悩み相談に電話を利用する場合、その内容が不倫でも大丈夫でしょうか

恋愛の悩みも人それぞれです。悩んでしまった恋愛について、アドバイスを受けたいと思うことは誰にでもあるでしょう。

さらにそれが不倫の相談なら、秘密と匿名性が守られることが重要になるでしょう。

それなら、電話でプロのカウンセラーや恋愛の専門家にアドバイスをもらうという方法も、考えてみてもいいのではないでしょうか。

■不倫の精神的なつらさからくる悩みを相談したい時

自分が前向きな考え方を手に入れることができたなら、精神的なつらさは軽減するでしょう。

電話で相談できるカウンセラーを探すなら、ネットのサイトで容易に探すことができますが、相談の前に、カウンセラーの得意な分野を確認して、自分に合いそうな人を探すことが重要です。

不倫で悩むのは、そのほとんどが進むべき道を見失っていることが多いのです。

けれど、冷静さを持って自分を分析できるようになれば、その不倫の恋を突き進んでいくのか、新しい人生を選択するのか、選ぶ力もつけることができるはずです。

そんな力を手に入れるためにも、まずカウンセラーに繋がったら、自分の想いを吐き出すことからすればいいと思います。

カウンセラーはしっかり受け止めてくれるはずです。

■不倫の相手と別れたい時、不倫相手をパートナーと別れさせたい時に悩み相談を電話でできるところは?

精神面よりも、不倫の解消、あるいは不倫相手をパートナーと別れさせたいなど、ずっと現実的なことで相談したい場合はどうすればいいのでしょうか。

一般的には勧められるようなことではありませんが、それでなければ解決を見ることができず、悩みが深くなってしまったという場合、相談は電話で行うのは正解だと思います。

この場合は、探偵や別れさせ屋などにお願いすることになると思います。

相談を電話から行うのは、気持ちの上で負担も少なく、相談内容も話しやすくなることがメリットになると思います。

実際に相談することで、秘密は守られ、自分の代わりに工作を仕掛けながら、解決までの道のりに付き合ってもらえます。

不倫という悩みについて相談したいなら、カウンセラーや解決するための専門家に相談することが第一です。

自分の本心を話すことができて、しかも秘密を守ってもらえるような環境は、なかなか知人や友人の間では難しいものと思われます。

少しでも気軽に、精神的に負担を強いることがないように、最初は電話で相談してみるのもいいと思います。

別居中に浮気をされてしまうと慰謝料が請求できない?

別れさせ屋へ離婚のお手伝いを依頼しようとしているときに、「別居中の浮気は不倫としては扱われなくて、慰謝料も請求できないらしいよ。」と友達などから聞いて不安になった、という方はいらっしゃらないでしょうか。今まさに、事情があって別居中の方には寝耳に水のような話かと思います。しかし、この話は場合によって、という話であり、しっかりと不倫として扱われる場合もあるのです。

■単身赴任などで別居中の場合は不倫として扱われる

配偶者の仕事の都合などで単身赴任となり、子どもや家の関係でやむを得ず別居中、という夫婦も多いかと思います。こう言った場合は、当然のことながら、婚姻関係をしっかりと続けたうえでの別居ということになりますので、どちらかが浮気をするとしっかりと不倫という扱いになり、慰謝料も請求されることとなります。また、お互いの気持ちを整理するためにどちらかが実家に帰るなどして一時的に別居をしている場合。この場合も、婚姻関係が破綻しているとは言えませんので、不倫という扱いになります。不倫相手と同棲するために別居をしているなどの場合はそもそも不倫が婚姻関係を破綻させた、ということになりますのでこちらももちろん慰謝料を請求されることとなるでしょう。

