別れさせ屋で「復縁工作」?元の夫婦に戻りたくて……

出会いがあれば別れがあります。その別れの中には、別れたことが間違えだったと思うこともあります。「別れなければよかった……」「よりを戻せるなら戻したい」と一度は思ったことがある人は、少なくないのではないでしょうか。別れさせ屋では「別れさせる」ことを仕事としています。その一方で、「復縁」という仕事もしています。「別れさせ屋」で「復縁」と言葉だけ見れば、違和感はありますが、実はどちらも「人の心理・行動を読み取り工作活動を行う」というベースは同じなのです。 別れさせ工作と復縁工作はどこが違うのか別れさせ工作と復縁工作には一つ大きな違いがあります。別れさせ工作の主な工作対象者は、恋人や夫婦などの交際相手です。復縁工作では、主に元交際相手です。「元」ということは、もう過去の相手です。別れさせ工作ではすぐ得られるような情報でも、他人となった対象者には同じようにはいきません。復縁工作では情報収集や調査など、その手段も内容も変わってきます。復縁工作では、まず別れた相手の「現在」を調査し、相手の「今」を知ることから始まります。

別れさせ工作と復縁工作の連携元交際相手がもうすでに新たな相手を見つけていることも珍しくありません。その為、復縁工作では、別れさせ工作を伴うこともあります。別れさせた後に復縁させるのか、復縁させた後に「二股関係」を作らせて別れさせるのか、など方法はさまざまあります。どの方法も、対象者やその交際相手の交際にいたるまでの状況や、それぞれの行動や性格、趣味などを綿密に調査します。そして、その調査結果を分析して作られた最良なシナリオで工作を行います。しかし、復縁工作で最も大切なことは、復縁工作の最初に行う、依頼者へのヒアリングです。 復縁工作の第一歩復縁工作で成功の鍵となるのは、「別れた原因」をしっかりと客観的に分析することです。すれ違い、金銭問題、浮気問題などで、その後の復縁工作のアプローチや工作方法も大きく変わり、それは成功率にも大きく関わってきます。しかし、その別れた原因は、依頼者本人は自分なりの解釈で判断している事があります。そのまま別れさせ工作や復縁工作を行っても、依頼の成功にはつながりません。まずは、「別れた」状況を客観的に分析し、その原因や問題の本質を発見することが、復縁工作の第一歩と言えます。元の夫婦に、もしくは恋人に戻りたいのであればしっかりとした分析からが第一歩なのです。

Posted in couple.