「親の責任を果たすために別れさせ屋に不倫相手と切ってもらう」

お酒の勢いや、一時の気の迷い、夫婦の関係が上手く言ってないと理由からもしかして不倫を始めてしまったかもしれません。最初はすぐに別れて今まで通りの生活をしようと思っていたのにもかかわらず、ずるずると不倫の関係を続けてしまい、なかなか別れられないという状況になることも考えられます。もしも相手の女性から「離婚して私と一緒にいて欲しい」などと言われてしまうと、どうすれば良いのかわからなくなってしまうかもしれません。別れさせ屋に不倫相手と別れたいという相談で来る人の多くは親の立場であることも多く、夫婦の関係を保ちたいというよりも親として子供を捨てる訳にはいかないということで離婚は出来ないと思うようです。

・不倫相手に別れてもらうには
自分は単に遊びのつもり、もしくは一時的な関係だと思っていても相手の女性はそうでないことがよくあります。特に結婚適齢期の女性、もしくは適齢期をすでに過ぎている女性にとって時間はとても大事で、多くの女性は好きな人の子供を産みたいと思っています。そのため最初は不倫の関係だと思っていてもいつしか本気になって不倫相手との結婚を夢見るようになるのです。そのため男性が別れて欲しいと思っても別れてくれないことが多いのです。不倫相手と別れてもらうためには、自分とは結婚の可能性がなく、他に良い相手がいることを理解させる必要があるのです。

・別れさせ屋に依頼する
親であることの責任をまっとうするために離婚をしないと決めるのであれば、別れさせ屋に相談して不倫相手と別れさせてもらえるようにサポートしてもらう事ができるかもしれません。親である以上子供には浮気の事実を知られないように、もちろん配偶者にも秘密裏に不倫相手と別れられるようにしてもらう必要があります。自然な形で不倫相手に異性を近づけ、依頼者に対する恋愛感情を他の対象に向けさせます。そうすることによって不倫相手から別れを切り出させ、円満に関係を終わらせることができるようにサポートしてもらいます。

「別れさせ屋に親の不倫を壊してもらう」

熟年夫婦の親がいつまでも仲がいいと思っていたら、実際には父親が不倫していたことが分かってしまい子供としてはショックを受けてしまったという人も少なからずいるのではないでしょうか。今まで誠意を尽くして父親に愛情を示してきた母親の事を考えると、不倫をしている父親のことを許せないという気持ちになるかもしれませんが、不倫のことをどうしても母親には知られたくないので秘密裏に父親に不倫をやめて欲しいと思うかもしれません。そういう時に相談することができるのが、別れさせ屋なのです。

・親の不倫を相談する別れさせ屋は依頼時にお金がかかるため、基本的にすでに自立している子供でなければ相談に行くことはできないでしょう。親の幸せを考えて不倫をやめさせたいと思うのは当然のことですが、そのためには誰と不倫をしているのかをまず調査する必要があります。子供がそれをすべて調べるのは難しいですが、別れさせ屋なら秘密裏にその調査をすることができます。

いつから不倫を始めているのか、この先どのような関係を続けていこうと思っているのかなども調査してくれるでしょう。また、不倫に金銭が関わっているのかなども調査してくれます。もしも、貯金などを用いて不倫相手に貢いでいるという状況であるのであれば、早急に別れさせる必要が生じます。

・別れさせるだけでは終わらない夫婦の問題や、人の心情は第三者からわからないことがたくさんあるため、単に別れさせることで問題は解決するのかといえばそうではありません。別れさせ屋が仕事を成功させ不倫相手と別れたとしても、その後子供と親がしっかりと話し合って、家族として再生することに取り組む必要があります。

もしも夫婦関係を継続する気が不倫していた父親になければ、相手を変え同じことを繰り返すことにもなってしまいます。不倫相手と別れさせることで一時的に問題は半減するといえるかもしれませんが、その後どのように家族として関係を強めていくかは依頼者と対象者にかかっているといえるでしょう。