■離婚に向けた手続き中の場合は不倫として扱わないという場合も

状況にもよるのですが、不倫とは全く別の原因で夫婦関係が悪化し、双方が同意のうえで離婚に向けての手続きを進めており、その手続きの間に別居したあとで浮気をした場合は、そもそも婚姻関係が破綻していたということになり、不倫や不貞行為としては扱われないこともあるのです。ただし、この場合もどちらかの家に配偶者が定期的に家事をしに来てくれていたなどの状況があった場合は、婚姻関係が続いていたとみなされることが多いです。また、当然不倫関係を離婚協議前から続けていた場合は問題外となります。

別居中の配偶者の動向が怪しく、不倫を疑っている人にはドキッとしてしまうような話題ではありましたが、不倫として扱われない場合のほうが少ないことをお分かりいただけたでしょうか。不倫をされてしまい慰謝料の請求などを考えている方は、婚姻関係がつづいていたかに焦点をあてると請求が可能かどうかがわかりやすいかと思います。

不倫相手に本気になってしまうのは、どのようなとき?

肉体関係のみの割り切った不倫関係でいるつもりでいたにも関わらず、いつのまにか不倫相手に本気になってしまっていた、ということも少なくありません。では、どのようなことがきっかけで不倫相手への気持ちが変化していくのでしょうか?いくつかのきっかけをまとめてみました。

■自分の事情を気にかけてくれたとき

配偶者の愚痴などを話したり、家族の予定を変えてまで相手に合わせようとしたりしたときなどに、不倫相手から「それは言いすぎじゃない?」だとか、「さすがに子どもや奥さんがかわいそう。ちょっと考えなおしたら?」などという注意をされたときに、相手の気持ちを考えられる子なのだな…と思い、不倫相手への気持ちが深まることがあるようです。特に、配偶者が自分本位の言動が目立つタイプの場合にはこの傾向が強まるようです。不倫相手のこのような発言がきっかけで、配偶者と離婚協議に踏み切った、というような人もいるほど。配偶者と正反対の性格に惹かれやすいのかもしれませんね。

■不倫相手が無理しているのを知ったとき

例えば、不倫相手との大切な記念日などに家族の大事な予定が被ってしまったとき、不倫相手が体調を崩しているのに、なかなかお見舞いにも行けないとき。そのことを不倫相手に伝え、謝ったときに、「自分は大丈夫だから、気にしないで。」と言われたとします。しかし、後日他の人から不倫相手がすごく落ち込んでいた様子だとか、実は言われていたよりも体調がかなり良くなかったようで、相当弱っていたような話を聞いてしまったとき、「やはり自分が側にいてあげなければ!」という強い気持ちが芽生えることがあるようです。自分が悲しかったり、辛いときでも相手のことを思いやれるというのもポイントが高いのかもしれません。

不倫相手に本気になってしまうシチュエーションなどについて、いくつかご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。いずれの場合も、配偶者とかなり関係が冷え切ってしまっている場合に不倫相手への気持ちが高まっていくことが多いようです。もしも現在、配偶者の不倫疑惑などでお困りの方がいらっしゃるのであれば、配偶者が不倫相手に本気になってしまう前に、「別れさせ屋」などに相談し、早めに手を打った方が良いかもしれません。

不倫相手と別れたあと、本当の幸せを手に入れるためには

大体の方が、悪いことだとはわかりつつ不倫関係を続けてしまっているのではないでしょうか。不倫相手と過ごしている間にもふと、「このままでもいいのだろうか…」と思ってしまうこともあるかもしれません。そういった考えが頻繁に思い浮かぶようになったのであれば、不倫関係を終わらせて、自分の幸せを見つめなおす時かもしれません。

■不倫をこのまま続けていいのか、と考える瞬間とは

一番多いのはやはり、「妻とは別れるつもりだ」といいつつ、いつまでも実行に移す様子がない時かもしれません。不倫相手が離婚に踏み切らない限りは、自分はいつまでたっても「不倫相手」なのです。そこから関係を進めることはできません。そういった時、「いつまでこのままなの?」と考えてしまうことが多いようです。また、不倫相手がSNSなどに投稿していた家族写真などを見て、ということもあるようです。私はこそこそしていなければいけないのに、この人は家族との写真は堂々とアップしているなんて、なんだか不公平。そう感じてしまっても仕方がないでしょう。2つとも、共通点は「理不尽さ」を感じるような時、ということでしょう。

