不倫相手が本気かどうか確かめたい

不倫している人は、いつも不安な気持ちを抱えています。相手はどういうつもりでこの関係を続けているのか。将来的に自分と一緒になる気はあるのか。確かめたくなるけど、相手に嫌われたくない。本心が分からないと悩んでいる人もいるでしょう。そんな時は別れさせ屋に相談するのもありです。

<家族や子供を大切にしているかどうか>

相手が本気かどうかを見極めるのは非常に難しいのです。ただ一つの目安として相手が家族や子供を大切にしているかどうかで判断できます。

例えば、子供の運動会や参観日、学芸会など、イベントがある時に、会いたいと言ってみましょう。もし相手が不倫相手より子供を優先したら、本気かどうかは怪しいです。逆に、子供のイベントに参加せずに不倫相手と会うようであれば、本気である可能性が高いです。

他にも、奥様と普段仲がよいかどうかも判断基準です。マメに連絡を取りあったり、休日に一緒に出掛けるなど、関係が良好に見えるのであれば、不倫はお遊びの可能性が高いです。不倫相手と将来的に一緒になりたいと思っている人の多くは、夫婦関係が破たんしてたり、家族関係が悪いことが多いです。

家族との関係が良好にも関わらず、不倫相手と一緒になるという洗濯をする人はほとんどいません。まずは、家族や子供をどう思っているのか見極めましょう。

<工作員を送り込み本心を聞き出す>

もし自分ではなかなは判断できないのであれば、別れさせ屋に相談してみましょう。別れさせ屋は、単に相手を別れさせるだけではなく、相手の本心を聞き出すこともできます。

工作員を使い、相手と親密になり、今の関係をどう思っているのか本心を引き出します。別れさせ屋の工作は、相手の好みの異性を送り込み、トラップを仕掛けるのが一般的です。でもこのように、本心を聞き出すためには、同性の工作員が、まるで親友のような関係になり、相手の心を確かめることもあるのです。

不倫相手の本心は、相手からはなかなか分からないものです。だから、別れさせ屋のように第三者によって、本気かどうかを確かめるという人もいるようです。

不倫相手と別れたい。なぜ当人から依頼がくるのか

恋や愛は、時に人を狂わせてしまうことがあります。その愛情が一方的であればあるほど、人は暴走してしまいます。別れさせ屋には、不倫相手と別れたいという相談がくることがあるようです。依頼人は、その不倫をしている当事者です。一体どういうことなのでしょうか。

<一時の間違いがダラダラ続き>

不倫をしている人は、一度体の関係を持っただけで、その後ダラダラと関係が続いてしまうことがあります。当人としては、早く別れたい、関係を清算したいと思っています。

でも、相手が別れてくれない、別れるなら関係をばらすなどと言われ、仕方なく続けてしまっているという話も珍しくありません。特に相手が自分勝手で暴走しやすい相手だった場合は、歯止めがきかなくなります。

相手の妻や夫にいたずらに電話したり、いたずらをするなど、ゆさぶりをかけて関係を楽しもうとします。

愛情は時におかしな方向へと走り、ストーキングをしたり、DVをしたり、モラルハラスメントを起こすこともあります。

不倫する相手がそうした傾向のある人だった場合、一時の間違いによって、その後自分自身も苦しめてしまうことにもなりかねないということです。

<別れさせ屋はどうするのか>

もし不倫相手と別れたいという相談が来たら、別れさせ屋はどうするのでしょうか。当人が何をやっても別れならない人と、工作により別れることができるのか疑問です。工作の方法としては、とにかく不倫相手に別の相手を見つけてもらうしかありません。例えば、その人の好みの異性を送り込みます。

もちろんその人は工作員です。ターゲットと工作員が親密になり、意中の相手を不倫相手からその人になるようにし、不倫相手とは別れてもいいという心境にさせます。そして頃合いをみて、依頼人に別れを切り出すようにします。元々熱しやすい人だから、一度夢中になる人を見つければ、比較的簡単に別れてくれるようです。

