不倫をされているかもと思ったら…電話での相談も検討を

最近なんだか配偶者の様子がおかしい、もしかして不倫されている?そういった不安を一度でも抱えてしまうと、なかなか心を落ち着けることは難しいものです。

こういった時、様々な業種で電話による相談サービスを行っていますので、そういったものを利用してみることも検討してみると良いかもしれません。

■とりあえず誰かに不安な気持ちを聞いてほしいとき

まだ不倫の確固たる証拠は無いし、自分の憶測でしかないので、とりあえず誰かに不安な気持ちを聞いてほしい、寄り添ってほしいと思った時には、電話によるカウンセリングサービスの利用がおすすめです。

知識や実績があるカウンセラーをきちんと選ぶことが出来れば、心の負担をかなり軽くすることが出来るかもしれません。

相談する側としても、顔が見えない方がかえって無駄な緊張が無く、素直に自分の気持ちを吐き出せるということもあります。

1人で悩みを抱え込んで苦しくなってしまう前に、こういったサービスを上手く利用すると良いでしょう。

■不倫の証拠をつかみたいとき

不倫をされていることがほぼ確実ではあるが、証拠がなかなかつかめない、といった場合は探偵業などへの電話相談が良いでしょう。

不倫調査や不倫の証拠を掴むための工作については、探偵業ならではのサービスです。

不倫の証拠を掴むのは自分だけではかなり難しいことが多いので、専門の技術や知識を持った業者に頼るというのも1つの手です。

■慰謝料の請求などについて聞きたいとき

慰謝料の請求や離婚調停など、法が関わってくる相談についてはやはり弁護士への電話相談が確実です。

法の専門家でなければ、なかなか気がつけない落とし穴や難しい手続きなどが、不倫や離婚に関することには多くあります。

特に、慰謝料の請求に関わる証拠集めなどについては、集め方によってはむしろこちら側が賠償請求されてしまうようなこともあり、思い付きでやってしまうと不利になってしまうことがあります。

付け焼刃の知識だとなかなかうまくいかないことが多いので、しっかりとした専門的な知識を持った弁護士に相談してみましょう。

不倫の電話相談も、相談したい内容によって相談先を適宜選ぶことが大切です。

1人で悩み続けてしまうのは心身ともに悪影響がありますので、電話相談などをうまく利用されてみてくださいね。

恋愛に関する電話相談は、同性にする?異性にする?

1人で悩んでいてもどうしようもない!誰かに電話相談しよう!となったとき、相談の内容が恋愛についてであれば、同性と異性、どちらにアドバイスを求めるべきなのでしょうか?

同性と異性、それぞれに相談する場合のメリットやデメリットなどをまとめてみました。

■同性に相談するメリット・デメリット

まずは同性の知人や友人に相談するメリットやデメリットについてです。

同性の場合、何よりも同性としてこちらの気持ちに寄り添いやすいというメリットがあります。

もちろん、考え方や感じ方は人それぞれであるのは間違いありませんが、男性と女性ではそもそもの考え方の方向性などが違うことが多い、という話を耳にしたことはないでしょうか?

そのため、傷ついたことがあるので誰かに寄り添いながら話を聞いてほしい、ただ誰かに話をして共感してほしい、という気持ちが強い場合は、同性の知人や友人に相談した方が満足のいく結果になることが多いです。

デメリットとしては、異性の立場からのアドバイスは難しいので、いわゆる女心や男心といったものがわからないままでのアドバイスをされることが多い、ということです。

どうしても同性の立場としての気持ちが強くなってしまいますので、彼の気持ちがわからないなどの相談の場合は的確なアドバイスをもらうことはなかなか難しいこともあります。

■異性に相談するメリット・デメリット

次に、異性の知人や友人に相談するメリットやデメリットについてです。

異性の場合は、異性の立場からのアドバイスが聞きやすいというのが最大のメリットでしょう。

相手が何を考えているのかわからず困っている、というような内容の相談の場合にはかなり心強い味方になることが多いです。

また、同性よりも本音をズバッと言ってくれることも多いので、的確なアドバイスをもらえる期待が高まります。

デメリットについてですが、もしもあなたに既に恋人がいる場合、異性の知人や友人と2人きりで話していると浮気などを疑われてしまう可能性があるということです。

この場合、二人きりではなく、複数人で会うなどの対策が必要かもしれません。

共感しながら話を聞いてほしい場合は同性に、的確なアドバイスや異性の立場からの意見を聞きたい場合は異性、と、自分の求めているものに従って相談相手を選ぶと良いですね。

恋愛相談サービスに、不倫の相談はして良い?