■別れた後に幸せを手に入れるためには

では、不倫相手と別れた後に自分で幸せをつかむためには、どのようにすれば良いのでしょうか。まずは、不倫相手ときっぱりと関係を絶つ、ということがとても大切になってきます。別れると決めたのであれば、連絡もその後は一切取らない方が良いでしょう。別れを切り出すと、不倫相手はなんとかあなたをつなぎとめようと様々な甘い言葉をささやいてくるかもしれません。また、「今年中には別れる!」と具体的な期間を申し出てくるかもしれません。しかし、そういった約束は脆いもの。いざ期限が近くなってきたときに問い詰めると、「子どもの学校が大変だから」「色々と事情があって今は無理になった」などという理由を付けて先延ばししてくることも本当に多いのです。もしも、あまりにしつこくなかなか自分ひとりでは縁を切れないかもしれない、という場合には、「別れさせ屋」という別れさせるためのプロの集団も存在します。先に進みたいのにしつこく粘られて困ってしまった時には、別れさせ屋の利用を検討してみても良いかもしれません。

不倫関係を終わらせたあと、幸せを手に入れるためには不倫関係をすっぱりと終わらせ、新たな人生を歩むつもりで様々なことに挑戦してみる、ということが大切です。もしも今あなたが、不倫相手との関係に理不尽さや不公平さを感じているのだとしたら、今が行動を起こすべき時なのかもしれませんね。

不倫相手と復縁するためには

不倫関係というのは、その障害の多さからも関係が壊れやすいものです。しかし、相手の家族のことなどを考えて別れた後でも、なかなか忘れられないレベルまで好きになってしまった、ということも珍しくはないでしょう。不倫相手がどうしても忘れられず、復縁をしたい場合にはどのように行動するのが良いのでしょうか。

■連絡先だけは確保しておくようにする

不倫関係が終わってしまったとしても、連絡が取れなくなってしまうとその後の復縁はかなり難しいものとなってしまいます。あくまでお友達としてお付き合いを続けてほしい、というアピールをして連絡だけは取ることができるようにしておきましょう。しかし、だからといっていきなり復縁を迫るような連絡をしてしまってはいけません。まずはたわいもない話を続けていき、やはりこの人と話していると楽しいな、と相手に思ってもらえるようにしていきましょう。こうしていくうちに、あなたへの気持ちがまた強くなっていくこともあるかもしれません。相手から相談などがあった場合には、親身に聞いてあげると更に距離が縮まることでしょう。

■相手へ未練があることは気が付かれないようにする

基本的に、自分への未練がまだあるのだな、と思っているうちは自分が有利だと思ってしまいがちですので、あなたが相手のことをまだ好きでいる、ということは悟られないようにするのが大切です。早く復縁したいという気持ちはあるかもしれませんが、焦ってしまうとかえって復縁が難しくなってしまうこともあります。自分から気持ちが離れていると思うと相手もなんとかあなたのことを手に入れよう、という気持ちになることが多いものです。実行するとなるとなかなか難しいかもしれませんが、グイグイ追ってしまうよりも少し引いているぐらいの方が、復縁までの時間を短くできるかと思います。

別居中の浮気は慰謝料の発生理由になる?

別居中に浮気をして、離婚ということになった場合、慰謝料は発生するのか気になる人もいるのではないでしょうか。別居というのも、さまざまな形があります。どういう状況であれば、離婚時に慰謝料が発生するのか解説しますのでチェックしてみてください。

■別居中でも浮気をしてはいけない貞操義務があります

夫婦の場合、別居中でも浮気や不倫をしてはいけないという貞操義務があります。浮気の場合、貞操義務を破っていることと解釈されるのです。法によって平穏な夫婦関係を壊す行為となります。