不倫している相手と別れてしまいたいと思っている人は意外に多いようです。簡単に関係を清算できないからこそ、別れさせ屋のようなプロに頼りたくなるのでしょう。

不倫していた人と復縁したいという相談

不倫関係はいつまでも長く続かないものです。何カ月、何年か関係が続き、最終的には会わなくなるという人も珍しくありません。しかし、もう一度不倫相手と復縁したいという相談が別れさせ屋にくることもあるようです。

<別れさせ屋は復縁屋であることも>

そもそもなぜ別れさせ屋に、復縁したいという相談が持ち込まれるのでしょうか。それは、別れさせ屋は、夫婦やカップルを別れさせるだけではなく、時に誰かと復縁したいという依頼を受け、実際に復縁させることもあるからです。別れさせ屋に対し、復縁屋とも呼ばれています。

この両者、誰かと別れさせるという工作と、誰かとヨリを戻すという工作。全く異なるようにも見えますが、実はとても似ているのです。なぜなら、ターゲットの心理にうったえかけて、恋愛模様を操作するからです。だから、結果だけ見ると全く異なることをしているようにも見えますが、工作そのものはどちらも似ています。ターゲットに近付き、親密になり、そして相手の心を誘導していきます。別れさせ屋が復縁屋を行っているのは、どちらも同じスキルが必要であり、どちらも対応が可能だからです。

<不倫関係に戻りたいと思う気持ちとは>

なぜ不倫していた人と復縁したいと思うのでしょうか。理由は人それぞれですが、共通しているのはその関係が楽しかったからでしょう。

不倫は少し後ろめたさがありながら、恋人同士の新鮮な気持ちを味わうことができるので、結婚して夫婦関係が少しさめている人にはとても刺激的です。また不倫相手にとっても、妻や夫がいる人を寝とっているという背徳感があり、自尊心を満たすこともあります。

不倫関係が終わる時は、家庭を大切にしたい、周囲にばれて関係を続けることができなくなった、のどちらかが多いです。

ただ、相手との気持ちが切れたわけではありませんので、時間が経ち、ほとぼりが冷めた頃にまた相手と復縁したいと思うようになります。

別れさせ屋は、時に復縁屋でもありますので、不倫していた人と復縁したいという相談を受けることもあります。

不倫はいけないことと頭ではわかっていながら、再度関係を持ちたくなるから、人間は必ず理性だけで生きているわけではないことが分かります。

東京都内でおすすめの別れさせ屋はどこ?安心して利用できる別れさせ屋を徹底解説!

全国各地に店舗を構える別れさせ屋。
その多くは日本の首都である東京を拠点としている場合が多いです。
そこで今回は東京都の別れさせ屋を利用することのメリットや、東京都内で強いと評判の別れさせ屋をご紹介します。

■東京都の別れさせ屋がおすすめの理由
まずは東京都内で別れさせ屋を利用するメリットを確認しておきましょう。

・依頼数が多いため実績が高い
・工作人や調査員の数が豊富で品質が高い
・別れさせ屋激戦区なのでサービスが充実している
・アクセス良好で隣接する県へも対応してくれる

東京都内で別れさせ屋を利用することには、こんなにたくさんのメリットがあることが分かります。
また東京に本社を構える別れさせ屋は、大阪や名古屋などの主要都市にも店舗があることも。
東京まで出てこられなくても、東京に本社を置く別れさせ屋の支店を探してみるのもいいかもしれませんね。

■東京都内でのおすすめの別れさせ屋㈰M&M
まずは東京都内で高い実績を誇る「M&M」
その人気はどこにあるのでしょうか。

・東京都内と近郊に調査員や工作人が配置されている
・「別れさせ」以外にも「復縁」「出会い」「離婚」などの独自のプランが充実している
・24時間年中無休で相談できるフリーダイヤルがある

M&Mにはこのような特徴があります。
ターゲットと工作人が接触しやすいように、東京近郊にも配置されているというのは非常に心強いですね。
別れさせる以外にも、復縁や出会いなどの相談に乗ってくれることも人気の理由といえるでしょう。