身近に相談できる相手がいない人にとって、とても頼りになるのが恋愛相談サービスと言われる、電話などでの相談サービスです。

恋愛相談とあるけれど、不倫についての相談も聞いてくれるのかな?と躊躇してしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、実際のところ、不倫についての相談もとても多いようです。

■どのような内容の相談があるのか

では、どのような内容の相談があるのか、というのが気になる方も多いかもしれません。

不倫についての相談は本当に多岐にわたるようですが、やはり多いのは「配偶者が不倫をしているかもしれない」「不倫相手に本気になってしまった」「不倫が家族にバレそうで焦っている」というような内容のようです。

普通の恋愛相談であればまだしも、内容が不倫についてとなると、身近な人だからこそ、話が漏れてしまうのを恐れたりして相談できない事も多々あります。

また、弁護士による電話相談サービスなどになると、慰謝料の請求や離婚調停など、専門的な知識が必要になってくるような内容がほとんどのようです。

■不倫の調査などを依頼したい場合は?

恋愛相談サービスと名がついているサービスでは、もちろん相談をしてアドバイスなどももらうことが出来ますが、不倫の調査などとなると話は別です。

基本的には話を聞いてもらいアドバイスを求めるサービスとなっていますので、実際に相手が不倫をしているかなどの証拠をつかむお手伝いなどをしてくれるわけではありません。

そのため、もしもそういった調査や助力を必要としているのであれば、探偵業を行っている業者に相談をすることとなります。

探偵業を行っている業者であれば、相談を受けたのち、打ち合わせをしながら不倫の調査や、慰謝料の請求などに使用する証拠などの収集のお手伝いを頼むことも出来ます。

また、上記でも記載したように、慰謝料や離婚調停など、法に関わることでの相談であれば弁護士による電話相談サービスを利用するなど、目的に合わせてサービスを選ぶ必要があります。

恋愛相談サービスに不倫についての相談はとても多く寄せられているようですが、内容によっては探偵業や弁護士など、専門家による相談サービスを検討する必要があります。

ただ話を誰かに聞いてほしい、アドバイスが欲しいというだけの場合は、恋愛相談サービスを検討されてみてくださいね。

電話での恋愛相談サービスは目的別で使いわけを

最近は電話で相談を聞いてくれる様々なサービスがありますが、恋愛相談についても受け付けているサービスも多くあります。

信用出来そうな業者などであればどこでも良いのかな?と思いがちですが、自分のニーズに合わせてサービスを選ぶことで、より満足度を高めることが出来ます。

■友達感覚で話を聞いてほしい場合

周りの友達には話しにくいけれど、そこまで専門的なアドバイスが欲しいわけでもなく、とにかく誰かに友達感覚で話を聞いてほしい、というような時には、有志の方々が相談に乗ってくれるような無料のサービスがあります。

中には電話だけではなく、メールや掲示板でのやり取りができるサービスもあるようですので、実際に電話で話すのも少し緊張してしまう、という方にはぴったりかもしれません。

誰かに話を聞いてもらうだけで気持ちが落ち着くことは結構ありますので、上手く活用して心の整理が出来ると良いですね。

ただし、後々の思わぬトラブルを避けるために、個人を特定できるような情報などは絶対に話さないようにしましょう。

■カウンセラーなど、恋愛相談のプロにアドバイスをもらいたい場合

恋愛で行き詰まっていて、恋愛相談のプロともいえるような人に客観的なアドバイスをもらいたい場合は、信頼できるカウンセラーが在籍しているようなサービスを利用することをおすすめします。

この場合は料金が発生することが多いのと、恋愛相談のみを対象としているようなサービスの場合、無資格でもカウンセラーを名乗ることが出来てしまうので、カウンセラー選びは慎重に行わなくてはならないというのがデメリットになります。

ホームページなどがあれば、在籍しているカウンセラーの資格や実績をチェックしておくと安心です。

つい感情的に考えてしまいがちな恋愛の悩みに、中立的な立場での的確なアドバイスを期待できるサービスです。

ただ誰かに話を聞いてほしい場合はボランティアなどによる無料サービス、的確なアドバイスを求めている場合は有料のカウンセラーによる相談サービスなど、自分がどのような悩み相談をしたいかによってうまく使い分けてくださいね。

相談できる人がいないなら、電話で恋愛相談!

