別れさせ屋が大事にすること……親子のきずな

別れさせ屋は主に自分の配偶者と浮気相手を別れさせようとしたりしたときに使うことが多いですが、自分の家族に対して使うことも時々あります。親が自分の子供を離婚させるときに使うこともあるのです。親が自分の子供の結婚生活に介入しようとするのはいったいどのような時なのでしょうか。子供の配偶者の過去が気になる……一度は結婚を許したものの、親戚付き合いをしているうちにどうしても結婚相手の過去が気になるようになることがあります。子供の方は好きで結婚したわけであり、客観的に状況を見ることができないものですが、脇から見ているとどうも隠し事をされているような気がする、そんなこともあるものです。別れさせ屋は、依頼された工作を実行に移す前に入念なリサーチを行います。その結果依頼主自身も知らないような驚愕の事実が浮かび上がるようなことも結構あるものです。別れさせ工作を正式に依頼する前に、まずは身辺調査を依頼される人も多くいるものです。

子供の配偶者が犯罪歴がある人だった場合身辺調査を依頼した結果、過去に犯罪歴がある人間だったことが判明した場合どうすればよいでしょうか。空き巣のような犯罪から殺人、強盗のような凶悪犯罪まで様々ですが、それらを隠して自分の大切な子供と暮らしているとわかれば、親としては夜も眠れないような心境のはずです。そうなれば正式に別れさせ工作を依頼することをおすすめします。配偶者に異性の工作員を近づけるオーソドックスな方法として異性の工作員を近づけ、恋愛関係にもっていき、浮気現場を妻に目撃させる、という方法があります。目撃する現場には妻の親も一緒にいればより効果てきめんです。離婚に向けて有利に話を進めていくことができるようになります。さて、そのような際に必要なのは、親と子供の信頼関係が絶対に崩れないようにすることです。万が一にも別れさせ屋に依頼したことが子供にばれてしまえば、その関係性を修復することはかなり困難になります。別れさせ屋は依頼者とその子供の関係性がずっと幸せに続くようにしていくことが第一の優先事項としているのです。

Posted in child.