恋愛で悩むなら電話相談がおすすめ!こんな状況なら嫌われるかも!?

自分の中では恋愛に悩んでいるつもりでも、実際は自分の言動が原因でぎくしゃくしていることがあるのをご存じでしょうか。どんなことが原因になっているのか、電話相談した方が良いのか詳しく見ていきましょう。

■うっかりやってしまいがち?!自分本位な行動は要注意

今付き合っている状態なら、お互いの仕事の都合ですれ違うこともあります。ほんの1週間程度ならまだしも、数ヵ月も続くようでは連絡も滞りがちになります。こういう状態ではお互いの不満が高まり、些細なことで喧嘩になることもあるでしょう。お互いに自分のことをわかってほしいので、自分を優先してしまうようでは、衝突するのも無理はありません。

また、失恋した相手をどうしても諦められない方は、ついついストーカーのように付きまとってしまうこともあります。遠くから見ているだけでいいと思っていても、徐々にエスカレートすれば、相手を見ていることさえ犯罪になりかねません。

自分の気持ちだけで行動することは、決して悪いことではありませんが、恋愛においてはあまり良い方向に進まないことが多いです。相手あっての恋愛なので、相手の気持ちを考えた行動が必要です。どうしてもうまくいかないときや、相手から誤解を招いてしまうようなときは、恋愛の相談のプロに電話相談するのがおすすめです。

■不安や寂しさから感情的な行動をとってしまうのはNG!悩みは早めに相談するのがベスト

恋愛中に不安になったり寂しくなったりすることは、誰にでもあることです。自分がこうした状態に陥ったときに、相手に気持ちを確かめるために言い寄ったり、相手の都合や気持ちを無視した行動をとったりすると、場合によっては嫌われてしまう可能性があります。

うざい、しつこいなどと思われてしまうほど悪化させてしまうと、なかなか修復できないことも多いのです。不安や寂しさを感じても、感情的になって相手に迫るのではなく、まずは状況の整理と電話相談してみてください。早い段階で電話相談ができれば、感情的な行動にでることなくすぐに解決できることもたくさんあります。

電話相談できる心理カウンセラーって?恋愛のことも気軽に相談できるサービス

恋愛の悩みは誰にでも相談できるものとは限りません。できれば親身になって相談に乗ってほしい、自宅から電話相談できればリラックスして話せるなどの希望がある方は、電話相談できる心理カウンセラーの利用がおすすめです。

■恋愛の相談に電話相談が最適な理由とは?

恋愛のこととなると、友だちにも言いにくいことはありませんか?本音を話せなかったり、見栄をはってしまったり、素直になれないこともあるはずです。また、対面した相談だと緊張することもあるでしょう。そういったさまざまなケースをクリアできるのが、電話相談です。

電話による相談なら相手が心理カウンセラーでも緊張しにくく、自宅から相談できればリラックスしやすいといえます。また、相手の顔が見えないことから、思っていることをどんどん話せるメリットもあります。さらに心理カウンセラーの言葉も、素直に受け入れられる効果も期待できます。

■心理カウンセラーは男性と女性のどちらがいいの?

電話相談を利用して心理カウンセラーに恋愛の相談をするとき、気になるのは心理カウンセラーの性別ではないでしょうか。話しやすさで決めても良いですが、相談内容によって決めるのがおすすめです。例えば、相手の気持ちを知りたいという相談なら、異性の心理カウンセラー、自分がどうすればいいか知りたいときは同性の心理カウンセラーという風に使い分けましょう。

相手の気持ちを知りたい、相手の心理を探りたいというときは、異性の方が詳しいアドバイスが期待できますね。相手の立場に立った考えを示してもらえるでしょう。反対に、自分がどうすればいいかなどの、自分の行動や気持ちを整理したいときは、同性の方が分かり合える部分が多いです。同じ男として、女としてこうだというアドバイスがあれば、なるほど!と納得することができるでしょう。

■はじめは無料で試せる心理カウンセラーに電話相談するのがおすすめ

恋愛の電話相談は有料サービスがほとんどですが、初めての利用なら無料で試せる心理カウンセラーに相談するのがおすすめです。時間が短いなどの制限があっても、雰囲気や感覚を掴むことができます。上手に使って恋愛を成就させましょう!