「親の恋愛をつぶす依頼を別れさせ屋にする」

最近では高齢者の人も恋愛に対して大変積極的で、高齢者向けの結婚相談所があったり、お見合いパーティーがあったりなど年を重ねても誰かを好きでいたいという風潮が見られます。親のどちらかがすでになくなっていて、独り身になった親を心配してはいても、子供としては自分の親がどんな人と付き合っているのか心配になるのではないでしょうか。時には親が急にかなり年の離れた人と付き合いだしたり、見るからにうさんくさそうな人と付き合っているのを見て、どうにかして別れさせたいと思うでしょう。

もちろん別れさせ屋に依頼すれば、自分で行うよりもずっと別れさせる確率は上がりますが、当然それなりの費用がかかるため社会人である子供のみ依頼することができます。

・親の恋愛を壊すためにはまず再婚相手候補の何が気に入らなくて別れさせたいのかなど、子供の心情を知ることは大事になってきます。単に年齢の問題なのか、もしくは嫌な印象があるからと言っただけなのか、遺産目当てにみえるからなどの理由があるかもしれません。そこで別れさせ屋は親がその恋人と現在どのような関係でいるのか、付き合っている人がどういうつもりで交際を続けているのかをまずは調査します。別れさせ屋のみに全て丸投げするのではなく、もしも遺産目当てや結婚詐欺を疑うのであれば、貯金通帳や家の権利証などは子供が管理するようにするほうが良いでしょう。

・別れさせ屋は内密に工作してくれる子供としては親が恋人とどこでいつ会っているのか、またどれくらいの期間関係を続けているのかなど調査することで工作案を考え出します。別れさせ屋に依頼しているということはおおっぴらに言うことは出来ないので、内密に事を進めて他の家族に知られないようにしてくれます。親にも結婚する自由があるため、また付き合っている人が本当に親のことを愛しているような状況では別れさせることも難しくなる可能性もあります。本当に親の恋愛を邪魔することが正しい選択なのかどうかは、別れさせ屋に依頼する前に考えましょう。

親と縁切りしたい人のための別れさせ屋

別れさせ屋の縁切り業務 別れさせ屋の工作内容とは若干ずれますが、縁きりのための工作を行ってくれる業者も存在します。わかりやすいところで言えば親と子供、上司と部下。なんにしても、切りたくてもなかなか切れない縁を業者に依頼することで解消しようというのがこの手の依頼の希望になります。親と縁を切りたいと言っても1人ではなかなかうまくできないというのは自明なこと。そんな人のための工作を、別れさせ工作とは別に縁切り工作と言ったりします。

これを行っていない別れさせ屋もありますが、別れさせ工作と並行して行ってくれる業者もあります。別れさせ屋に依頼をする時には、この業務のことも覚えておくと得することがあるかもしれません。縁切りができる業者とそうでない業者とでは、できる工作の幅が違ってくるからです。無理に縁を切ろうとしないこと 縁にも色々あります。先述した親子の関係、勤め先での関係。他に言えば、(自分は興味がないけど)一方的に恋愛感情を抱かれ、しつこく迫られ続けていて困っているとか、不倫のようにゆがんだ恋愛関係だけどやめられないと言ったこともあるでしょう。

切りたくても切れない縁というのは誰しもが経験があるかと思いますが、切ろうと思ってもなかなか切れるものではありません。単純に仕事や生活の一部として切るわけにはいかないというのもあるでしょうし、こちらが疎ましく思っていたとしても、向こうはそうは思っていなければうまくいかないのも当然です。また、強引に縁を切ったとしても、何かしらの遺恨が残ってしまえばその後の人生にも差し支えます。ひどい場合は、お金を払う必要が生じたり、自分の社会的な評価が落ちてしまったりと言った結果に繋がりかねません。

そこで、できるだけ自然な形で縁が解消されるようにとする必要があるわけですが、そう簡単にもできない時にはやはり専門の業者に依頼することでしょう。工作員を派遣する、必要なアドバイスをするなど、業者でしかやれないことは多いです。仮に成功しなかったとしても、依頼を通じて見えてくるものもあると思いますから、一度試してみる価値はあるでしょう。

