『不倫相手が本気になることはある?見極め方をチェックしよう!』

不倫関係になった時、「妻とは離婚して君と結婚したいから待ってほしい」と、決まり文句を言う男性がいます。
これは、離婚する気はなく不倫関係を続けていきたくて、相手を繋ぎ止めておくために言っているのか、それとも本心で言っているのかは本人にしか分かりません。ですが、実際にそう言ってなかなか離婚せず、ダラダラと不倫関係を続けている人が多いようです。

では、相手が浮気ではなく本気で不倫することはあり得るのでしょうか?今回は、その見極め方をご紹介していきます。

■不倫相手が本気になった時の見極め方とは?

始めは遊びのつもりで不倫関係になったとしても、本気で相手のことを好きになってしまうことはもちろんあります。
例えば奥さんと仲が悪かったり、不倫相手に子供ができたりと、本気に変わるきっかけは人それぞれです。

では、本気かどうかチェックする方法を見てみましょう。

まずは、デートについてです。不倫の場合、バレないようにコソコソ会うのがほとんどですが、レストランに行ったり、週末旅行に出かけたり遊園地に行ったりと、堂々とデートするのは本気度が高いと思われます。

次に、誕生日などのイベントについてです。付き合い始めた日や誕生日、クリスマスなど、イベントを大切にして計画を立ててくれる人は本気度が高いです。付き合った日や誕生日はともかく、クリスマスやバレンタインデーなど、本来は家族で過ごすはずのイベント時に一緒にいてくれるというのは、不倫相手の方が優先度が高いということになります。

次に、離婚についてです。「妻とはいつか離婚する」と口先だけでなかなか行動しない男は、絶対に離婚しません。本当に離婚して不倫相手と一緒になりたいと思っているならば、何も言わずに一人で黙々と離婚に向けて準備をしているはずです。

そして最後が、連絡の頻度や時間帯についてです。日中はまめに連絡をくれるけれど、夜になると全く連絡をくれない…という男性は、本気度が低いと思われます。なぜなら、在宅中である夜は家庭を優先して連絡してこないからです。本気で好きなら、いつでも連絡を取りたいと思うでしょうし、家にいても連絡する隙はあるはずです。

■不倫のリスクを知ろう

不倫にはさまざまなリスクが伴います。
まずは、慰謝料についてです。不倫の場合、慰謝料の金額が何百万にもなるのはザラです。急に何百万も請求されるのはかなり大きな負担になりますし、それを乗り越えて不倫相手と一緒になれたとしても、その後別れることになった場合、お金だけ払って何も残らなくなってしまいます。
仕事についても、会社で不倫関係がバレた場合、降格したり左遷される可能性も。最悪、会社にいづらくなって職を失うこともあり得ます。

不倫関係だけれどもお互い本気で想い合っているし、普通の恋愛と何ら変わりない。と思っている人がいるかもしれませんが、それは大きな間違いです。浮気にしても本気にしても、不倫は不倫です。不倫は大きなリスクを伴います。それを知ったうえで、責任をもって行動するようにしましょう。

『もう同じ過ちは繰り返さない!不倫相手とキレイさっぱり別れる方法とは?』

不倫は、一度泥沼にハマると抜け出すのはなかなか難しいものです。付き合っていくうちに自分だけを見てほしくなり、相手にプレッシャーをかけて重荷に感じて別れを告げられたり、ダラダラと不倫関係を続けているうちに、先がないと思って別れを切り出したり。もうこんなつらい思いはしたくない!と思っても、結局また連絡を取ってしまったり、なかなかスッキリと別れられない人も多いようです。

今回は、別れてはまだヨリを戻してしまう、いわゆる不倫のスパイラルに陥っている方に、不倫相手とスッキリ別れる方法をお教えいたします。

■不倫はなぜスッキリ別れられないのか?

