親のことで子供が別れさせ屋に相談?

「別れさせ屋」に相談に来る人というと、男女の色恋の問題を想像すると思います。相談に来る人も、恋人同士、浮気や不倫をされている人、もしくは逆のしている人などはイメージがつくと思います。あまり多くは無いですが、親が子供の恋人と別れさせたいという相談もあります。実はその逆もあるのです。「子供」が「親」の事について相談に来るケースです。その理由は、父親もしくは母親が浮気や不倫をしているので別れさせたいというものです。 「別れさせ屋」の扉をたたく子供たち親が浮気や不倫をしている事を知った子供が、自分では問題を解決することができない。でも両親を別れさせたくない。という一心で、「別れさせ屋」の扉をたたくのです。当然、浮気や不倫をされている父親や母親には気が付かれる前に、事を終わらせたいということです。費用や時間、そして精神力を使うこの行為は、子供として両親を思い、悩みに悩んだ末の相談だと思います。

家族を守るための工作この場合、依頼者である子供から両親のついてのヒアリングから始めます。行動や夫婦関係、家での様子、趣味、性格に至るまで一つ一つ聞いていきます。その後、対象の親の行動調査へと移っていきます。浮気相手や不倫相手が特定されている場合は、その方の周辺調査、趣味や性格などの調査も行っていきます。もし特定されていない場合は、対象の親の行動調査などにより、浮気相手や不倫相手の特定から始めます。その調査の結果から別れさせ工作のシナリオを作成します。そして、別れさせ工作にかかるのです。 家族が幸せになるために子供が親の為に「別れさせ屋」に来るというのは、多いケースではありませんが、実際にあるのです。気づかれずに解決したい、出来ることなら何事もなかったように、いつもの家族であり続けたい。親が子供を思う気持ちは大変なものですが、子供が親を思う気持ちも大変なものです。もしかすると、別れさせたとしても、家庭の問題が全て解決するものではないのかもしれません。でも、以前のような、幸せな家族に戻れる可能性があるのなら、と心から願って、子供は「別れさせ屋」の扉をたたきにくるのだと思います。

お子さんと交際相手の破局を願うなら別れさせ屋に依頼を

○子供とその恋人を別れさせたいというご両親からの依頼別れさせ屋へ依頼する人のなかには、自分自身の恋愛関係について問題を抱えているのではなく、娘や息子が現在交際している人と別れるように仕向けてほしい、と考えている人もいます。自分のこどもが、なんだか怪しげな恋人と付き合っていたり、恋人との交際があきらかに勉強や仕事に悪い影響を与えていたりしたら当然気になりますよね。多少過保護かとも感じられますが、大事なお子さんを守れるのは最後にはご両親しかいませんから、どう見ても別れるほうがいいと感じられるときには、別れさせ屋への依頼はひとつの適切な選択肢でもあるといえるでしょう。

○結婚を阻止したいというケースもお子さんももうじゅうぶんに大人といえる年齢であるときには、現在交際している人との結婚を阻止したい、というケースも考えられます。本人どうしが好き合っているのに……と罪悪感を感じてしまうこともありますが、人生の先輩でもあるご両親の目からみてあきらかに結婚に向いていないと感じられるパートナーであったり、もしくはパートナー自身よりもその家族に問題があったりと、結婚を素直に認められない状況になるのは決してめずらしいことではありません。交際を続けたり結婚をしたりすることによる悪影響はあきらかであるにもかかわらず、ご両親が直接忠告しても納得してくれないということも当然考えられます。そんなとき、無理にふたりを別れさせるのではなく、工作員等を利用して当人どうしが納得済みで別れさせることのできる別れさせ屋に依頼すれば、これまでどうにもできなかった問題が良い方向へ進み、スムーズに解決できるかもしれません。自身のこどものことについて別れさせ屋へ依頼するときのポイントは、別れさせ屋の出す方針にはあまり口出しせず、一度依頼したらあとはある程度任せてしまうということです。もちろん生まれたときから見守ってきたご両親のほうがお子さんのことをより理解しているかもしれませんが、別れさせ屋も人間関係を構築・破壊するプロフェッショナルです。ご両親では気がつけなかった部分にも注意して、スムーズなカップルの破局を実現してくれることでしょう。