恋愛相談で求められるアドバイスって?電話恋愛相談する方がいい理由

恋愛相談をする人の心理は、有効なアドバイスを欲しがっているケースは少ないことをご存じでしょうか。ほとんどの場合、報告や聞いて欲しいだけで、どうしたいのかは決まっていることが多いものです。そういった方は、恋愛相談のプロに聞いてもらう方が良いと言われています。

■本当に恋愛相談したい?アドバイスは肯定的な内容が求められている

恋愛相談したい方のほとんどは、近況報告のような話をすることが多く、アドバイスをしてほしいわけじゃないというケースが多数あります。自分の恋愛話をちょっと聞いて欲しいという気持ちが抑えられなくなり、恋愛相談という形で話してしまうのでしょう。

もちろん話の内容は肯定してほしいのみで、否定的な意見をいってしまうと離れていってしまいます。例え否定的でも正論を述べたとしましょう。恋愛相談する人は認めてほしい気持ちが強いため、ぐっと心の距離を取ろうとします。相手の満足度を上げるには、正論を述べるよりもそうだねと話を聞いてあげる方が良いのです。

■どうすればいいかわからない相談は賛成してほしい証拠!どうしたいのかは決まっている

恋愛相談の中にはどうすればいいかわからない内容もよくあります。しかし、ほとんどのケースは賛成してあげると非常に喜ばれます。自分一人での決断に自信がないか、誰かに背中を押してほしいという状態なのでしょう。どうしたらいいと思う?というようなフレーズで意見を求められたときは、深く考えずに賛成してあげるのがおすすめです。

また、こうした相談を持ち掛けてくる方は、ほぼ、どうしたいのか決まっている状態です。例えば、今度、デートに誘おうと思っているがどう思うか、という恋愛相談があったとしたら、デートに誘うことはすでに決めてあるということです。やはり賛成してほしいし、背中を押してほしいと言う気持ちが見え隠れしています。

■恋愛相談は恋愛電話相談の方が役立つアドバイスをもらえる

本当に恋愛相談したい方は、相談のプロが揃う恋愛電話相談の方がおすすめです。例えば、別れるかどうか迷っている、ステップアップするにはどうしたらいいかなど、深刻な悩みほど役立つアドバイスをもらえます。聞いて欲しいだけなら友だちが付き合ってくれるでしょうが、自分の気持ちを整理してアドバイスが欲しいなら電話恋愛相談をおすすめします。

不倫相手と一緒になるには?悩み相談は友だちよりも電話相談がべスト

不倫相手に本気になってしまい、どうしても今のパートナーと別れて再婚したい!と思うこともあります。ですが、重大な決断だけに簡単に決めることも難しいでしょう。誰かに相談するなら、秘密厳守の電話相談がベストです。

■女性は育児がひと段落したときに不倫する可能性が高い

電話相談に寄せられる悩み相談の中には、育児がひと段落したころの女性が不倫した、というケースが少なくありません。育児がひと段落したころは、自分の人生を振り返ることや、女性としての自分を見直すことがあります。旦那とは合わないと感じることも多いのです。

育児や自分のことに関心が薄い旦那よりも、何かと気遣い一人の女性として扱ってくれる不倫相手の方が、居心地が良いのは当然のことです。単純に今日もおつかれさまとひと言、声をかけられるだけでも全く違うため、どんどん不倫相手にのめり込む傾向もあります。

■今の旦那と離婚して不倫相手と再婚するにはどうしたらいいのか

居心地が良いところに居たい、そう思うのは誰でも同じです。ですが、子どもがいる主婦が実際にそれを実行してしまうと、場合によっては慰謝料を請求されてしまうかもしれません。そのため、即決するような進め方ではなく、冷静になって不倫相手への思い、今の旦那への思い、別れたときのこと、子どもへの影響など良く考えることが必要です。

同じ部屋にいて会話もない、子どもの具合が悪くても気にする様子もないような旦那なら、それを理由に離婚するのが良いでしょう。ですが、不倫相手のことは絶対にバレないようにしてください。揚げ足を取られてしまえば立場が逆転するからです。

そのほかのことでも離婚の理由にふさわしいことがあれば、記録と証拠をできる限り保管しておいてください。小さなことでも積み重なれば必ずや力になります。

■不倫は人にいいにくい!でも電話による悩み相談なら適格なアドバイスがもらえる

不倫の相談は誰にでもいいにくいものですが、電話による悩み相談なら第三者の立場でのアドバイスがもらえます。もちろん、秘密は厳守され、顔を合わせるようなこともありません。人生がかかっている大切なことだけに、一人で突っ走るのではなく一度は相談して、じっくり結論を出すと良いでしょう。

別居中に浮気しているのが発覚。慰謝料は取れる?

