別れさせ屋にとある夫婦の離婚を依頼する

かつては深く愛しあった二人でも、「離婚」という結末を迎えることがあります。すれ違いや相手の裏切りなど、何かしらの問題が引き金となった結果です。しかし、世の中には第三者によって「離婚」とういう結末を迎える場合もあります。自分で決断した離婚が、実は別れさせ屋の誘導によるものだった場合もあります。誰が依頼をしたのかというと、浮気相手や不倫相手などが多いようです。初めは割りきった気持ちだったのに、本気になってしまった。いつか離婚して自分のもとに来てくれると言ったのに、 話は全く現実的にはならない。そんな時に人は別れさせ屋を訪れるのです。別れさせる夫婦夫婦を別れさせるということは、恋人同士の場合とは様相が違います。それは、夫婦関係という法律上の立場の違いがあるからです。お互いに離婚にいたる理由がない限り、片方が拒否すれば、離婚をすることはできません。ターゲットとなる夫婦も、「さめきった夫婦」「一見仲むつまじい夫婦」など様々です。

「別れさせ屋」がすること「別れさせ屋」では、依頼者への丁寧なヒアリングを通して、状況を整理します。夫婦それぞれの行動や性格、趣味などにいたるまで綿密に調査を行います。それらをもとにシナリオを作成し、工作を開始します。どのような方法を採るかは、依頼者との関係や夫婦関係などに大きく異なります。しかし、どの方法も水面下で出来るだけ迅速に行わなければなりません。特に、浮気や不倫に気付いていない場合は、最後までそれに気付かれないまま工作を行っていくことが非常に重要になります。 離婚を望む人たち誰かを別れさせたい、思う気持ちは、第三者が聞くと違和感を感じると思います。しかし、愛してしまった人と、幸せになりたいという気持ちは、理解できるのではないでしょうか。出会いのタイミングで、浮気や不倫ということになってしまったということなのです。たんなる思い出や遊びとして片付けるのも一つですが、自分の気持ちに素直になることも決して間違ったことではありません。諦めたくない恋愛。そんな恋愛は誰にでもあるものです。

Posted in couple.