■東京都内でおすすめの別れさせ屋㈪リライアブル
「成功率に自信あり!」と謳っているのが、品川区に拠点を構える「リライアブル」です。

・安い料金ではないものの成功率を第一優先にしている
・実働回数保証で安心して利用できる
・事前事後の報告を徹底している

リライアブルにはこのような特徴があります。
会社HPには「成功率に自信あり」「成功率第一優先」とあり、「成功率」の文言を推していることから自信の高さが窺えます。
多くの別れさせ屋は期間を設定した契約内容となっていますが、リライアブルは実働回数を保証するというもの。
別れさせ屋とのトラブルにありがちな「時間が足りなくなったから期間延長」というものがなく安心して利用できるでしょう。

『別れさせ屋ってどんな職業?別れさせ屋になろうと思ったら誰でもなれる?』

夫と浮気相手を何としてでも別れさせたい。
不倫相手と奥さんが早く別れるように手伝ってほしい。
そんなときに頼りになるのが別れさせ屋。しかしその別れさせ屋の実態は不明な点が多いもの。
そこで今回は別れさせ屋がどんな職業なのか調べてみました。

■別れさせ屋は具体的に何をするのがお仕事?
もっとも気になるのが別れさせ屋の具体的なお仕事内容。
別れさせ屋とは、名前の通り依頼主の話を聞き、ターゲット同士を別れさせるプロの集団です。
一番多い依頼は「夫と不倫相手を別れさせてほしい」「婚約者に浮気相手がいるから別れさせてほしい」といった恋愛に関係するもの。
他にも友人や職場の人間関係、親戚関係などのトラブルを断ち切るのに動くこともあります。
別れさせ屋の作業は「調査する」「計画を立てる」「計画を実行に移す」の3段階が基本。
たとえば「夫と不倫相手を別れさせたい」という依頼の場合、まずは不倫相手の好みの異性のタイプや行動パターンを徹底的に調査します。
その調査結果を基に、別れさせるための計画を綿密に立て、失敗しないように工作人を送り込み実行するという流れです。

■別れさせ屋と探偵は違う?
別れさせ屋と探偵は似ているようで違います。
探偵は「夫が浮気をしているようなので調査してほしい」といった依頼に応えるもの。
ターゲットを尾行することで、浮気や不倫の現場を証拠に残し依頼人に報告をします。
そのため浮気や不倫の証拠を押さえたいだけであれば、別れさせ屋ではなく探偵に依頼すればいいのです。

■別れさせ屋になるには?
ミステリアスな雰囲気が漂う別れさせ屋、いざ自分がなりたいと思ったら簡単になれるものでしょうか?
別れさせ屋になるには4つのポイントがあります。

・コミュニケーション能力が高い
・細かい変化に気付ける
・精神的、肉体的にタフである
・守秘義務を守れる

最低限でもこの4つを持ち合わせていることが、別れさせ屋になるための第一歩といえるでしょう。
もちろん別れさせ屋の中でも、依頼者からヒアリングをする・別れさせるための計画を立てる・工作人としてターゲットに接触をするなど、どこのポジションに就くかによっても細かく変わってきます。
別れさせ屋への就職や転職を考えている方は、企業の採用情報をチェックしてみましょう。

別居中に浮気された場合の法的処置は?

ひと口に別居と言っても、離婚を前提の別居や、単身赴任での別居、一旦冷静になるための別居とさまざまです。そんな別居中に相手が浮気をしていた場合、慰謝料の請求は出来るのか、状況ごとにご紹介いたします。

■離婚を前提に別居をしていた場合はどうなるの?

離婚を前提に別居していた場合は、婚姻生活の破綻とみなされることがあるでしょう。その場合、別居後の浮気については慰謝料や離婚の原因に直接つながることは認められない可能性があります。しかし、別居後の浮気が見つかった場合は、その浮気の開始時期に注目しましょう。別居前に浮気を開始している場合には、有利に離婚を進めることや、相手に慰謝料を請求できる可能性も出てきます。別居後の浮気が見つかったからと言って諦めないでください。怪しいと思った場合には、浮気がいつ開始されたのか証拠をしっかりと集めましょう。

■離婚を前提にしていない場合はどうなるの?