もし結婚相手が別居中に浮気をしていることが分かったら、どうしますか?おそらくほとんどの人は失望し、離婚を考えるようになるでしょう。ただ、それは珍しいケースではありません。そして必ず問題になるのが慰謝料です。こういったケースでは慰謝料は取れるのでしょうか。

<なぜ別居しているのかによる>

別居という言葉を聞くと、少しネガティブなイメージを浮かべるかもしれません。

ただ、中には仕方なく別居している家庭もいます。例えば、仕事の関係上、お互い一緒に住むことができず、別々に住んでいる夫婦もいます。病気などの影響で、誰かと一緒に生活することが難しく、別居しているところもあるようです。

とはいえ、別居中の人の多くは、不仲であったり、生活が合わない、価値観が合わないなどによる別居がほとんどです。いわば離婚する一歩手前の状況でありますが、離婚するにはまだ早いと考えたり、子供のことでタイミングを見計らっていることもあります。

浮気が発覚したことで慰謝料が取れるかどうかは、なぜ別居しているかどうかが重要になります。

<夫婦関係が破綻しているかどうか>

もし仕方なく別居している中での浮気の発覚であれば、どうなのでしょうか。これは夫婦関係は成立しており、その上で浮気をしたわけですから、相手を傷つけ手しまった事には間違いありません。

よって、仮に浮気が原因で離婚してしまった場合、慰謝料を請求することができます。そして慰謝料が認められる可能性が高いです。

しかし、一方でお互いの問題で別居している場合は別です。

これは、夫婦関係はもはや成立していないと判断されるため、仮に浮気をしてしまっても、それが原因で離婚したとは認めにくくなります。よって、慰謝料を請求したとしても、認められない可能性が高いのです。

別れさせ屋に相談に来るケースでも、別居中の相手に浮気をさせて慰謝料を取りたいという依頼がくることもあります。

仮に別れさせ工作により浮気をさせることに成功したとしても、家庭裁判では慰謝料の請求が認められるかどうかはまた別の問題となります。その点を考慮し、工作をするかどうかを判断しなければなりません。

不倫相手が本気かどうか確かめたい

不倫している人は、いつも不安な気持ちを抱えています。相手はどういうつもりでこの関係を続けているのか。将来的に自分と一緒になる気はあるのか。確かめたくなるけど、相手に嫌われたくない。本心が分からないと悩んでいる人もいるでしょう。そんな時は別れさせ屋に相談するのもありです。

<家族や子供を大切にしているかどうか>

相手が本気かどうかを見極めるのは非常に難しいのです。ただ一つの目安として相手が家族や子供を大切にしているかどうかで判断できます。

例えば、子供の運動会や参観日、学芸会など、イベントがある時に、会いたいと言ってみましょう。もし相手が不倫相手より子供を優先したら、本気かどうかは怪しいです。逆に、子供のイベントに参加せずに不倫相手と会うようであれば、本気である可能性が高いです。

他にも、奥様と普段仲がよいかどうかも判断基準です。マメに連絡を取りあったり、休日に一緒に出掛けるなど、関係が良好に見えるのであれば、不倫はお遊びの可能性が高いです。不倫相手と将来的に一緒になりたいと思っている人の多くは、夫婦関係が破たんしてたり、家族関係が悪いことが多いです。

家族との関係が良好にも関わらず、不倫相手と一緒になるという洗濯をする人はほとんどいません。まずは、家族や子供をどう思っているのか見極めましょう。

<工作員を送り込み本心を聞き出す>

もし自分ではなかなは判断できないのであれば、別れさせ屋に相談してみましょう。別れさせ屋は、単に相手を別れさせるだけではなく、相手の本心を聞き出すこともできます。

工作員を使い、相手と親密になり、今の関係をどう思っているのか本心を引き出します。別れさせ屋の工作は、相手の好みの異性を送り込み、トラップを仕掛けるのが一般的です。でもこのように、本心を聞き出すためには、同性の工作員が、まるで親友のような関係になり、相手の心を確かめることもあるのです。