恋愛相談をしたいけれど、身近に相談できる人がいない、友達や家族に相談することは出来るけれど、話が漏れてしまったりするのが怖いなど、様々な理由で知人などへの恋愛相談をためらってしまうことはあると思います。

そのような時は、電話で恋愛相談できるサービスを利用する、というのもひとつの方法です。

■電話での相談サービスを利用することのメリット

電話での相談サービスを利用して、恋愛相談をすることにはいくつかメリットがあります。

まず、近しい人に話が漏れてしまうことがほとんどないということです。友人や知人に恋愛相談をすると、いつの間にか自分が話していない人にまで相談内容が漏れてしまっていた、ということもあります。

電話での相談サービスを利用した場合、そもそも相手が知人である可能性はほとんどありませんので、そういった心配がありません。

次に、知らない人だからこそ話しやすいことがある、ということがあります。

自分や好きな人のことを知っている人だと、気恥ずかしくてなかなか素直な意見を相談できないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。そのような方には特に、こういった電話での恋愛相談サービスをご利用されることをおすすめします。

■恋愛相談を電話でするときのコツ

恋愛相談を電話でするときには、必ず事前に話したいことをある程度まとめておくようにしましょう。

時間制限がついているサービスも多いので、だらだらと話してしまうと、あっという間に相談時間が終了してしまうということも。

いざ電話をして、相手が出ると緊張して頭が真っ白になってしまう、ということもよくありますので、自分の頭の中でまとめるだけではなく、メモなどに書き出しておくと間違いありません。

書き出し方はとりあえず自分が相談したいことをパッと見て思い出せるようになっていればOKです。

箇条書きなど、簡単な形式で十分ですので、これだけは聞いてほしい、アドバイスが欲しい、ということをある程度時間を考えながらまとめておくと良いでしょう。

知らない相手だからこそ様々なことを相談できる、ということも多くあるものです。友人や知人、家族に相談しにくいような恋愛相談がある方は是非、恋愛相談を電話で出来るサービスを利用してみてくださいね。

恋愛相談で失敗しがちな3つのこと

恋愛をしていて悩んだとき、1人で考えて1人で解決してしまう!という方もいらっしゃるでしょうが、誰かに相談して意見を聞きたい、とにかく誰かに話を聞いてほしい!と思う方も多いかと思います。

恋愛相談をしたゆえの思わぬトラブルは避けたいものです。これから恋愛相談を考えている方などのために、失敗しがちなことを3つまとめてみました。

■相談相手を見誤ってしまった

よくやってしまいがちなうえに、失敗するとなかなかトラブルが起きやすいのが相談相手を見誤ってしまうということです。

付き合いが長く、信頼のおける友達などに相談した場合はトラブルも少ないでしょうが、仲良くなったばかりの人や、そこまで深い付き合いではない職場の同僚などに話の流れで、話すつもりではなかったことまで話してしまい、いつの間にか噂として広まってしまっていた、などのトラブルが多いようです。

■あまり考えないまま、相手の意見を鵜呑みにしてしまった

恋愛相談をした相手から、とても役立つアドバイスや意見をもらえることはありますが、そのアドバイスや意見も、自分の状況などに照らし合わせたうえで取り入れないと、失敗の原因になってしまいます。

例えば、意中の相手と仲良くなりたい!という相談をして、

「とにかくたくさん話しかけたりした方が良い!」

というアドバイスをもらったとします。この場合、意中の相手が積極的に話しかけてくれる人が好みのタイプであった場合はこのアドバイスはとても有効なものになりますが、あまりグイグイ来られると引いてしまうタイプだった場合、かえって逆効果になってしまうことがあります。

■お酒の席での恋愛相談

職場や友達同士の飲み会など、お酒の席というのは話が進むものですが、饒舌になってしまうあまり、普段なら話さないようなことまで話してしまったり、お酒を飲みすぎて誰に何を話したかすら覚えていなかったりなど、想定外の失敗をしやすくなってしまいます。

付き合いが長く、信頼できる友人のみでの飲み会などであればそこまでの失敗はないかもしれませんが、割と大人数が集まる職場の飲み会や趣味のサークルなどでの飲み会では十分に気を付けるようにしましょう。

いかがでしたか?恋愛相談をしようとするときには、相手や場所はよく考え、思わぬトラブルを引き起こしてしまうような失敗をしないように気を付けてくださいね。

復縁相談をするときに気を付けたいこととは

一度は想いあっていた相手と、理由があって別れてしまったけれど、どうにかして復縁したい…そう考えたことがあるという方は多いのではないでしょうか。

1人で悶々と悩んでいるよりも、誰かに相談した方が考えがまとまって結論を出しやすいこともありますが、復縁相談をするときに気を付けたいことがいくつかあります。

■一番気をつけたいのは、相談する相手

復縁相談というのは、内容が内容なだけにとてもデリケートなものです。そのため、相談をする相手はしっかりと見極め、信頼のおける人に相談する必要があります。

特に気を付けたいのは、復縁したい相手のこともよく知っている人です。相手のことを知っている人であれば、事情も伝わりやすいので、その点ではメリットになります。しかし、口が堅く、信頼できる人でなければ相手にまで相談内容が筒抜けになってしまったり、話が膨らんで伝わってしまったりとトラブルになってしまうこともあります。