そもそも単身赴任をしている場合や、一旦冷静になりたいために別居をしている場合でも、これからも婚姻関係を続けて行きたいという意思が見られますよね。そのような理由での別居中に浮気が発覚してしまった場合、それが原因で離婚を考えるということもあり得るでしょう。そう言った時には、やはりきちんと証拠を集めることが大切です。自身の婚姻生活を壊されてしまった場合、より自分が有利になるようにいい条件で離婚したいと考えることは普通のことですよね。そんな時に証拠がきちんと集まっていれば、今後離婚の話し合いをする際に条件を有利に進めることもできるかもしれません。また、慰謝料の請求が出来る可能性も出てきます。
しかし、浮気されても離婚はしたくないと考える方もいらっしゃいますよね。そんな時にも証拠は役に立ちます。浮気をした側は、自分から離婚を切り出すことが難しくなるため、婚姻生活を進めるための話し合いも有利に進めることが可能です。

どんな時でも浮気された場合のショックは計り知れませんよね。浮気された側が泣き寝入りをせざるを得ず、更に傷を抉るようなことがないよう、少しでも怪しい場合は証拠集めを徹底したいものですね。

あなたの不倫は本気の不倫ですか?

世の中に溢れている不倫の中にも、遊びの不倫と本気の不倫がありますよね。離婚するつもりはないけれど、現実逃避も出来るしなんとなく楽しいから不倫をしている場合や、離婚準備を進め、本気で不倫相手と結婚しようと思っている場合です。しかし、相手がどう思っているのかを確認することはなかなか難しいことです。そこで、相手の行動から読み取る本気度をチェックしてみましょう。

■そもそも本気になるときはどういう時?

1度は結婚をした身ですので、相手を思いやる気持ちや愛する気持ちというものを知っているはずです。それは相手が結婚相手に対して感じるものですが、反対に結婚相手から愛される感覚も知っているでしょう。そこで、結婚相手よりも愛されていると感じた場合はどうなるでしょう。今まで結婚相手が1番に自分のことを愛してくれる存在で、それ以上の愛はないと思っていたけれど、更に愛されるということはこんなにも幸せなことなんだと気づくことでしょう。そして、愛してくれる分、相手も愛を返したくなります。それは守ってあげたいという感情です。さらに、2人で居る時間が癒しの時間になった時、彼も本気の不倫へと変わるかもしれません。

■本気の不倫になった場合の行動パターンとは?

そうして彼が不倫関係に対して本気になった場合、いくつか取る行動があります。それは本気であなたと結婚したいと考えているサインかもしれませんので、できれば見逃したくないものですよね。しっかりと見極めてみましょう。
まずは、毎日連絡を取り、決まった予定はすべて教えてくれることです。相手が家族といる時にどんなことをしているのか、どんなところに出かけているのか知らないという方も多く居ます。しかし、それでは、やはり都合よく遊ばれているだけなのではとモヤモヤしてしまいます。そんな感情をいち早く察知し、不満を解消しようと思うことは、本気の不倫であればなんらおかしいことではありませんよね。
次に、記念日を忘れずに形に残る物をプレゼントしてくれることです。誰しも、好きな人との特別な日というものは2人きりでお祝いしたいものですよね。本気だからこそ、あなたと一緒に居られる幸せな記念日というものを覚えているものです。そしてプレゼントには、形に残る物を贈るでしょう。不倫の場合、形に残る物は後々不倫の証拠となるためタブーとされています。しかしそれでも物をプレゼントされた場合、それを見る度に自分を思い出してほしいという気持ちの表れでしょう。

このようにいくつかの行動パターンを紹介いたしましたが、実際にはそれ以外にも行動パターンはいくつかあるでしょう。しかし、そのうちの1つとして、相手は自分のことを大切に思っているのか、本気の不倫なのかを見極める1つの材料にしてみてください。

知らない間に不倫の当事者になっていた。別れる方法は?