親の不倫を止めたい人のための別れさせ屋

親の不倫を止めさせるために別れさせ屋を利用する、というケースが存在します。もちろん、子供がある程度大人になっている人の場合には限られるわけですが、親のどちらかが不倫をしてしまい、子供がそれに気づく、親がきづかないうちに別れさせ屋に工作を依頼して、問題が表面化するまえに解決したいという依頼内容になるようです。子供が親を思いやるがゆえの依頼と言えますが、その分難易度も高いと言えます。隠し事が多くなる依頼の難しさ こういった依頼の場合には、親の不倫と家庭内の問題がリンクしているという事情もあるようです。

例えば、父親が長いこと家を不在にしているとか、あるいは、母親の方がちょくちょく外泊していて、事実上の別居状態になってしまいそうとか。いずれにせよ、それをなんとかしたいと思った子供の方が別れさせ屋に依頼をするということが実際にあるようです。 この手の依頼では、水面下でことを収めた、特に、不倫をされた側の親には、不倫されている事実や、それを解消するために工作を行っているという事実を知られたくない、という希望があります。

そのために、依頼をされる側としても工作には慎重を要しますし、それなりに手段を選ぶ必要があります。工作員の素性や、不倫相手に接触をしているという事実など、相手方に知られたくない部分が多くを占めてきます。進捗状況の逐次報告を依頼者としっかり行うのが依頼の常ですが、頻繁にそれを行いすぎて、親の方にバレてしまっては本末転倒です。依頼先は慎重に選ぶ このように、依頼をする側、される側、ともに秘密をしっかり守らなくてはならないのがこの手の依頼の難しいところです。

言うまでもなく、不倫している親にも事実を握られないようにしなくてはなりませんし、工作の結果として家庭の和が乱れてしまうようでは、不倫が解消されたとしても意味がありません。工作にもそれなりの技術と経験が求められる依頼と言えますから、別れさせ屋への依頼の際には、業者の選定を入念に、事前の相談でもできるだけ細かいところまで話を詰めるようにしましょう。

親が思春期の子供を守るための別れさせ工作

別れさせ屋と聞くと、自分が好きな人と一緒になるために依頼したり、自分が今のパートナーと別れるために依頼したりといった相談が多いように感じますよね。そう考えると一見エゴが多分に混ざった動機で依頼する人ばかりのようにも思えますが、実はそうとは限りません。別れさせ屋への依頼人の中には、自分の娘や息子について相談を持ちかけてくる親御さんも少なくないのです。

○子供を思いやるがこその別れさせ工作
親が子供に対する別れさせ工作を依頼する事情にはいろいろなものがあります。
たとえば、まだ若い娘が悪い大人にひっかかっているようで心配している、という相談をしてくるご両親もいます。若い女性、特にティーンエージャーと呼ばれる年頃の女の子には、ちょうど思春期・反抗期とも重なってご両親の言うことを素直に聞けずにいる人も多いでしょう。そんなときに親から今の彼氏とは別れろと注意されてもおとなしく言うことを聞くはずがありません。本人も良くないことかもしれないとうすうす知りつつも、親や周囲の大人への反発心から関係を断ち切れずにずるずると引きずってしまうこともよくあるのです。
だからといって、明らかに悪影響を及ぼすであろう彼氏を放っておくこともできませんよね。そんなとき親御さんが頼る存在のひとつが別れさせ屋です。直接叱ってもご両親の注意すら聞かないのですから、正面から向き合ってもうまくいくはずはありません。別れさせ屋ならごく自然な形でふたりを別れるよう仕向けられるので、いくら反抗期のお子さんでもむきになったり反発心からかえって良くない方向へと進んでしまうということがなくなります。別れさせ屋は大人だけのもののようにも思えますが、親が大切な我が子を守るためのツールとしても利用することができるのです。
若いうちは特に、恋愛に関する悩みは家族や両親にはなかなか相談しにくいものです。かえって友人相手のほうが話しやすいですから、工作員が友人として近づけばお子さんの本心を聞くことだって容易です。正面から向き合ってもうまくいかない場合は、別れさせ屋を利用してその本音を引き出してみることもおすすめできる選択肢のひとつです。

別れさせ屋は親にバレることはある?