不倫関係に終止符を打とうと思っても、なかなか別れられないという人がいます。その理由は人それぞれ違いますが、自分自身もまだ相手のことが好きだったり、まだ関係を続けたいという気持ちが、心のどこかにあるのではないでしょうか。

例えば、自分から別れると言い出しても、相手が「お前じゃなきゃダメだ」とか「別れたくない」と言うと、少しでも気持ちが残っていれば別れるのをためらってしまうこともあるようです。

また、別れたくても相手から頻繁に連絡がくると、自分は必要とされていると喜びを感じたり、別れて自分だけ深いダメージを負うのが嫌なので、相手にも同等の苦しみを与えてから別れたいと思っている人など、様々なパターンでズルズルと関係を続けている方もいるようです。

■不倫関係をキレイさっぱり終わらせる方法とは?

いつまでも不倫を続けていても、「このまま続けていても明るい未来はない…」「いつかバレて慰謝料でも請求されたら…」などと不倫に対してマイナスに考えるようになりますよね。
不倫関係に終止符を打とうと別れを切り出したとしても、既婚者側の多くは復縁を迫ってくるでしょう。
そんな時に、またヨリを戻すことがないようキレイさっぱり別れる方法をお教えします。

㈰連絡は一切取らない前提で、相手の連絡先は消去しないでおくこと
別れると連絡手段を全て断ちたくなりますが、電話番号は消さないでおきましょう。なぜなら、知らない番号からかかってきた時、それが不倫相手と知らずに出てしまうことがあるからです。絶対に別れるという強い意志があれば大丈夫ですが、気持ちが揺れ動いている時に連絡を取ってしまうと、また復縁してしまう可能性もあります。

㈪相手のSNSはブロックすること
入ってくる情報に惑わされないためにも、全てのSNSはブロックしましょう。

㈫一人の時間を満喫すること…別れた直後は一人でいる時間が辛いかもしれませんが、一人の時間が心地よくて楽しい時間になれば、自然と不安感も消えていくはずです。

『ダメだと分かっていてもやっぱり彼が好き…不倫相手と復縁する方法教えます!』

一口に「不倫」といっても内容は人によりけりでしょう。
人のものだからこそ燃え上がってしまったり、世間にバレないように関係を続けることでスリルを味わえたりと不倫自体を楽しんでいる方も中にはいるかもしれません。
しかし、本気で好きになってしまった人がたまたま既婚者だった、悪いことだと分かっていてもどうしても別れられないなど、純粋に相手のことが好きで悩んでいるという方もいらっしゃるでしょう。

今回は、不倫の末別れてしまったが、どうしても相手のことが忘れられずヨリを戻したい!という方に、別れた相手と復縁をする方法をお教えします。

■「不倫」と「純愛」の決定的な違いとは?

純粋に未婚者同士が恋人関係になるごく普通の恋愛とは違い、「不倫」はどちらか一方が既婚者またはどちらも既婚者で恋愛関係になることを言います。たとえ相手を好きな気持ちに偽りはないとしても、普通の恋愛とは全く別物なのです。

では、具体的に何が異なるのかというと、既婚者にはパートナーとの生活があるため、限定的な関係であること。秘密の関係なので、既婚者の都合で関係が続いていくこと。バレたら関係は終わり、気持ちだけをズルズル引きずってしまうことなどです。

普通の恋愛なら誰に隠す必要もないですし、二人の都合のいい時に堂々と会うことができます。ですが、不倫はバレないようにコソコソしなければいけませんし、相手のことがどれだけ好きでも窮屈な思いをし続けなければならないのです。

■不倫相手と別れる理由とは?

不倫は、ダラダラと関係が続く人もいれば、ある日突然終わることもあります。理由は人それぞれ違いますが、主な理由は以下の通りです。

罪悪感を感じるようになった、不倫が家族にバレそうになった、将来を考えると先が見えないので諦めた、面倒くさくなった…など。

普通の恋愛とは違い、不倫は後腐れなく終わるというのは難しいようです。今まさに、誰かと不倫関係になろうとしていて悩んでいるという人は、苦しくて悲しい最悪の結末も想定しておいた方がいいかもしれません。

■不倫相手と復縁する方法とは?