出会って好きになって付き合った人が、実は妻子持ちだったという状況を経験した方は少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。不倫をしているという状況に、傷ついて悩んだ結果、別れを決意する方もいらっしゃいますよね。そんな時に参考にしてほしい別れ方をご紹介いたします。

■決意を固く、覚悟をもって

まずは、きっぱりと不倫を終わらせるんだという固い決意を持ちましょう。不倫とわかっていても、相手に好意があり付き合っていたとすれば、別れることは容易いことではありませんよね。しかし本当に好きだからこそ、相手には自分の家庭を大切にしてほしいと思うこともあります。または、自分だけを見てくれる人と幸せになりたいという考えもあるでしょう。そんな自分の気持ちを大切にしましょう。その決意が出来たら、関係を終わらせる準備をしましょう。

■関係を終わらせるためにとる行動

1番大切なことは、きっぱりと関係を終わらせることです。いくつかの方法がありますので、自分自身に合ったもの、これなら出来るかもしれないという方法を見つけてみてください。
まずは、自分からは連絡を取らない方法です。相手から連絡が来たときのみ返信をし、その返信もだんだんと回数を減らしていきましょう。一気に回数を減らすよりは自分でも心構えができてくるのではないでしょうか。

次に、きっぱりと別れを告げてしまう方法です。別れを告げた後は、連絡をしないようにしましょう。たった1回が、気持ちをぶり返す原因になってしまうこともあります。
最後に、携帯などの連絡手段を一切絶ってしまう方法です。自分から徐々に連絡を減らす事も出来ない、きっぱりと別れを告げることも出来ないという場合には、思い切って携帯を変えてみるのも手かもしれません。強制的に連絡が取れないようにすれば、自分自身も諦めがつくのではないでしょうか。

また、もし出来るのであれば、お互いに思い出の品は破棄することをおすすめします。別れるまでは誰にもばれていなかったとしても、後々相手側の奥様などに見つかってしまったら、相手の家庭を思い別れた場合でも、努力が水の泡になってしまいます。

自身が知らぬ間に不倫をしていたなんてことは、ショックという言葉では表現出来ないほどの苦しみがありますよね。そうなった時は、まず自分の幸せについて考えてみましょう。相手がすべてを捨てて自分を選んでくれるのか、最初から自分だけを見てくれる人とやり直した方がいいのか、しっかりと考えてみると取るべき行動が見えてくるかもしれません。

復縁をしたい不倫相手がいる場合の復縁方法

家庭を持っているのに好きな人ができてしまった場合、あなたならどうしますか。

本気になるとは思わなかったけれど本気になってしまった場合、一度は関係を持ったがやはり家庭を壊すことは怖いと思う方が多いのではないでしょうか。家庭を壊すくらいならと別れたけれど、やはり忘れられず復縁をしたいと思った時にできる行動を紹介します。

■まずは恋愛をしよう

不倫相手と復縁をしたいと思った場合、まずはいつもの恋愛を思い出しましょう。

最初に大切な事は、連絡を取ることをやめないことです。連絡が取れないことにはなにも始まりませんよね。すぐに連絡をしない場合にも、必ず連絡先は消さずに残しておきましょう。そして連絡をするときには、復縁をアピールしないようにしましょう。

いつもの恋愛の場合、すぐに好意をアピールする方もいるでしょう。しかし、一度は別れた仲です。お互い理由があり別れたのでしょうから、すぐに復縁をアピールすることは相手に引かれてしまい逆効果になるかもしれません。

ここで重要なのは、追われる側になることです。追われるより追いたいと思う方も多くいるのではないでしょうか。追われる側になってしまうと、相手が簡単に手に入ってしまい、つまらなく感じてしまう場合もありますよね。
そこで、相手にも復縁をしたいと思わせるよう、追われる側になりましょう。しかし、追われる側になることは簡単なことではありませんよね。そこで使用したい方法があります。少しずつ連絡を取るようになった場合も、自ら連絡を取りすぎることはせず、相手から連絡をしてくることを待ちましょう。聞き上手がモテるということはよく聞く話ではないでしょうか。相手から連絡が来たときは聞き役に回り相手が求めていることや情報を少しずつ増やしていきましょう。