逆に、復縁したい相手とのつながりはあまりないものの、自分のことはよく知ってくれている人というのは、比較的安心して相談できるかもしれません。復縁したい相手とのつながりが無いので、本人に相談内容が漏れてしまう可能性が比較的低いためです。

ただし、その場合においても、口が軽い人であれば周囲の友人などにペラペラと話してしまい、話が思わぬところまで広がってしまうこともありますので十分に注意しましょう。

■出来るだけ自分の考えをまとめてから相談する

恋愛関係の話となると、どうしても相談をしているうちに感情的になってしまい、結局相談したかったことを話すことが出来なかった、ということも起こりがちです。

そのため、何を相談したいか、自分はどうしたいかなどをある程度はまとめておくとスムーズに話を進めることが出来るかと思います。

自分はなぜ相手と復縁したいのか、復縁に関する心配事など、頭の中でまとめるのが難しいと感じたときにはノートやメモなどに頭に浮かんだことを書き起こしてみると考えをまとめやすくなります。

書き終わったものを見直してみることによって、本当に大切なことがわかりやすくなります。

復縁相談をするときに気を付けたいことをいくつかご紹介させていただきました。

もしも周りに信頼できる人がおらず、相談ができない場合は復縁のお手伝いをしているプロもいますので、そういった業者などに相談してみる、というのも1つの手です。

不倫で離婚危機になったら?再び信頼を得るための方法

不倫がばれてパートナーに「離婚して」といわれたら、パニックなるのも当然です。

しかし、不倫はパートナーにとって裏切り行為でしかありません。

不倫による離婚を回避するには、なにをしなければならないのかその方法をご紹介します。

■不倫がばれて離婚という言葉が出たら誠意ある態度を示す

不倫がばれて「離婚」という言葉がパートナーから出てきたら、状況はかなり悪いです。

許してもらうには、誠意ある態度を真剣に示さなければなりません。

それでも絶対にパートナーが許してくれるとは限らないですが、対処しなければ離婚へ直行です。

最初にしておきたいのは、不倫相手との関係を完全に断ち切ることです。

「不倫をしてしまったのは相手にも原因がある」という考えを捨てましょう。

パートナーにとって言い訳にしか聞こえません。

「誠意ある態度」を示し、真剣に謝罪することが重要です。

■不倫で離婚を回避したいなら隠し事をしない

「もうしない」と言葉で一生懸命いっても、一度生まれた亀裂は簡単に戻らないものです。

言葉だけではなく「行動で示さなければなりません」

生活全般の個人情報」やどんな人と付き合っているのかも伝えましょう。

出かけるなら「いつ」「どこに」「誰と会うか」「帰宅は何時になるか」報告してください。

スマホの暗証番号やメールも公開するぐらいのことはしなければなりません。

プライバシーはなくなりますが、信頼を得るには最低限必要です。

■感謝や愛情を伝えて信頼を再構築する

パートナーに対し、感謝や愛情を伝えて再び信頼を得るしかありません。

パートナーは子供のことや家族のことを最優先に考え、離婚を取りやめる可能性はあります。

だからといって、不倫を完全になかったことにはできません。

感情を抑えているだけですから、不快なことがあれば、確実に愛情は冷めます。

結果、子供が成人したら熟年離婚という可能性も出てくるのです。

「プライド」「恥ずかしい」という想いを捨てて心から謝罪し、パートナーに対し感謝や愛情をしっかり伝えましょう。

不倫による離婚は、心からの謝罪と、信頼を再び得るための誠実さが必要です。

どう謝ればいいか、感謝や愛情を効果的に伝えるにはどうすればいいか悩めば、恋愛電話相談などでアドバイスを聞いてみてください。

恋愛のプロである担当者が力になってくれます。

離婚を決意する前に考えておきたいこと!後悔しないための注意点

離婚を決意する前に考えておきたいことがあります。

一時の感情だけで離婚を決意すると後悔しても後の祭りです。

離婚前に考えておきたい注意点を理解し、本当に離婚してもいいのか判断しましょう。

■離婚を決意する前にチェックするべきこと

離婚は夫婦どちらかが一方的に「したい」と決めてもできません。

夫婦が合意しなければ、離婚できないのです。

夫婦の一方が「離婚を拒否する」と、調停離婚や裁判による離婚訴訟が必要です。

離婚訴訟では民法で定められた離婚原因がないと認めてもらえません。

民法770条1項に定められている離婚原因は、配偶者の「不貞行為」「悪意の遺棄」「生死が3年以上不明」「回復の見込みがない強い精神病」「その他婚姻を続けられない理由がある」などです。