では、どこからが浮気なのかという問題が出てきます。それぞれ個人の基準があるというのは、法律的な観点からいうとなかなか通じない点があるのです。一般的には、肉体関係、つまり性行為を行ったら浮気といえるでしょう。

手をつないだ場合でも、肉体関係を容易に想像できる場所で行っている、長時間していたなら、不貞行為と判断されることもあるのです。

また、キスも同じで、肉体関係を容易に想像できる状況なら不貞行為と判断され、慰謝料を請求される場合があります。

■別居中の理由で浮気を責められない場合があります

別居中の浮気は、どのような理由で別居しているかで慰謝料の請求判断が分かれます。

完全に夫婦関係が冷え切っており離婚前提の別居だと、浮気が不貞行為とみなされない場合があるのです。

客観的に夫婦関係が破綻していると認められやすい状況といえます。ただし、絶対的なものではありません。破綻していたとしても、浮気をしていたことが発覚したとたん、相手が慰謝料を請求してくるケースもあるのです。

この場合、本当に夫婦関係が破綻していたかどうか、浮気をした側が証明する必要があります。

もちろん、離婚を想定していない状況での別居中に浮気をすれば、慰謝料を請求されてもおかしくありません。たとえば、出張、介護などは、夫婦関係が破綻、離婚前提の別居ではないからです。

■慰謝料をもらえなくても浮気が許せない方は別れさせ屋の活用を

慰謝料が請求できなくても、浮気や浮気をされた側としては、納得できないことも多いでしょう。配偶者と浮気相手の関係を壊したいと考える人も少なくありません。

別れさせ屋は、そんな方のサポートを行います。別れさせ屋の手法次第では、心理誘導により、今後、配偶者が浮気をするつもりにならない状態にできるかもしれません。

■別居中の浮気でも慰謝料が発生する場合はある

別居中に浮気をされて、慰謝料のことを考えるなら、状況を考えてみてください。離婚前提の別居だったのか、離婚とは関係ないときの別居での浮気だったのかで解釈が変わるからです。ただ、浮気自体が許せないと考え、配偶者が続行中なら、別れさせ屋に相談するのもよいでしょう。

不倫相手が本気になったときの見極め方とは?

遊びではなく相手が不倫で本気になったら、態度などに出てくるものです。言動ではなく、振る舞いに出てきた場合、注意しなければなりません。本気になられて離婚などを迫られる前に、別れを検討するのもよいでしょう。

■不倫相手が本気になると出てくる態度とは?

不倫をあくまで遊びとして捉えているなら、性行為だけというケースも少なくありません。ただ、本気なら性行為だけで終わらずデートなども行う人も多いのです。

不倫がはじまった当初より冷たい言動や態度が多くなる、自分からの連絡が増えるなど、態度が明らかに恋人に対するものと同じになります。

優先順位も同じです。ダブル不倫をしている場合、自分の配偶者や家族を優先しなくなるのです。この場合も、相手がかなり本気になっている証明といえます。遊びなら、自分の配偶者や家族をないがしろにはしません。

自分の家族の話をしないのも、よくある本気の態度です。不倫だと理解しているからこそ「相手を傷つけるかもしれない」と、自分から家族の話をすることはないでしょう。

プレゼントも同じです。不倫相手に対し、高額なプレゼントを贈ることはあまりありません。このように、本気になったら態度に出るものです。

■不倫なのに本気になられたら困るなら別れさせ屋

不倫相手が本気になると困る方もいるのではないでしょうか。ダブル不倫でも、お互い夫婦関係が破綻しているならそのまま離婚という話となります。相手が本気なら、それを止める必要はありません。

ただ、不倫は不倫として割り切っている場合だと、本気になられると困るものです。家庭崩壊、離婚を選択するほどの気持ちがなければ、別れるという選択肢をしてもよいかもしれません。

しかし、本気になっている相手に別れ話を伝えるのは、傷つけるだけではなく、リスクもあります。慰謝料や復讐として不倫のことをばらされるのが怖い人もいるでしょう。

そんな方は、別れさせ屋に相談してみてください。別れさせ工作を通じ、大きなトラブルに発展させないように別れられる可能性が高くなります。相手から、別れを告げてくることも十分に考えられるのです。