不倫の末別れてしまったけれど、やっぱりあの人のことが忘れられないと苦しんでいる方のために、不倫相手と復縁する方法をお教えします。

まずは、相手と連絡を取ることです。連絡しないことには何も始まりません。「元気?」「久しぶりだね」「最近どう?」などの軽い会話から始めましょう。久しぶりで焦ってしまい、「会いたい」「ヨリを戻したい」など、唐突に重い話題を持ちかけるのはお勧めできません。また、連絡がこないからといって一方的に連絡するのではなく、程よい距離を保つことが大切です。

次に、少しずつ距離を縮めていきます。具体的には、相手のペースに合わせたり、相手に悩みがあったら相談に乗ったりして、居心地の良い存在だと認識させるのです。あくまでも焦らずに、相手を思いやって相手第一に考えるようにしましょう。

次に、二人きりでデートする関係にまでこぎつけましょう。デートに誘うなら今だ!というベストタイミングを狙って、相手を誘ってみましょう。その頃には、相手はすっかりあなたに信頼を置いているはずなので、デートに誘うことはさほど難しくないはずです。

そして、一つ注意してほしい点があります。それは、決して結婚を迫らないこと。前回、不倫相手と別れた理由がそれだったとしたら、なおさら結婚の話はタブーです。「結婚」という一言で急激に冷めてしまう人もいるので、復縁するためにも言葉選びには気をつけましょう。

復縁相談をするなら?

■自分で解決するのは困難

誰かと別れてしまったとき、相手に未練をもってしまうことがあります。
誰でも円満に別れられるとは限りません。むしろ別れたあとにああすればよかった、こうすればよかったなど、後悔の念にさいなまれてしまうことが多いのです。
別れを後悔したときに人は復縁を考えます。何とかして別れてしまった相手とやり直せないかと考えます。
その結果、相手に連絡を試みたり、知人を頼って相手の動向をうかがったりと、努力を重ねることになりがちです。
ですが一度別れた相手とやり直すのは簡単なことではありません。というのも、別れた相手と連絡をとってしまったばかりに相手から未練がましいと思われて疎まれるケースが存在するからです。
復縁できるかもしれないと思って連絡した相手に既に新しいパートナーがいたり、相手の動向を探っていることを知り合いにバラされてしまったりもするでしょう。
こういうわけで一度別れた相手と復縁するのはゼロから始まる恋愛とは異なり難易度が高まります。
一刻も早く復縁したいと思っている人は気持ちに余裕がありませんから、行動も危なっかしくなりがちです。復縁を自分だけでしようとするのは難しいのです。

■信頼できる専門家に相談しましょう

どうしても別れた相手と復縁をしたいという場合、冷静になる必要があります。心を乱された状態だと状況を俯瞰的に見ることができません。
もし別れた原因があなたにあった場合、相手からそれを指摘されるようなことがあれば激昂してしまって復縁どころではなくなってしまう可能性もゼロではありません。
心を落ち着けて、復縁について相談するなら専門家がおすすめです。
人々は昔から恋愛をしてきました。別れた相手とやり直したいという気持ちをもった人も多数います。復縁できた人の記録も残っています。
人間の心理に詳しい専門家であれば、客観的なデータからあなたの置かれた状況を分析してくれるでしょう。
復縁の難しさを教えてくれたり、さりげなく相手の心理を読み取るテクニックを伝授してくれることもあります。
専門家に相談すれば知り合いにバラされてしまう心配もありません。復縁を考えるなら専門家に相談してみるとよいでしょう。

不倫の恋愛相談は誰にするべきか?

■不倫の恋愛相談をできる人はいますか?