不倫相手の本心は、相手からはなかなか分からないものです。だから、別れさせ屋のように第三者によって、本気かどうかを確かめるという人もいるようです。

不倫相手と別れたい。なぜ当人から依頼がくるのか

恋や愛は、時に人を狂わせてしまうことがあります。その愛情が一方的であればあるほど、人は暴走してしまいます。別れさせ屋には、不倫相手と別れたいという相談がくることがあるようです。依頼人は、その不倫をしている当事者です。一体どういうことなのでしょうか。

<一時の間違いがダラダラ続き>

不倫をしている人は、一度体の関係を持っただけで、その後ダラダラと関係が続いてしまうことがあります。当人としては、早く別れたい、関係を清算したいと思っています。

でも、相手が別れてくれない、別れるなら関係をばらすなどと言われ、仕方なく続けてしまっているという話も珍しくありません。特に相手が自分勝手で暴走しやすい相手だった場合は、歯止めがきかなくなります。

相手の妻や夫にいたずらに電話したり、いたずらをするなど、ゆさぶりをかけて関係を楽しもうとします。

愛情は時におかしな方向へと走り、ストーキングをしたり、DVをしたり、モラルハラスメントを起こすこともあります。

不倫する相手がそうした傾向のある人だった場合、一時の間違いによって、その後自分自身も苦しめてしまうことにもなりかねないということです。

<別れさせ屋はどうするのか>

もし不倫相手と別れたいという相談が来たら、別れさせ屋はどうするのでしょうか。当人が何をやっても別れならない人と、工作により別れることができるのか疑問です。工作の方法としては、とにかく不倫相手に別の相手を見つけてもらうしかありません。例えば、その人の好みの異性を送り込みます。

もちろんその人は工作員です。ターゲットと工作員が親密になり、意中の相手を不倫相手からその人になるようにし、不倫相手とは別れてもいいという心境にさせます。そして頃合いをみて、依頼人に別れを切り出すようにします。元々熱しやすい人だから、一度夢中になる人を見つければ、比較的簡単に別れてくれるようです。

不倫している相手と別れてしまいたいと思っている人は意外に多いようです。簡単に関係を清算できないからこそ、別れさせ屋のようなプロに頼りたくなるのでしょう。

不倫していた人と復縁したいという相談

不倫関係はいつまでも長く続かないものです。何カ月、何年か関係が続き、最終的には会わなくなるという人も珍しくありません。しかし、もう一度不倫相手と復縁したいという相談が別れさせ屋にくることもあるようです。

<別れさせ屋は復縁屋であることも>

そもそもなぜ別れさせ屋に、復縁したいという相談が持ち込まれるのでしょうか。それは、別れさせ屋は、夫婦やカップルを別れさせるだけではなく、時に誰かと復縁したいという依頼を受け、実際に復縁させることもあるからです。別れさせ屋に対し、復縁屋とも呼ばれています。

この両者、誰かと別れさせるという工作と、誰かとヨリを戻すという工作。全く異なるようにも見えますが、実はとても似ているのです。なぜなら、ターゲットの心理にうったえかけて、恋愛模様を操作するからです。だから、結果だけ見ると全く異なることをしているようにも見えますが、工作そのものはどちらも似ています。ターゲットに近付き、親密になり、そして相手の心を誘導していきます。別れさせ屋が復縁屋を行っているのは、どちらも同じスキルが必要であり、どちらも対応が可能だからです。

<不倫関係に戻りたいと思う気持ちとは>

なぜ不倫していた人と復縁したいと思うのでしょうか。理由は人それぞれですが、共通しているのはその関係が楽しかったからでしょう。

不倫は少し後ろめたさがありながら、恋人同士の新鮮な気持ちを味わうことができるので、結婚して夫婦関係が少しさめている人にはとても刺激的です。また不倫相手にとっても、妻や夫がいる人を寝とっているという背徳感があり、自尊心を満たすこともあります。

不倫関係が終わる時は、家庭を大切にしたい、周囲にばれて関係を続けることができなくなった、のどちらかが多いです。

ただ、相手との気持ちが切れたわけではありませんので、時間が経ち、ほとぼりが冷めた頃にまた相手と復縁したいと思うようになります。

別れさせ屋は、時に復縁屋でもありますので、不倫していた人と復縁したいという相談を受けることもあります。

不倫はいけないことと頭ではわかっていながら、再度関係を持ちたくなるから、人間は必ず理性だけで生きているわけではないことが分かります。

恋愛の悩みに電話相談が有効なワケ

最近、恋愛の悩みに関する電話相談サービスを提供しているサイトをよく見かけます。心理カウンセラーや恋愛カウンセラーに、電話で直接相談できるというものですが、実際のところ悩み解決に有効なのでしょうか。

恋愛中のSOS!こんなときどうしてる?