親が子供の別れさせ工作を依頼する際、知っておくべきこと2つ

最近は親が子供の別れさせ工作を依頼することも多いようです。「今の彼氏と付き合っていては、学業の妨げになる。」「結婚相手として価値観が合わない。」「相手の家柄が気に食わない。」等々。実際の依頼内容には、この他にも様々な理由と背景があります。大きく分けて2パターンあるように思います。子供の年齢が若い場合と結婚適齢期の場合です。前者の場合には「勉学の妨げ」「将来のため」等の理由が一般的。後者の場合は「結婚相手の家柄」等が問題になります。実は親が別れさせ工作を依頼する時に、工作がうまく行かないことがあります。別れさせ工作を成功させるために、親が知っておいてほしいこと2つをここで紹介します。

■子供のことはよくわかっていると思う親「自分の子供のことは、親である私が一番よく分かっています。」そう言う親は少なからずいます。果たして本当にそうでしょうか。子供の一番近くにいるのは、確かに親かもしれません。しかし「灯台下暗し」という言葉があるように、近くにいるから知っていることにはなりません。家族だからこそわからないことも多いのではないかと思います。調査を進めていくうちに、思ってもいないような事実を知ることがあるかもしれません。別れさせ屋に依頼した時点でそう言ったことは想定内という気持ちで臨んでいただきたいです。

■母親と父親前記した「近くにいるほどわからない。」といった内容と重なる部分がありますが、夫婦にも同じことが言えます。依頼者が夫婦である場合、二人の意見が食い違うことが多いのです。子供に対する見方、子供の性格、子供の恋愛等全てにおいて夫婦の意見は異なります。もちろんこの世に自分と同じ人間はいませんから意見が異なるのは当然でしょう。しかし、依頼する時点で対立する2つの意見をまとめるのは困難です。別れさせ工作が間違った方向に行ってしまいかねません。依頼する前に夫婦で話し合いを行ってほしいと思います。おそらく目的はひとつ「子供の幸せ」にあることは間違いないと思います。そうした目的のもとに話し合いをすれば、夫婦間の意見の衝突を避けられるのではないでしょうか。

別れさせ屋に親が依頼することの是非

別れさせ屋に依頼をする人の中には、親の立場である人もいらっしゃいます。もちろん依頼内容は、自分の子供を付き合っている相手と別れさせたいというものです。親はいくつになっても子供のことが心配です。だから、どんな人と付き合っているのか気になるとは思います。ただ、別れさせるということまで親の立場で行って良いのかどうか、その是非について考えなければなりません。

<子供の人生にいつまで介入するか>一般的に子供は成人してからは、責任は自分で負うものとなります。だから、どんな仕事をするのか、どんな人と付き合っていくのかは、子の立場であろうと本人の責任であり自由なのです。ただ、最近は大学へ行く子供が増え、またなかなか独り立ちできない子供も多いため、20歳を過ぎても親の保護下にあることも珍しくありません。だから、ついつい親も子供へ干渉してしまうことが多くなります。それは恋愛にも影響します。あの人はだめだ、もっと良い人がいるなどと、相手にケチをつけたり、そもそも付き合うことも反対したりしてしまうのです。そして度を越してしまった時に、別れさせ屋に依頼にするという強引な手法に出ることがあるのです。別れさせ屋に依頼するには、多額なお金が必要です。でもそこまでして別れさせようとする人がいるということです。

<時には良い結果になることもある>ただ、中には親の判断が正しいこともあります。それは、明らかに付き合い続けることで子供が不幸になることが目に見えている場合です。恋は盲目と言いますが、子供も付き合っている相手のことを冷静に見ることができないこともあります。冷静に諭してもなかなか理解しない、相手と別れないというケースでは、時に強引な手段を用いる必要があります。親の立場として心苦しいものですが、その結果よい方向に向かうこともあるのです。親が子供の恋愛に口出しするのはどうかと思う人も多いでしょう。それはそれぞれの価値観なので、何が正解かは言えません。ただ、別れさせ屋に依頼した結果、良い方向になったのであれば、それは正しい判断だったと言えるのです。

別れさせ屋は親にバレることはある?