もしあなたが不倫について悩んでいたら誰に相談すると思いますか? 不倫は既婚者が行う恋愛のことで、離婚調停では離婚理由になる行為です。不倫をすればまず普通の人からは後ろ指を指されてしまうのではないでしょうか。
友達や家族に不倫をしていることを打ち明けてしまったら、軽蔑されるかもしれません。それどころか既婚者側の配偶者にバラされてしまって、莫大な慰謝料を請求されてしまうこともあり得ます。
不倫の恋というだけで恋愛をするハードルは高くなってしまいます。
ですが、知らないうちに不倫をしてしまっている人もいます。相手が既婚者だということを隠して接触してきたばかりに、あとで既婚者として悩んでしまうのです。
不倫についての悩みは既婚者は家族と別れてくれるかどうかというもののほか、不倫と知らずに恋愛してしまった人のものも多いです。
自分は不倫なんて無関係と思っている人が急に不倫で悩むことになり、誰にも打ち明けられないままでいることはよくあります。
不倫の恋愛相談は誰にもできないものだと思われがちだからです。

■第三者に相談しましょう

不倫について悩んだときは身近な人に相談するのは難しいですから、第三者に相談してみることをおすすめします。
現在はインターネットで少し調べれば不倫についての相談を受け付けている専門家が多数ヒットします。その中から相性のよさそうな専門家を見つけて接触してみるのがよいでしょう。
専門家は第三者ですから、知っている人のように不倫をしてしまったことについてむやみに叱ったりはしません。それに相談内容は一切外部に漏らしませんから信用できます。
不倫について相談するのにおすすめなのは法律に詳しい専門家です。弁護士が不倫についての相談を受け付けていることがあります。
先ほども少し解説したように、不倫は離婚の原因となり、慰謝料を請求されてしまう可能性が高い行為です。相手の配偶者に知られてしまう前に別れる方法や、家族と別れてもらう方法などをアドバイスしてもらえば一人で悩むより安心できるのではないでしょうか。
専門家には直接オフィスに行って話すほか、電話相談などで接触することができます。任意の方法で相談してみましょう。

復縁の相談をしてはいけない人とは?

■周りの人に相談するリスク

好きな人と別れたあと、特に別れを告げられてしまったあとは後悔する人が多いのではないでしょうか。
ちょっとしたすれ違いで破局につながることもありますから、別れて相手の存在が大きくなったと感じられてあのときこうすればよかったと悩むことも多いのです。
さて、パートナーを失った人がよく考えることは新しい恋を見つけるか、元の相手と復縁するかです。
前の相手が忘れられないまま新しい相手と交際するのは難しいので、何にせよ別れた相手への気持ちを整理する必要に迫られるでしょう。
別れた相手への好意を捨てきれず、復縁を考えたときに頼りになるのは友人や知人です。彼らに相談すれば今相手がどうしているかを聞くことができたり、復縁のためのアドバイスをくれたりもするでしょう。
ですが、周囲の人に相談すると自分が相談していたことを相手にバラされてしまうというリスクがあります。親身になって聞いてくれる人ほど相手にも根回しをしてしまいがちですので、注意が必要です。

■専門家に聞きましょう

復縁の相談をするのにおすすめの相手は友人や知人以外の第三者です。復縁相談を受け付けているカウンセラーなどの専門家であれば、あなたが相談した内容を外部に漏らすことはありません。
別れてしまった相手の現在の状況などは周囲にいる人しか知り得ないことですが、それ以外のアドバイスであれば専門家の方が有益な助言をしてくれる可能性が高いです。
なぜなら、一般的な人は恋愛について自分の経験に基づいたアドバイスをしがちだからです。人は容姿や性格など、さまざまな違いをもっています。
恋愛経験が豊富な人にアドバイスをもらっても、必ずしもうまくいかないのはそのせいです。ですからアドバイスを活かすならデータや学術的知識に基づいた助言をもらうようにしたほうがよいでしょう。
別れた相手との復縁はゼロからの関係を構築するよりも難しいとされています。恋愛経験が豊富な人でも復縁を成功させた人はそれほどいないはずなので、やはり専門家に相談したほうが有益なアドバイスが得られるでしょう。
復縁相談は電話やメールなどですることができます。相性のよさそうな専門家を探してみましょう。

復縁成功した人がしたことは?