自分が別れさせ屋に依頼したいと思った際、「親にバレるのではないか」と不安になっている方もいるかもしれませんね。実際、親族に知られてしまうと、後々の関係にも支障をきたす可能性があるので、しっかりその点は考えて行動していきたいものです。今回は、別れさせ屋を利用した時に親にバレることはあるのかどうかについて紹介します。まずもって不安になる必要はないので、特に心配する必要はありませんよ。

■親にバレる可能性は低い別れたいのに別れられない時、自分の好きな人が結婚や恋愛をしていて別れさせたい時など、別れさせ屋を利用することができます。別れさせ屋に関しては、基本的にバレることはほとんどないと言って良いですね。そもそも、別れさせ屋は守秘義務を設定しており、それぞれの業者が口を固く閉ざしてくれます。わざわざ依頼者の不利になることは、口にしないのが一般的です。そのため、親にバレるということは、まずないと言って良いでしょうね。

■本人にバレる可能性も低い別れさせ屋の工作に関しては、基本的にかなり巧妙な手を使ってくれます。そのため、本人にすらバレないことが多いです。別れたい相手や別れさせたい第三者に知られることもないので、安心して依頼することができるでしょう。本人にバレてしまうと、当然面倒なことになるので、それだけは依頼者も業者も避けておきたいところなのです。そう考えると、業者が必死に裏で交錯するのもわかりますよね。それが結果的に依頼者のメリットにもなっているワケです。

■方針書をしっかり確認すること別れさせ屋に相談すると、方針書などを見せてくれることが多いです。いわゆる「ここをこうして、何をどうする」というような、具体的な工作の内容です。これらはそれぞれの業者ごとに提出してくれることが多いので、利用前に絶対確認しておきましょう。それを見て「やっぱり無理そうだな」と思った場合は、依頼をキャンセルすることも可能です。方針書によっては、親や本人にバレるかどうかの判断指標にもなるので、じっくり目を通しておくことが必要となりますね。もちろん大丈夫そうであれば、後は工作を実際に進めていくだけです。

父親に愛人ができてしまった……別れさせ屋で幸せな生活を取り戻したい

自分の親が浮気をしている……そんな衝撃的な事実に生活が一変してしまった人も少なくないのではないでしょうか。自分の父親に愛人ができ、家に帰ってこなくなった、なんて人も実は周囲に結構いたりします。そんな時母親はどうしているのかというと「そのうち飽きてかえってくるよ」なんて言いながらあきらめた様子でじっと耐えている人も多いのです。子供からすれば、自分を育ててれた親は父も母もどちらも大切なものですが、そのどちらかがどちらかを苦しめている、となるとその様相は変わってきます。しかし、物事は主観だけではなく、客観で考えなくてはならないこともたくさんあります。浮気をしたのはたしかに父親。では悪いのはすべて父親なのか。父親が浮気をした、となると、諸悪の根源はすべて父親にあるかのような印象を受けてしまします。しかし、そこで考えないといけないのは、果たして悪いのは100パーセント父親なのか、という点です。

父と母は、それぞれがまず一人の人間です。かつては愛し合い、結婚した二人の異性です。子供の知らない場所でのやりとりもあるでしょうし、子供が知るべくもない二人だけの会話や思いもあるはずです。そこを一切無視して「浮気をした。悪だ」と決めつけてしまうのは早計かもしれません。なぜ浮気をするような心情になったのか自分自身が妻に対して、家族に対して何の不満もなく満たされていれば、外に刺激を求めるようなことはないはずです。家に帰れば幸せな家庭が待っているわけであり、癒やしを他に求める必要はありません。しかし他の場所にそれを探してしまったのには何か原因があるのでは、という考えるのが別れさせ屋のようなプロなのです。浮気をする原因を探し、それをつぶすもし浮気をする原因が残ったまま父親が家に帰ってきたとしても、また同じことの繰り返しになることは目に見えています。それを探し出すことで、父親が自分から家に帰るように誘導していくことがプロの技なのです。妻にも子供にも気づかれたなった父親の孤独がそこに存在しているかもしれません。とはいえプロに相談しなければ判明しない謎もあるものです。客観的な視点も大事である、という点だけ忘れないようにしましょう。