自分が別れさせ屋に依頼したいと思った際、「親にバレるのではないか」と不安になっている方もいるかもしれませんね。実際、親族に知られてしまうと、後々の関係にも支障をきたす可能性があるので、しっかりその点は考えて行動していきたいものです。今回は、別れさせ屋を利用した時に親にバレることはあるのかどうかについて紹介します。まずもって不安になる必要はないので、特に心配する必要はありませんよ。

■親にバレる可能性は低い別れたいのに別れられない時、自分の好きな人が結婚や恋愛をしていて別れさせたい時など、別れさせ屋を利用することができます。別れさせ屋に関しては、基本的にバレることはほとんどないと言って良いですね。そもそも、別れさせ屋は守秘義務を設定しており、それぞれの業者が口を固く閉ざしてくれます。わざわざ依頼者の不利になることは、口にしないのが一般的です。そのため、親にバレるということは、まずないと言って良いでしょうね。

■本人にバレる可能性も低い別れさせ屋の工作に関しては、基本的にかなり巧妙な手を使ってくれます。そのため、本人にすらバレないことが多いです。別れたい相手や別れさせたい第三者に知られることもないので、安心して依頼することができるでしょう。本人にバレてしまうと、当然面倒なことになるので、それだけは依頼者も業者も避けておきたいところなのです。そう考えると、業者が必死に裏で交錯するのもわかりますよね。それが結果的に依頼者のメリットにもなっているワケです。

■方針書をしっかり確認すること別れさせ屋に相談すると、方針書などを見せてくれることが多いです。いわゆる「ここをこうして、何をどうする」というような、具体的な工作の内容です。これらはそれぞれの業者ごとに提出してくれることが多いので、利用前に絶対確認しておきましょう。それを見て「やっぱり無理そうだな」と思った場合は、依頼をキャンセルすることも可能です。方針書によっては、親や本人にバレるかどうかの判断指標にもなるので、じっくり目を通しておくことが必要となりますね。もちろん大丈夫そうであれば、後は工作を実際に進めていくだけです。

子どもの幸せを考えるのは親の仕事

子どもが成人になると、どんな人とお付き合いしているかなどは、両親に教えてくれなくなってくることもあります。ある日いきなり結婚したい相手がいると伝えられ、自宅に連れてくると、相手を見て驚いてしまうこともあるようです。

■態度が豹変し始めたら娘や息子が結婚したいといった場合、どんな相手でも頭ごなしに反対しようと考える親というのは少ないかもしれません。しかし、実物を見て不安になってしまい、素行調査などを依頼してしまう方もいらっしゃるようです。大事な娘や息子が、相手にだまされていないか、変な相手と結婚をして不幸になるのではないかと、心配になるからでしょう。

娘がいきなり派手な格好をし始めたり、年相応でないブランド品などを持ち歩きだすと、一体どんな相手と付き合っているのか心配になってしまいます。これまで優しかった息子が、いきなり反抗的になったり、口が悪くなってしまうと、やはり不安になってくるものです。付き合っている相手がまともであれば、あまりこういった悪い変化は現れないですよね。

■冷静にさせるためには恋愛経験の浅い子どもたちは、時にまちがった相手を選んでしまい、反対されれば反対されるほど、ムキになってしまいます。また、恋愛モードにおちいっているため、相手の欠点すら長所に見えてしまい、反対される理由に気付きません。結婚したあとで後悔したとしても、自業自得とは言えますが、やはり我が子がみすみす苦労する道に進むのは、なんとしても回避したいと思うことでしょう。

子どものことを考えて、相手と別れさせたほうが良いと思い、別れさせ屋にご相談にくる母親や父親も少なくありません。実際に調べてみると、相手がろくでもないケースも多いようです。相手がろくでもなかったと気づくには、自分で体感しない限り、難しいのが実情でしょう。最終的には母親や父親のいうとおりだったと、納得して別れる子どもさんもいらっしゃるようです。冷静になってみれば、すぐに気づくことでも、恋愛中にはなかなか気付かないものです。妊娠してしまったので結婚する、なんてことにならないよう、早めの対策が必要ですね。