■まずは落ち着く

好きな人と別れるのは辛いことですよね。それも相手から振られてしまうのは未練が残ると思います。どんな理由で別れたにしろ、自分の気持ちがまだ残っているのなら復縁したいと思うのは当たり前の気持ちです。
ところが、復縁は難しいとされています。普通の恋愛でも成立する可能性はそれほど高くないと思いますが、一度別れた相手と復縁するにはマイナスになった気持ちをプラスにする努力が必要になります。そのぶんのハードルが上がってしまうのは仕方がないことです。
それでも復縁に成功した人というのは一体何をしていたのでしょうか?
第一に、落ち着いて自分の気持ちをしっかりと整理することです。パートナーに浮気されたケースでもそうですが、まずは心が離れてしまった相手と自分がどうしていきたいのかを考えましょう。
復縁したら結婚するつもりでいるのでしょうか? それとも寂しさを埋めたいあまりに復縁を望んでいるのでしょうか。
そうしたところをはっきりさせてから行動に移すようにすると相手の態度に振り回されずに済みます。

■有益なアドバイスを受けましょう

このように、別れた相手と復縁するのなら自分の気持ちを整理して落ち着くのが重要です。ですが、別れた直後などは自分の気持ちなど整理できないという人が多いのではないでしょうか。
そういう状態のときに助言をくれるタイプの友人と話すと、相手がよかれと思ってしているアドバイスを聞き入れるのが難しいです。変に反発してしまってその人との友情が壊れてしまうケースもあります。
噂好きの友達に復縁の相談をすると、そのときはよくても後で噂をばらまかれてしまうリスクも考えられるでしょう。気持ちを整理するために誰かに考えていることを話すのは有効ですが、相手は選ばなければなりません。
復縁を成功させるためにする相談相手としておすすめなのは専門家です。カウンセラーなどの専門家が恋愛相談を受け付けていることがあります。
オフィスに赴かなくても電話やメールで相談できるので、相性のよさそうなカウンセラーに相談してみてはいかがでしょうか。

不倫で困ったら誰に相談するべき?

■誰に相談するべき?

恋愛に関する悩みで深刻なものは不倫です。不倫は自分がしてしまう場合もありますし、配偶者にされてしまう場合もあります。いずれのケースも人に相談しづらいのが特徴です。
なぜなら、不倫は離婚調停の際に不貞行為とされるものです。それをするとした側が慰謝料を払うなど不利な立場になると決められていますので、誰に話しても後ろ指をさされる可能性があります。
友人や知人、まして親や親戚に話したりしたらそれだけで問題になることもあるでしょう。
かといって配偶者が不倫しているのを放置すると調子づいてしまい、向こうから別れを告げられるという最悪のケースにもなりえます。自分が不倫をして、遊びだったつもりの相手から家庭を捨てるように迫られたりもします。
このように不倫の恋はスリリングではありますが、 進行するに従ってさまざまなトラブルを生み出します。自分では不倫のつもりでなくても、フリーと偽った既婚者に騙されて泥沼に陥ってしまうケースも散見されますから、もし不倫で困ったらどうするべきなのかは知っておいた方がよいのです。

■専門家と話せます

相談する人が限られる不倫問題ですが、専門家であればきちんと相談に乗ってくれます。守秘義務に従って相談内容を他者に漏らすようなことはありません。直接オフィスに赴くほか、 電話相談やメール相談ができます。
不倫の相談をする際には法律に詳しい専門家を選んでみることをおすすめします。不倫は法的なトラブルに発展しがちですので、法律に詳しい人に相談するに越したことはないのです。
例えば、自分が不倫していることが相手の配偶者にバレて多額の慰謝料を請求されたがどうするべきか? また、不倫相手が妊娠してしまったらどうすればよいか? 不倫をしてしまったが配偶者とは別れたくない場合どのような行動をとればよいか? 配偶者が二度と不倫をしないように誓約書を書かせた映画どのような形式がよいのか?
こういったことは専門家が詳しいです。相談だけならそれほど高額な報酬は要求されません。インターネットで調べてみて、信頼できる専門家を見つけてみるとよいでしょう。