■本気の不倫は怖い!別れさせ屋でトラブル回避

不倫相手が本気になると怖いと感じる方は少なくありません。しかし、自分では上手く別れ話ができないとなれば別れさせ屋の利用を検討してもよいでしょう。別れさせ屋は、トラブルなく別れたい場合に大きな助けとなります。

不倫相手と配偶者を別れさせる方法を熟知!別れさせ屋のテク

別れさせ屋は、配偶者と不倫相手を別れさせる方法に長けています。実際、どうして別れさせられるのか不思議に感じる人もいるかもしれません。どうやって不倫相手と配偶者を別れさせられるのか、そのポイントをご紹介します。

■別れさせ屋は本当に配偶者と不倫相手を別れさせることができる?

配偶者が不倫をしているのに、抗議をすると逆上をされて怖くてできなくてお悩み中の方も多いでしょう。そんなとき、別れさせ屋に相談するメリットは多いのです。

別れさせ屋に舞い込んでくる依頼の中には、不倫をしている配偶者と不倫相手を別れさせたいというケースが少なくありません。

一般的に別れさせる方法として、ターゲットに対し、魅力的な異性を近づけるというものがあります。ただ、これは一例でしかありません。

実績が豊富な別れさせ屋はありとあらゆるノウハウやテクニックを持ち、状況に合わせて適切な方法を選択しているのです。

■ハニートラップではなく心理的なアプローチを行う業者もあります

ターゲットに工作員をぶつけるという方法もありますが、他にも心理的なアプローチを通じ、不倫をストップさせる別れさせ屋もあります。

そもそもハニートラップが成功したとしても、不倫自体に問題を感じていなければ、また配偶者は別の相手を見つけるかもしれません。

依頼者が配偶者の不倫にうんざりし、有利な条件で離婚したいというケースなら、ハニートラップが有効な場合もあるでしょう。ただ、工作員にターゲットとの肉体関係を強制する業者も存在しているようです。

この場合、法律に違反する場合もあります。事前にどんな手法で行っているのか、別れさせ屋に依頼をする場合は、事前にしっかり確認する必要があるでしょう。

■不倫に夢中の人も心が揺らぐ!別れさせ屋が使う心理誘導とは?

別れさせ屋が行う心理誘導は「不倫相手と別れたほうがいいのかもしれない」とターゲットに思わせる方法です。工作員は、ターゲットと人間関係を作り、さまざまな情報収集を行います。

ターゲットのことを理解してから、さまざまな方法でターゲットの心を揺さぶるのです。例えば「不倫をしたことはあるが子供や配偶者の顔がチラついた」「独身である交際相手の将来が心配になった」などなど。

もちろん1つだけではなく、積み重ねていくことで心変わりをさせるのです。

■配偶者と不倫相手を別れさせたいなら別れさせ屋

不倫中の配偶者に、不倫を辞めさせるのは困難です。無理にいっても相手にしてもらえない、あるいは暴力に訴えかけてくるなら、別れさせ屋に依頼をするのもよいでしょう。心理誘導など別れさせるテクニックを使うからです。結果、別れる可能性を高められます。

不倫相手と別れるときも復縁したいときも別れさせ屋が助けになる

別れさせ屋は、復縁屋を兼業するところが多いようです。復縁屋は別れさせ屋の逆バージョンです。別れさせ屋は不倫相手と奥さんを離婚させたいというときなど助けになります。逆に復縁屋は、別れたターゲットとの復縁をサポートするのです。