別れさせ屋は親にもバレない!その特徴とサービスとは

別れさせ屋というサービスについてご存じでしょうか。近年人気のサービスとなっていて、利用者も徐々に増えてきているようです。それほど恋愛や夫婦生活に悩む方が多いのも事実ということでしょうね。実際、日本人の離婚率は約3割とかなり高いです。これが恋人たちの別れも集計したらどうなるでしょうか。それほど、相手と会わないことがあるのが、恋愛や結婚というものなのかもしれませんね。もちろん日常生活を送っていると、結婚した人や付き合っている人の嫌なところが見えてくることもあります。

中には「別れたいけれどなかなか気持ちを伝えられていない」という方も多いのではないでしょうか。そういった時こそ、プロに依頼して別れを助けてもらうことが重要なわけです。しかし、普通に付き合っているだけのカップルであれば話も早いですが、結婚しているとなるとなかなか話は難しくなってきます。やはり結婚となると、家と家同士の問題となるので、そう簡単にはいきません。そういった時こそ、別れさせ屋の力を使ってみるというのはいかがでしょうか。

基本的に相手にバレることはないですし、相手の親にバレるということもありません。利用者にしかわからないように行動してくれるので、その点は心配しなくても大丈夫です。できる限り内密に相談し、それでいて別れの手助けをしてくれるものなので、上手に活用すればとても便利です。もちろん、離婚するとなった場合は相手の同意が必要なので、その点は相手にも納得してもらうことが必要となります。別れを告げても別れてくれない相手に対しては、仮の恋人などを用意して納得してもらうこともできます。

まだまだサービス内容が充実していきそうなサービスとなっているので、これからのサービスの拡充にも期待しておきましょう。離婚したい場合などには、的確なアドバイスなどもくれるので、相談相手としても利用することができますよ。近年、別れさせ屋を利用して離婚を決意する人も多くなっています。相手の親にも納得してもらえる形で別れられるので、安心して大丈夫です。

子供の心配親知らず

最近では高齢者向けの結婚相談所があったり、お見合いパーティーがあったりなど歳を重ねても恋愛に関して積極的な姿勢が見受けられます。しかし子どもとしては自分の親がどんな人と付き合っているのか心配になります。またよくあるケースとして子供が親の不倫に気づいてもう片方が気づく前に、不倫をやめさせたいと思うようです。

もちろん別れさせ屋に依頼すれば、自分で行うよりもずっと別れさせる確率は上がりますが、当然それなりの費用がかかるため社会人である子供のみ依頼することができます。まずは別れさせる理由が再婚なのか、不倫なのかを知る必要があります。

再婚相手候補の何が気に入らなくて別れさせたいのかなど、子供の心情を知るとともに、現在どのような関係でいるのか、付き合っている人がどういうつもりで交際を続けているのかをまずは調査します。遺産目当てやその他の利己的な理由で結婚しようと思っているのであれば、できるだけ早く関係を終わらせ利用に働き掛ける必要があります。

別れさせ屋のみに頼るのではなく、もしも遺産目当てや結婚詐欺を疑うのであれば、貯金通帳やはんこなどは子供が管理するようにするほうが良いでしょう。また不倫の場合には、どこでいつ会っているのか、またどれくらいの期間関係をつづけているのかなど調査することで工作案を考え出します。

もちろん内密に事を進めて他の家族に知られたくないと思うのが、依頼してきた子供の心情のはずですので、バレないということは必須です。ただし夫婦の問題や人の心情は第三者からわからないことがたくさんあるため、単に別れさせることで問題は解決するのかといえばそうではありません。

別れさせ屋が仕事を成功させたのちに、子供と親がしっかりと話し合って家族として再生することに両者努めなければ、相手を変え同じことを繰り返すことにもなってしまいます。ただし問題となっている交際をやめさせるということで問題は半減するといえるかもしれません。