離婚を拒否されそうなら、離婚の原因があるかチェックしてください。

■離婚を決意する前に本当にしていいかどうか判断するための材料

離婚を決意する前に、本当にしていいか判断するポイントがあります。

当てはまるなら一旦我慢してもすぐ破綻に近づく可能性が高いです。

l 相手への嫌悪感・不快感・恐怖
l 修復が見込める気がしない
l 離婚すれば幸せになれる未来しか見えない

離婚を考えるなら多少の不快感はあります。

しかし少々の不快感を通り越し、嫌悪、恐怖があるなら厳しい状況です。

お互い妥協しても修復できそうにないなら、破綻するしかありません。

また、離婚すれば「絶対に幸せになれる」というイメージしか浮かばないなら決意してもよいでしょう。

■離婚の決意に悩んだら専門家に相談するのもあり

離婚を決意する前に「本当に離婚をしていいのか」を真剣に考えてください。

「相手ばかりが悪かったか」「自分の考えや理想ばかり押し付けていなかったか」など振り返りみましょう。

また、離婚すればひとりになります。

「寂しいかもしれない」と少しでも思ったら止めたほうがよいでしょう。

「財産分与」「養育費」「自立して働けるか」など経済的なことも考えてみてください。

考えても答えが出せないなら、電話相談などでプロに意見を聞くのもよいでしょう。

離婚の決意はむずかしいものです。

一方的に離婚したいといって、できるものではありません。

修復する可能性があるなら、離婚しても寂しさを感じる可能性もあります。

離婚の決意に悩んだら、プロに相談してみてください。

不倫が離婚のきっかけに!回避するためにできること

不倫が離婚のきっかけになることは多いです。

不倫は「裏切られた」という気持ちが強いため、離婚を決意するきっかけにもなります。

ただ、そのような状態で回避するために考えておきたいポイントをご紹介します。

■平成30年の統計では離婚のきっかけとして異性関係が5番目

裁判所による平成30年の統計では「異性関係が離婚理由の5番目」」に位置しています。

離婚を申し立てたのは、男性が2,373件、女性が7,378件という結果です。

約15の理由の中で5番目ですから、感じ方は個人差があるとはいえ、少ないとはいえないでしょう。

不倫が発覚すると、パートナーは「裏切られた」ことで「信じられない」気持ちになります。

「信じたい」という気持ちがあっても、相手の言動や態度すべてが嘘に思えるのです。

離婚のきっかけになるのも不思議ではありません。

■離婚後のことを考えてみる

不倫されたら即離婚と勢いでいってしまうのはよくありません。

まず離婚前に考えておきたいことがあります。

幼い子供がいれば、育児のことも考えなければなりません。

親権争いや養育費、引っ越し、周囲の反応など、ストレスを受けることが多くなります。

子育てにお金もかかりますし、女性の場合、専業主婦なら雇ってくれる仕事先が必要です。

子供の心にも大きなダメージを与えるかもしれません。

■不倫は離婚のきっかけになるが回避もできる

不倫された結果、パートナーの顔を二度と見たくないと思うかもしれません。

ただ、話し合いをすれば「やりなおしてもいい」と考えられる可能性もあります。

しかし、どんな話し合いをすればいいか、どんな態度でいればいいかわからない場合もあります。

そんなときには、恋愛電話相談などでプロの意見を求めるのもよいでしょう。

なにを聞けばいいか、どんな態度を取ればいいかなどアドバイスを事前にもらい、充実した話し合いを目指しましょう。

不倫は離婚のきっかけになりますが、未来を考えてやりなおせるかどうか、落ち着いて考えることも重要です。

子供が幼いと、経済的、生活環境の問題などが立ちふさがります。

パートナーとしっかり話し合いをしてから、離婚の決断をしても遅くはありません。

参考URL:
https://www.courts.go.jp/app/sihotokei_jp/list?page=2&filter%5Btype%5D=1&filter%5ByYear%5D=2018&filter%5ByCategory%5D=3

https://www.courts.go.jp/app/files/toukei/705/010705.pdf