■別れさせ屋は不倫相手や恋人を別れさせられます

別れさせ屋の仕事は、恋愛関係や婚姻関係にある二人を別れさせるのが仕事です。

依頼者はさまざまな状況にあります。たとえば、配偶者が不倫をしている、自分が不倫をしているが関係を解消したいなどが挙げられるでしょう。

不倫の場合、自分の子供がしているので親御さんが別れさせ屋に依頼をするケースもあります。不倫相手が離婚をしてくれないので、交際相手が依頼する場合もあるのです。

恋愛関係で別れ話をしたが、ストーカーなどトラブルに発展しそうで怖いと考えているケースがあります。好きな人に恋人がいるので、別れさせて欲しいという依頼もあるようです。

■復縁屋は復縁工作により恋愛関係を戻します

復縁屋は、別れた相手と復縁するサポートをしてくれます。実際、別れた理由によっては、復縁しようとしても簡単ではありません。ただ、復縁屋はノウハウを持っているため、ひとりより復縁の成功に至りやすいのです。

多いのは、元カレと元カノ、離婚した配偶者や同棲や別居を解消したが、その状態から復縁したいケースなどが挙げられます。

配偶者や恋愛関係以外にも、家庭の事情による親や親戚、友人や知人との復縁も復縁屋の仕事です。

■不倫をしている配偶者との復縁なども対応可能です

復縁屋の中には、不倫相手から大切な配偶者を取り戻す、別れさせ屋がやる仕事を通じ、結果的に復縁に持っていく復縁屋もあるようです。

一度不倫関係にあった相手と別れたが、またよりを戻したいという依頼もあります。別れさせ屋と復縁屋は行うことが重なっている部分が多いのです。そのため、復縁屋が別れさせ屋を、別れさせ屋が復縁屋を兼業しているところも珍しくありません。

■不倫のトラブル対策や復縁したいなら兼業している別れさせ屋に依頼

別れさせ屋と復縁屋、それぞれの業務を行う業者もありますが、兼業をしているところも少なくありません。それは別れさせ屋と復縁屋の業務について、目的は異なっていても似通っている部分が多いからです。また、依頼の中には別れさせて、復縁工作を行うというケースもあります。

別居中に浮気に発展する原因とは?

別居中のパートナーがいるが、別居という状態から浮気に走る人も少なくありません。

夫婦関係がうまくいかなくなって、関係修復のために同居ではなく別居という選択をしたはずなのに浮気をしてしまっては本末転倒です。

今回は、別居中に浮気に発展する原因をご紹介したいと思います。

1.独身気分になっている

正式に離婚をしたわけではないですが、パートナーと離れて一人で暮らしていると、ついつい独身の気持ちになってしまいます。

開放的な気持ちになりパートナーの目もないことから浮気をしてしまい、結果的に不倫状態になります。

しかし別居しているといっても法的にはまだ婚姻関係は継続している状態です。浮気がばれると慰謝料を請求される可能性もあるので注意しましょう。

2.寂しい気持ちを紛らわすため

この理由が一番浮気につながりやすいかと思います。

仕事が終わって家に帰っても誰もおらず、夕飯の支度も家事も掃除もすべて自分で行う…。

このようなことが積み重なってくると最初は解放感にあふれていた生活が一変して、とてつもない寂しさを感じるようになってしまいます。

すでに気持ちが冷めてしまったパートナーと寄りを戻すよりかは、新しい人と付き合って刺激のある毎日を過ごしたいと思い、浮気をしてしまうことがあります。

3.離婚をしたいため

なかなかパートナーが離婚に応じてくれない場合は、離婚をするために浮気をする人もいます。

浮気をしたという既成事実を作ってしまえば離婚もやむを得ない状況になります。

しかし、この場合は慰謝料を請求される可能性が非常に高いので、周りの状況をよく確認する必要があります。

別居中に浮気に発展する原因は上記だけではなく、他にもさまざまな理由があることと思います。

一度温かい家庭を知っている人こそ、寂しさや人恋しさから浮気をしてしまい、取り返しのつかない状況になってしまうことがあります。

別居をすることで関係を修復できそうな場合は、寂しさがあっても浮気をするのはやめた方が良い場合が多いです。しかし別居をして関係が戻りそうにない場合は、早々にこれからの将来のことを考える必要があるでしょう。