「別れさせ屋に支払費用の相場は?」

別れさせ屋にかかる費用は、決して安い金額ではありません。そして必ず成功するとも限りません。それが、別れさせ屋に依頼するかどうか、一番悩むポイントなのではないでしょうか。これから別れさせ屋に相談しようと考えている人も、どれぐらいの費用を用意しておけばよいのか知りたいと思います。支払費用の相場はどれぐらいなのか、紹介いたします。

<相場は150万円ほど>

別れさせ屋の相場は、一般的に150万円前後と言われています。この中には、着手金と成功報酬が含まれます。着手金は、契約してすぐに業者に支払う金額です。業者はこの金額の中で、人件費や工作費、相談料、諸経費が含まれています。成功報酬は、その名の通り、依頼が成功した場合に発生する費用です。一般的には、着手金の3分の1程度の料金が設定されています。この合計が業者に支払わなければならない金額と思ってください。
ただ、別れさせ屋は依頼によって難易度が変わります。そして難易度が高ければ高いほど、費用も高くなっていきます。相場は150万円ほどではありますが、あくまでも平均であり、ケースによっては200万円〜300万ほどかかる可能性もあります。
もし別れさせ屋に相談することを考えているのであれば、300万円はあった方がよいでしょう。ただ自分の経済力を超えて無理に支払うことは危険なので、まずは別れさせ屋に相談し、見積もりを出してもらうことが大切です。

<契約時に気を付けること>

費用相場も大切ですが、最も大事なのは費用に見合った契約内容かどうかです。契約時に特に気を付けたいのが、実働回数です。着手金の中には、どれぐらい実働回数があるかも定められています。着手金から実働回数一回あたりの費用を算出した上で、何社か見比べてみるとよいでしょう。
また着手金と成功報酬以外に発生する料金があるかどうかも確認が必要です。よくあるのが調査や工作をお願いしていると、聞いていない費用を請求されるというケースです。依頼人としては、工作を続けてほしいため、仕方なく支払うことも多いのですが、契約書に書いていない費用はトラブルの元です。その点も、契約時にしっかりと確認しておきましょう。

「別居中に浮気をされた!?これは慰謝料請求できる?」

夫婦関係が上手くいかなかったり、家庭の都合で別居している夫婦もいると思います。別居中はお互いの生活に干渉しないため、羽目を外しやすくなります。最も心配されるのが浮気です。別居中に浮気をされて、それが引き金になって、離婚したり家庭が崩壊することも珍しくありません。その時、浮気相手に慰謝料は請求することができるのでしょうか。

<別居の理由によっては難しい>

別居の理由が、家庭の事情だったり、仕事の都合など、仕方のない状況だったとします。浮気をしたことで夫婦関係が悪化し、離婚をするなどの実害が合った場合、浮気相手に慰謝料を請求できる可能性が出てきます。ただ、浮気は必ずしも相手だけが悪いわけではありません。離婚をした後であれば、夫あるいは妻、そして浮気相手に対し、慰謝料を請求できます。しかし夫婦関係が継続した状態で、浮気相手だけに慰謝料を求めるのは難しいでしょう。
ただ、別居の理由が夫婦関係の悪化など、自分たちに原因がある場合は話が変わります。その状況で相手に浮気をされたとしても、すでに夫婦関係は破綻していると見られてしまうので、慰謝料を請求することは現実的に難しいです。夫婦がどんな状態だったのかを証明するのはなかなか難しいでしょう。別居生活が長かったり、相手とほとんど会っていないといった状況であれば、自分たちが夫婦関係は破綻していないと主張しても、信憑性が疑われてしまいます。

<別れさせ屋の仕業かも>

浮気をするような人ではなかったのに、浮気をしてしまった。それを知ってしまい、ショックでそのまま離婚してしまう夫婦もいます。でもそれは別れさせ屋の仕業である可能性もあります。別れさせ屋は誰かからの依頼によって、特定の夫婦やカップルを別れさせます。自分たちが原因で別れてしまったと思っていたが、実は巧妙な手口が仕組まれていて、離婚するように仕向けられていたとしたら、とても怖い話です。そしてそんな怖い話が現実としてあることを知っておかなければなりません。別れさせ屋は日本全国にいますので、自分の身にも降りかかってくるかもしれないのです。