子供への愛情から別れさせ屋へ依頼する人も

○依頼人自身に関係のない依頼も多い別れさせ屋別れさせ屋への依頼の中には、依頼人本人が関係していないカップルについてのものも多くあります。もちろん依頼人と恋人や配偶者を別れさせる依頼もありますが、その他にも自分の家族や親しい知人とそのパートナーを別れさせてほしいという依頼も多いのです。そう聞くと、たとえ家族や知人とはいっても他人の夫婦関係、恋人関係に首を突っ込むなんておせっかいが過ぎるようにも感じられるかもしれません。ですが、近しい人たちの目から見ても不幸な夫婦生活を送っていたり、交際している様子を見て不安に感じたりすることもありますよね。なんらかの事情で本人が身動きを取れずにいる場合、助けてあげたいと考えるのはまったく不思議なことではありません。特に、ご両親の目から見てお子さんがつらそうであれば、どうにか助けてやらなければという思いはとても強いものになりますよね。なんとかしてやりたいという気持ちから、最後にすがるものとして別れさせ屋へ依頼にくるご両親も多いのです。

○近しい人だからこそうまくいかないときもあるそれぞれ別の人間であるとはいえ、親子であればまったくの他人というわけでもなし、直接伝えればいいと思う人もいるかもしれません。実際に別れさせ屋へ依頼しにくる人の大半がまずはそう考えて直接お子さんと話をし、その結果うまくいかずに別れさせ屋へ相談しにきています。親と子という一番近しい間柄だからこそ、どうも素直になれなかったり、自分がつらい思いをしているということを隠したいと思ったりすることもあるでしょう。その結果すれ違ってしまい問題を解決するどころか余計にこじらせてしまうことになります。別れさせ屋では、依頼人であるご両親に対してお子さんとの接し方についても状況に応じたアドバイスをしてくれます。頭ごなしに叱ったり正論ばかりを突きつけてもかえって逆効果になることなどを人間関係のプロから説明してもらい、工作活動を進めるのと平行してお子さんとの接し方を変えていくことで、依頼の成功率はぐっと高くなるのです。

親が子供の交際に別れさせ屋を通じて介入してくる……

親が別れさせ屋に子供の交際の離別を依頼してくるケースは時々あります。子供の交際相手がヤクザだった、とか前科者だった、とかの理由だったり、明らかにお金目当てで近づいてきているのに、子供はそれに気づいていない状況だったり……理由はそれぞれに様々です。親にしてみればなんとしてでも自分のかわいい子供の幸せを守らなければ、という思いで動いていますが、実はまったく見当違いな行動だったりすることもあります。それは本当に間違いのないことなのかあんな男と付き合っている娘は不幸に違いない、あんな派手な化粧をした女は絶対に息子の財産目当てで近づいてきているに違いない、など親はそれぞれの主観で子供の交際相手を判断しようとします。しかしはたしてそれは本当に間違いのない判断なのでしょうか。子供の幸せを子供の変わりに判断してあげられるほど子供のことをわかっているのでしょうか。最近はスマートフォンや数々のコミュニケーションアプリの登場により、意思の伝達の方法が様々に変化してきました。

効率的に迅速に行えるようになったものの、親子の間のコミュニケーションも情報端末に依拠するようになり、本当の意味での気持ちのやりとりは少なくなってきていると言わざるを得ません。そのような時代に、本人に代わって本人の幸せを判断することなど、本末転倒な結末を迎えてしまう布石となってしまう可能性があります。別れさせ屋に依頼すること別れさせ屋の仕事は交際相手や結婚相手との離別の誘導です。まさに人生を変える仕事と言って過言ではありません。自分のことではない依頼で、自分以外の誰かの人生を変えることは、エゴイズムととらえられても仕方がないことです。もし今現在、自分以外の誰かのことで別れさせ屋に駆け込もうとしているのであれば、それは本当に正しいことなのかどうか、もう一度客観的によく考えてみてください。状況の判断が自分では難しいのであれば、探偵などにまずは依頼して身辺調査をすることも一つの手かもしれません。なにはともあれ、まずはしっかり子供とコミュニケーションをとるようにしましょう。