親との関係をなんとかしたいときに

別れさせ屋への依頼にも色々ありますが、その中の一つの「親との関係を解消したい」というものがあります。要は血縁関係を解消したいという依頼内容になるわけですが、そんなことが本当に可能なのでしょうか。こういう関係の場合、無理に切ろうとすると様々な点で障害が発生します。

単純に本人たちの間の関係が険悪になるのももちろんですが、親戚との付き合いなどの面でも問題があります。議論になれば、問題は親子だけの間ではとどまらなくもなるでしょう。親子関係の縁を切るときの難しい部分と言えるでしょう。

ですから、このような関係に第三者からの介入を必要とする人・ケースというものは存在します。そして、そのために別れさせ屋の業者では、多くの場合親子関係の離縁も依頼内容の一つとして扱っているのです。この場合の依頼内容は、通常の依頼とあまり変わりません。

まずは無料での相談を受け、依頼する期間と金額、そして達成したい目標を定めたうえで、工作員が離縁のための工作を行い、できるだけ円満な形になるように離縁を進めていきます。この辺りは、関係の複雑性、険悪さなど(つまり依頼達成の難易度)にも左右される部分があります。

また、親子関係で言えば、復縁、つまりは関係の修復という依頼にも一定の需要があります。色々な理由で軋轢が生じてしまった。ちょっとしたい誤解をときほぐしたいといった場合に、復縁業者に仲介を依頼するわけです。

こちらもまた、関係性によって条件面が変わってきますが、第三者の仲介によって、関係がある種軟化することもまた事実です。どちらの依頼にしても、「親との関係を何とかしたい」というときに業者に依頼をするという点では共通しています。

基本的に、別れさせ屋は人間関係のプロですから、下手に親戚に仲介役を頼むのなら、こちらに頼む方がよりソリッドな策を講じてくれることは確実だと思ってよいでしょう。それなりの費用が必要になるのは覚悟しなくてはなりませんが、「親子関係に一区切りつけた、でもどうにもならない」と思ったときには、選択肢の一つとして考えてみるのも良いのではないでしょうか。

「自分の子供を悪い人から離したい」

別れさせ屋に舞い込んでくる依頼は、何も当事者からの依頼だけではありません。時に、自分の息子・娘を悪い相手と別れさせたいと、ご両親から相談されることもあるのです。特に若い子供を持つ人は、自分の子供を宝のように思っております。

悪い虫につかれてしまったので、早く目を覚まして、全うな道に進ませてあげたいと思う人も多くいらっしゃいます。そんな時は、別れさせ屋はどうするのでしょうか。まず、依頼人に対して注意してほしいのは、親子関係を悪化させてしまわないようにすることです。

まれに頭ごなしに交際を否定したり、一方的に別れるように説得したりする人もいますが、かえって逆効果です。反対されればされるほど、当人たちの気持ちは燃えあがってしまうものです。障害があればあるほど、向かっていきたくなるという人の感情に火をつけてしまうことになります。

また、自分を追い込まないようにも説得いたします。こんな子供になってしまったのは自分のせいだ、育て方が悪かった、と責任をしょいこんでしまうこともよくありません。まずは感情的にならず、冷静に状況を見極めて、本当に別れさせることが正しいのかを考えることが大切です。

その上で、やはり別れさせ屋に依頼したいという場合は、覚悟を持って相談してください。依頼するにあたって、費用も膨大にかかりますし、時間もかかります。別れさせたからといって、必ず良い方向に転がるとは限りません。もしかしたら、別れたことがショックで、子供がふさぎこんでしまうことだってありえます。

そういった可能性を全て考慮に入れて、その上で本当に自分の判断が正しいと思う人だけが、相談するべきなのです。子供の人生にどこまで介入するのかは、親の判断として難しいところです。ただ、時には自分が嫌われたり、一時的に子供を不幸にしても、長い目で見て正しい道に進ませるのも、親の役目です。

依頼をして、実際に別れさせる事ができた場合は、その後しばらくは子供をサポートしなければなりません。その辺も含めて、長期的にどうしていきたいのか、じっくりと考えてみましょう。