夫婦を別れさせるにもさまざまなケースがある

○いろいろな事情による「夫婦を離婚させてほしい」という依頼別れさせ屋への依頼のなかには、夫婦を離婚させてほしいというものも少なくありません。
ただ、なぜその夫婦を離婚させたいと思うか、その理由や抱える事情についてはそれぞれにことなります。たとえば、自分が不倫関係にある人とその配偶者を別れさせてほしい、という依頼もあります。
社会通年的には良くない考え方かもしれませんが、すでに愛情のない夫婦関係を続けていくよりもお互い好き合っているふたりが一緒にいるほうが自然ですし、無理のない暮らしをしていけるはずです。
ただ離婚することにはそれなりの手間やリスクがありますので、気持ちがなくなったから、好きな人がいるからというだけではなかなか離婚に踏み切れない人も多いのです。特に男性は、わざわざ離婚の手続きをするよりも、今のまま不倫相手とも奥さんとも一緒にいるほうが楽だという考えを持ってしまいがちです。
本人はそれでいいかもしれませんが、それでは不倫相手の女性も、そして奥さんもしあわせにはなれません。そういったケースにおいては、むしろ離婚させるほうがそれぞれより良い未来へと進んでいけるともいえるのです。また、自分自身が現在の配偶者と離婚したいという人もいます。直接話しても相手が離婚を了承してくれず、ずるずると結婚生活を続けるはめに陥っている人は少なくありません。愛情はなくても経済的・社会的な関係はありますし、お子さんがいればなおさら別れにくく感じますよね。
けれど、お子さんにとっても、不仲な両親が無理をして一緒に暮らしているよりも、少し距離を置いて人として親しくしてくれるほうが良いケースもあるのではないでしょうか。離婚に対して依頼者自身、そしてパートナーが感じている障害をひとつひとつ取り除き、円滑な離婚手続きができるようサポートしていくのも別れさせ屋の仕事のひとつです。ほかにも、自身のお子さん夫婦について別れさせてほしいと依頼するご両親もいるそう。破綻した結婚生活に疲れている娘・息子を見ているのは、ご両親にとってはつらいことですよね。うまく関係を整理できずにいる子供の手助けになればと別れさせ屋へ依頼したりするそうです。

Posted in couple.