次第に2人で会う関係にまでなった時にも、急いで復縁をアピールすることはせず、ゆっくりと恋愛の関係を楽しみましょう。会うにつれ、あなたも相手もよりお互いを理解し、自然と復縁の流れになるかもしれません。

■復縁屋という手もある

上記の方法はゆっくりと復縁を迫る方法です。しかし、相手が自分をどう思っているかということはわかりません。本気で復縁をしたいと思っている方は、復縁屋という方法もあります。復縁屋は名の通り復縁をしたい相手がいる場合に、復縁のサポートをしてくれる会社です。別れた原因や改善点を教えてもらえるため、自身で恋愛関係を築き復縁するよりも、より確率が高いと言えるでしょう。

不倫相手と復縁をしたい場合も、あまり難しく捉えずに覚悟を決め恋愛をしてみるものいいかもしれません。以前よりももっと相手のいいところを知るチャンスにもなるかもしれませんね。

『別居中の浮気はOK?慰謝料請求は可能なのか?』

夫または妻が不倫をして家庭環境が悪化すると、別居状態になることがよくあります。
別居中に浮気や不倫をしてしまうのは夫婦関係が破綻しているから構わないという意見と、まだ法律上は夫婦関係が継続中なので、してはいけないという両方の意見があります。

実際に、別居中の浮気は慰謝料を請求される、またはできるのでしょうか?調べてみました!

■慰謝料が請求できる「法的な浮気」とは?

まずはじめに結論から言いますと、たとえ別居中の浮気であっても、離婚が成立していないのであれば不貞行為とみなされ、慰謝料を請求できます。

不貞行為とは、一般的には肉体関係を結ぶことをいうので、例えば手をつないだりキスをしたり、直接的に肉体関係と結びつかない場合は、慰謝料を請求するのは難しいでしょう。

その他に、お互いが完全に冷めきっていて、浮気をしようがしまいがどうでもいいという場合、すなわち婚姻関係が破綻しているなら慰謝料が発生しないケースもあります。あくまでも、慰謝料を請求するのは浮気された側なので、浮気された方がお金なんていらないと思えば、慰謝料が発生しないということです。ですので、次項で詳しく説明しますが、慰謝料が請求できるかどうかはケースバイケースと言えるでしょう。

■別居中の浮気で慰謝料が請求できるケースとできないケースについて

慰謝料が請求できるケースは…例えば、別居する前から浮気をしていた場合、別居中だが時々夫婦で会っていた場合、単身赴任で別居中だった場合、夫婦関係を修復するための別居だった場合、などが挙げられます。

一方で慰謝料が請求できないケースとしては…別居期間が長いなど、すでに婚姻関係が破綻している場合、自分自身が浮気をして別居になった場合、などです。

■もし慰謝料を請求されてしまったら?

もしも、あなた自身が別居中に浮気をしてしまい、慰謝料を請求されてしまったら、落ち着いて下記の項目を確認しましょう。

㈰証拠があるかどうか…不貞行為があったと証明できる証拠が揃っているか、細かく確認してください。配偶者が探偵を雇ったりして十分な証拠を持っていたとするとなすすべはありませんが、不貞行為を立証できないほどの少ない証拠しかなかったとしたら、もしかすると慰謝料を請求されずに済むかもしれません。

㈪慰謝料の相場を事前にリサーチしておく…慰謝料の金額は人それぞれ違いますが、だいたいの相場は100〜300万円ほどだと言われています。もしも、配偶者がその金額より大幅に多く請求してきたら迅速に弁護士を雇ったり、お互い納得の金額であれば示談をすすめるなど、スムーズに解決できるように準備しておくとよいでしょう。

㈫落ち着いて冷静に対応する…もし慰謝料を請求されても、浮気相手が慰謝料を払うケースがあったり、配偶者は本当は慰謝料ではなくて謝罪をしてほしかったりと、様々なケースがあります。すぐに解決しようと慌てるのではなく、よく話し合いを重ねてお互いに納得できるような対応をとるようにしましょう。