不倫相手が本気かどうか確かめたい

不倫している人は、いつも不安な気持ちを抱えています。相手はどういうつもりでこの関係を続けているのか。将来的に自分と一緒になる気はあるのか。確かめたくなるけど、相手に嫌われたくない。本心が分からないと悩んでいる人もいるでしょう。そんな時は別れさせ屋に相談するのもありです。

<家族や子供を大切にしているかどうか>

相手が本気かどうかを見極めるのは非常に難しいのです。ただ一つの目安として相手が家族や子供を大切にしているかどうかで判断できます。

例えば、子供の運動会や参観日、学芸会など、イベントがある時に、会いたいと言ってみましょう。もし相手が不倫相手より子供を優先したら、本気かどうかは怪しいです。逆に、子供のイベントに参加せずに不倫相手と会うようであれば、本気である可能性が高いです。

他にも、奥様と普段仲がよいかどうかも判断基準です。マメに連絡を取りあったり、休日に一緒に出掛けるなど、関係が良好に見えるのであれば、不倫はお遊びの可能性が高いです。不倫相手と将来的に一緒になりたいと思っている人の多くは、夫婦関係が破たんしてたり、家族関係が悪いことが多いです。

家族との関係が良好にも関わらず、不倫相手と一緒になるという洗濯をする人はほとんどいません。まずは、家族や子供をどう思っているのか見極めましょう。

<工作員を送り込み本心を聞き出す>

もし自分ではなかなは判断できないのであれば、別れさせ屋に相談してみましょう。別れさせ屋は、単に相手を別れさせるだけではなく、相手の本心を聞き出すこともできます。

工作員を使い、相手と親密になり、今の関係をどう思っているのか本心を引き出します。別れさせ屋の工作は、相手の好みの異性を送り込み、トラップを仕掛けるのが一般的です。でもこのように、本心を聞き出すためには、同性の工作員が、まるで親友のような関係になり、相手の心を確かめることもあるのです。

不倫相手の本心は、相手からはなかなか分からないものです。だから、別れさせ屋のように第三者によって、本気かどうかを確かめるという人もいるようです。

不倫相手と別れたい。なぜ当人から依頼がくるのか

恋や愛は、時に人を狂わせてしまうことがあります。その愛情が一方的であればあるほど、人は暴走してしまいます。別れさせ屋には、不倫相手と別れたいという相談がくることがあるようです。依頼人は、その不倫をしている当事者です。一体どういうことなのでしょうか。

<一時の間違いがダラダラ続き>

不倫をしている人は、一度体の関係を持っただけで、その後ダラダラと関係が続いてしまうことがあります。当人としては、早く別れたい、関係を清算したいと思っています。

でも、相手が別れてくれない、別れるなら関係をばらすなどと言われ、仕方なく続けてしまっているという話も珍しくありません。特に相手が自分勝手で暴走しやすい相手だった場合は、歯止めがきかなくなります。

相手の妻や夫にいたずらに電話したり、いたずらをするなど、ゆさぶりをかけて関係を楽しもうとします。

愛情は時におかしな方向へと走り、ストーキングをしたり、DVをしたり、モラルハラスメントを起こすこともあります。

不倫する相手がそうした傾向のある人だった場合、一時の間違いによって、その後自分自身も苦しめてしまうことにもなりかねないということです。

<別れさせ屋はどうするのか>

もし不倫相手と別れたいという相談が来たら、別れさせ屋はどうするのでしょうか。当人が何をやっても別れならない人と、工作により別れることができるのか疑問です。工作の方法としては、とにかく不倫相手に別の相手を見つけてもらうしかありません。例えば、その人の好みの異性を送り込みます。

もちろんその人は工作員です。ターゲットと工作員が親密になり、意中の相手を不倫相手からその人になるようにし、不倫相手とは別れてもいいという心境にさせます。そして頃合いをみて、依頼人に別れを切り出すようにします。元々熱しやすい人だから、一度夢中になる人を見つければ、比較的簡単に別れてくれるようです。

不倫している相手と別れてしまいたいと思っている人は意外に多いようです。簡単に関係を清算できないからこそ、別れさせ屋のようなプロに頼りたくなるのでしょう。

不倫していた人と復縁したいという相談

不倫関係はいつまでも長く続かないものです。何カ月、何年か関係が続き、最終的には会わなくなるという人も珍しくありません。しかし、もう一度不倫相手と復縁したいという相談が別れさせ屋にくることもあるようです。

<別れさせ屋は復縁屋であることも>

そもそもなぜ別れさせ屋に、復縁したいという相談が持ち込まれるのでしょうか。それは、別れさせ屋は、夫婦やカップルを別れさせるだけではなく、時に誰かと復縁したいという依頼を受け、実際に復縁させることもあるからです。別れさせ屋に対し、復縁屋とも呼ばれています。

この両者、誰かと別れさせるという工作と、誰かとヨリを戻すという工作。全く異なるようにも見えますが、実はとても似ているのです。なぜなら、ターゲットの心理にうったえかけて、恋愛模様を操作するからです。だから、結果だけ見ると全く異なることをしているようにも見えますが、工作そのものはどちらも似ています。ターゲットに近付き、親密になり、そして相手の心を誘導していきます。別れさせ屋が復縁屋を行っているのは、どちらも同じスキルが必要であり、どちらも対応が可能だからです。

<不倫関係に戻りたいと思う気持ちとは>

なぜ不倫していた人と復縁したいと思うのでしょうか。理由は人それぞれですが、共通しているのはその関係が楽しかったからでしょう。

不倫は少し後ろめたさがありながら、恋人同士の新鮮な気持ちを味わうことができるので、結婚して夫婦関係が少しさめている人にはとても刺激的です。また不倫相手にとっても、妻や夫がいる人を寝とっているという背徳感があり、自尊心を満たすこともあります。

不倫関係が終わる時は、家庭を大切にしたい、周囲にばれて関係を続けることができなくなった、のどちらかが多いです。

ただ、相手との気持ちが切れたわけではありませんので、時間が経ち、ほとぼりが冷めた頃にまた相手と復縁したいと思うようになります。

別れさせ屋は、時に復縁屋でもありますので、不倫していた人と復縁したいという相談を受けることもあります。

不倫はいけないことと頭ではわかっていながら、再度関係を持ちたくなるから、人間は必ず理性だけで生きているわけではないことが分かります。