は友だちよりも電話相談がべスト

不倫相手に本気になってしまい、どうしても今のパートナーと別れて再婚したい!と思うこともあります。ですが、重大な決断だけに簡単に決めることも難しいでしょう。誰かに相談するなら、秘密厳守の電話相談がベストです。

■女性は育児がひと段落したときに不倫する可能性が高い

電話相談に寄せられる悩み相談の中には、育児がひと段落したころの女性が不倫した、というケースが少なくありません。育児がひと段落したころは、自分の人生を振り返ることや、女性としての自分を見直すことがあります。旦那とは合わないと感じることも多いのです。

育児や自分のことに関心が薄い旦那よりも、何かと気遣い一人の女性として扱ってくれる不倫相手の方が、居心地が良いのは当然のことです。単純に今日もおつかれさまとひと言、声をかけられるだけでも全く違うため、どんどん不倫相手にのめり込む傾向もあります。

■今の旦那と離婚して不倫相手と再婚するにはどうしたらいいのか

居心地が良いところに居たい、そう思うのは誰でも同じです。ですが、子どもがいる主婦が実際にそれを実行してしまうと、場合によっては慰謝料を請求されてしまうかもしれません。そのため、即決するような進め方ではなく、冷静になって不倫相手への思い、今の旦那への思い、別れたときのこと、子どもへの影響など良く考えることが必要です。

同じ部屋にいて会話もない、子どもの具合が悪くても気にする様子もないような旦那なら、それを理由に離婚するのが良いでしょう。ですが、不倫相手のことは絶対にバレないようにしてください。揚げ足を取られてしまえば立場が逆転するからです。

そのほかのことでも離婚の理由にふさわしいことがあれば、記録と証拠をできる限り保管しておいてください。小さなことでも積み重なれば必ずや力になります。

■不倫は人にいいにくい!でも電話による悩み相談なら適格なアドバイスがもらえる

不倫の相談は誰にでもいいにくいものですが、電話による悩み相談なら第三者の立場でのアドバイスがもらえます。もちろん、秘密は厳守され、顔を合わせるようなこともありません。人生がかかっている大切なことだけに、一人で突っ走るのではなく一度は相談して、じっくり結論を出すと良いでしょう。