・交際中の彼を怒らせちゃった!
・別れた彼と復縁したい!
・片思い中の彼に告白する勇気が出ない…
・彼の浮気が発覚!
・不倫相手の奥さんに関係がバレた!

などなど、恋愛中は何かと事件が起こるものです。夜にひとりで悶々と考えているとドツボにはまり、あまりよい考えが浮かびませんね。居ても立っても居られない気持ちになり、今すぐ誰かに相談したいけれど、友だちになかなか連絡がつかないことも。また、自分とそう経験値が変わらない友だちに相談したところで、解決には至らないかもしれません。

そんなときの救世主として期待できるのが、恋愛の悩みに関する電話相談サービスなのです。

電話で話すことで気持ちが落ち着く効果も

多少違いがありますが、多くの恋愛電話相談サービスでは、カウンセラーの待機状況がサイト上に表示されています。「電話相談したい」と思ったら、その時間に対応可能な人のなかから、相談したい相手を選んでダイヤルボタンをクリックするだけでOKです。

初めて電話するときは緊張しますが、カウンセラーがうまく話を聞き出してくれるので、電話が苦手でも大丈夫。話しているうちに落ち着いてきて、さっきまでの「どうしよう!」という焦りがなくなっていくのが感じ取れるはずです。

恋愛の悩みに電話相談サービスがおすすめなのは、まさにその点で、困ったときにすぐに相談できること。そして、カウンセラーと話しているうちに精神的に落ち着いてくること。それが大きな利点なのです。

同じように恋愛相談ができるものに、メール相談サービスもあります。ゆっくり時間をかけて相談したいときや、文字で回答が欲しいときなどにはメールが適していますね。一方、電話相談サービスは直接カウンセラーと話せるのが便利なところ。恋愛のSOSが起こりがちな夜、今すぐ相談したいときに助かるサービスといえます。

心理カウンセラーへの恋愛電話相談のメリット・デメリットとは

最近、恋愛の悩みを電話相談できるサービスが注目されてきています。サイトから心理カウンセラーなどの専門家と直接話せ、身近な人には話しにくいことでも、気軽に相談できる点が人気ですが、利用するにあたってどのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。

本音で話せるのが大きなメリットに

恋愛電話相談を利用する最大のメリットは、自分の恋愛について頼りになるアドバイザーを得られること。恋愛状況や困っていること、自分の望みなどを話すことで、今後どうしていけばよいのか一緒に考えてくれ、とても心強く感じるでしょう。

また、心の中をさらけ出せることも大きなメリットです。対面ではためらってしまうような本音も、電話相談なら話しやすいはず。また、話を聞くプロである心理カウンセラーが相手なので、口ベタや電話が苦手という人でも安心して話せるのもよいですね。

さらに、第三者としての冷静な視点もポイント。身近な人からは得られない新鮮な助言によって、こう着状態に陥った恋愛が動き出すかもしれませんよ。

的確過ぎるアドバイスがデメリットに!?

次に、デメリットをみていきましょう。

たくさんの依頼者の相談にのってきた心理カウンセラー。その経験から、さまざまなことがみえてしまうことがあります。そのため、依頼者が期待したのとは違うアドバイスが返ってくることも。時にはツライと感じるかもしれません。

しかしそのツライと感じる現実に、実は依頼者自身がすでに気づいていることも多いようです。気づいていながら目を背け、自分が信じたいストーリーを信じてしまう。恋愛ではよくある心理ですよね。

心理カウンセラーのアドバイスをきっかけに、逃げてきた現実と向き合うことができれば、本当の幸せをつかむ大きなチャンスにできるでしょう。

恋愛電話相談サービスを行っているサイトは複数あります。それぞれのサイトでは、相談できる心理カウンセラーのプロフィールや得意分野、実績などが紹介されています。自分と相性のよいカウンセラーに出会うことができたなら、デメリットもメリットに転換できるのではないでしょうか。